ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ヤマハ R25

ヤマハ R25

KISSレーシング、R25

 今年は56レーシング様にとどまらず、株式会社キジマ様の運営するKISSレーシングに対し、FGのサスペンションを提供すると同時に、当社の人間を派遣しテクニカルサポートも行っています。

 九州のオートポリスで開催される、次のJP250にも帯同しつつ、テストを兼ねた地方戦にもついて回り、セットアップの向上を図ります。

 56レーシングとKISSレーシングの応援を、よろしくお願い致します。

 

 201841875334.JPG

全日本、もてぎ

 JP250のサポートを行うために、木曜日から大槻がツインリンクもてぎへ出向きました。

 結果は桜井芽依さんがクラス4位と、最低限の結果を残してくれました。もう一人の家根谷君は転倒に巻き込まれましたが、再スタートを切りチームの士気を高めてくれたようです。

 結果が良くないと筆も進みませんが、バイク全体を見直すという点で筆は進まなくとも手は動かさなければなりません。桜井芽依さんの車両はフロントフォークのバージョンアップとロガーの取り付けが次のステップとなります。

 家根谷君の車両はリアサスのみに関わっているため、全てをコントロールは出来ませんが、メカニックの飯高さんと大槻からの情報を吸い上げ、次につなげたいと思います。

 

 20184922447.JPG20184922532.JPG20184922555.JPG2018492271.JPG20184922721.JPG20184922736.JPG

R25のFGをオーバーホール

 今回はJPではなく筑波TTを走られている、KMC・眞柄様のFGをオーバーホール致しました。

 ラジアルタイア用に設定した減衰なので、バイアスタイア用に少々仕様変更を施しました。伸び・圧の減衰共に柔らかくしてあります。ライダーとも話をして、セッティングやライディングについて話すことで、ダンパーを組み直す際の助けになりました。

 ご自分の車体セッティングに悩んでいたり、正しいのか間違っているのか判断に迷っている方は、ぜひ相談にお越しください。解決の一助になれば幸いです。

  この依頼は総額で約45,000円の内容でした。

 

 2018331192950.JPG201833119308.JPG

仕様変更

 キスレーシングの家根谷さんが乗る、R25のリアを組み直しています。

 伸びのシム組のみを変更しますが、もしかしたらばね定数の変更が必要なのかもしれません。この辺りは週末の練習走行で確認して、変更の必要があれば違う定数のバネを用意するつもりです。

 

 201832983322.JPG

サーキット写真

 大槻に現場の写真撮影を頼み、なかなか良い写真を撮ってきてくれました。川野さんのようにピットを離れられないため、内容は限定的ですが、今年は最初から川野さんには外から、大槻には内の写真を頼んでありました。

 二台ともFGのダンパーがついています。家根谷君の車両はFQT11と呼ぶ、リザーブタンクをホース連結した伝統的な形です。桜井芽依さんの方はFFX31といい、ツインチューブでありスプリングは油圧でプリロードを掛けるトップモデルです。依頼があれば製作、販売可能なので興味があれば連絡ください。

 

 2018326201529.JPG2018326201552.JPG201832620166.JPG2018326201622.JPG2018326201644.JPG2018326201910.JPG2018326201927.JPG

KISSレーシング もてぎロード

 当社の大槻がティームに帯同している、KISSレーシングの初戦が昨日、ツインリンクもてぎで行われました。

 R25とCBR250・MC51です。

 R25に関しては、昨年までのRH松島様やドッグファイトレーシング様で得たデータを基に、ライダーの家根谷さん用に少々の変更を加えた程度です。今年は規則が変わり、エンジンパワーの面でかなり近づけたようです。予選、決勝ともに良い内容で、タイムも2分13秒台と好タイムを出し、総合3位でクラス1位でした。この結果にはティームも安心したようです。

 当社が主にサポートを行う桜井芽依さんも、練習より大幅にタイムを縮めて2分15秒台でクラス4位を獲得しました。惜しくも表彰台を逃しましたが、ここまでの流れを知る身としては十分な成果を得たと考えています。  

 大槻が奮闘し現場で情報を吸い上げ、会社で仕様変更を行い、また現場から情報を得る良いサイクルが生まれそうです。結果が良い時は何事も良い流れになりますが、流れが滞った時こそ本領発揮なので、その時のために常に準備をしてい行きたいと思います。

 写真は全て川野さん提供です。今回も良い写真を提供してもらい、助かりました。次の飲み会でお酒をご馳走して、写真代にするつもりです。

 

 201832619400.jpg2018326194038.jpg2018326194117.jpg2018326194138.jpg2018326194158.jpg2018326193931.jpg

KISS・Racing JP250用、CBR250RR,R25 FG

  今年はkISSレーシングの桜井芽依さん用CBR250RRをサポートしますが、それに加えもう一台のKISSレーシング、家根谷さんのR25にもFGを付ける事になりました。

 R25は昨年、一昨年とかなり豊富なデータがあり、色々なバージョンを用意できます。CBRはこれまでダンパー単体での関わりしかなかったため、車両を含めたセットアップは初となります。しかし、単体のデータはあり基本となる部分は抑えているため、少し楽が出来ました。

 

 201822244753.JPG

いろいろ

 菅生でテストを行ったR25用FFX31はやっと仕様が決まり、ベースが出来ました。全日本の菅生で使うかは、チームとライダーに委ねてあります。もう少しライダーに対して明確な利益を享受できればよいのですが、今のところは「旧型と遜色ない程度」と言うのが本当です。

 開発車両のCB400SF・NC39は、アルバイトの矢作を乗せることで、一般の方と同じ目線で意見をもらい、方向性があっているようなので安心しています。ですが、現状はスタンダードから誰でも出来る範囲の変更なので、ここから先のセットの煮詰めと、部品開発が本領発揮となります。

 写真はフォークをオーバーホールした時の、入っていたオイルです。ダンパー開発の方と話した時に、抵抗を減らす事の意味を理解したので、オイルシールとダストシールにかなり大掛かりな改造を施しました。一般のお客様には進めませんが、メンテナンスサイクルを短く取っても乗り味を追求する方には、明らかな変化を感じてもらえるはずです。

 

 20175619118.JPG

課題

 FGのFFX31をR25用に仕立てるべく、仕様変更を繰り返しています。

 いつもと違いダンパー単体でチームに預け、その反応から仕様変更を施します。先日行われた菅生でのテストで、かなり感触が良かったらしく、細部を仕上げるために今回もまたシム組みの変更を致します。

 旧来のシングルチューブFQTがハイレベルの仕上がりらしく、それを上回る性能を得るのはなかなか大変です。あきらめずに一歩ずつ上を目指し、菅生までには他と比較して少しでも差を持てるようにしたいと思います。

 

 2017424184533.JPG2017424184552.JPG2017424184614.JPG2017424184633.JPG

眠そうに去っていった

 明日からの二日間、菅生でJP250のテストを行うため、急遽R25用のFFX31を組み直しました。

 内部変更を施した際に変化した寸法が、ダンパーの動きを大きく変えました。性能の問題と言うよりは正常に機能しなくなりました。部品の位置関係だけで、ここまで問題が大きくなるとは考えて居ませんでしたので、良い教訓にになりました。しかし、組み上がりを待っていた方は眠そうにしていました。

 今回は大幅に減衰の出方を変更したので、結果が楽しみです。

 今日の朝方4時までエンジンを組み、朝9時には出社し、明日の早朝3時に菅生へ向かうその方は、仕上がったFFX31を片手に、眠そうに帰路へ着きました。

 

 写真はやらせです。20174192345.JPG

ページ上部へ