ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ヤマハ R25

ヤマハ R25

KissレーシングのFG破損

 前回の全日本で優勝したKissレーシングのYZF-R25に使用するFGが、修理のため帰って来ました。

 FGでは設定のないアルミシリンダーを用いた特別仕様です。今回修理となった理由は、練習走行時の転倒から動きに違和感があると乗り手が訴えたためです。

 車両についた状態での動作確認では、その問題を感じなかったそうです。届いたダンパーを確認して原因を発見しました。車高調整のエンドアイが不自然に見えます。詳細に観察するとネジ山が削れていました。そこで推論を立てました。
 レース車両は車高の変更を俊敏に行うため、これまでの使用によりネジ山が痩せていた。変更を俊敏に行うが故にロックナットは軽く締める程度で、その状態で転倒し強引に引っ張られたエンドアイがネジを飛ばしたため、しっかりと固定されなくなったエンドアイとベース部分のガタが、一瞬の減衰抜けに感じられたと思います。
 分解時の写真からは、シールヘッドを抜いた後の泡立ちもなく、ピストンを抜いてすら少々の泡しか確認できませんでした。これでエア抜きがしっかり出来た証拠です。

 ですが安易に原因を特定するのは次の問題を起こす可能性があるため、ダンパー本体も分解し細かく確認しました。急な力が加わるとシリンダーが変形する事もあるので、特に内壁は入念に調べます。そのほか、ロッドやリザーブタンク、シムなどもその対象です。
 JSBやST600で使われるあるメーカーのシムは、ハイサイドや路面の段差などストロークスピードが想定以上に速いと、シムが変形し孔を塞げなくなり狙った動きをしなくなります。今回はシムには問題がありませんでしたので、そのまま再使用します。
 来年も同じダンパーを使う場合は、シム交換も必要となりそうです。シムは簡単に言えば板バネですから、過酷な使用でへたります。過酷とは大きくたわむ、長い時間使うなどの意味です。

 オイル交換を行い、上下のピロボールを交換して出荷となります。

 

 201991092024.JPG201991092130.JPG201991092230.JPG201991092315.JPG201991092341.JPG201991092358.JPG

分解するとエア抜きの精度がわかります。

 今日の午前中は、明日の全日本へ向けKISSレーシングのFGをオーバーホール行いました。

 作業内容としてはプレミアムライン水準の組みです。

 分解してすぐわかるのは、エア抜きの具合です。シールヘッドを抜けば判断がつきます。エア抜きがしっかりできていない、ブラダ型を長期間使ったなどのダンパーはかなり泡立っています。
写真のダンパーはレース用のために、かなり入念なエア抜きを施してありました。そのおかげでご覧の通りの状態です。しかし、オイルは新品なら黄色い有色透明ですが、抜いたオイルは茶色く変色しています。これでは減衰の効きが弱くなるため、オーバーホールとなりました。

 今回も詳細な手順書を作りながらの作業となり、半日かかりましたが、エア抜きもしっかり行え満足のゆく仕上がりです。

 ダンパーは機械であるため、機械加工の精度や設計者の考えがダンパーの動きを決めます。ですが、最後の最後はエア抜きの出来次第で設計者(設計値)の狙った通りに動くかが決まります。
ならば、仕様変更を伴わないオーバーホールでは、エア抜きは最重要項目だと捉え作業にあたっております。

 もしこのブログを見ている同業の方がいらっしゃるなら、その方々に伝えたいのは「一度でも使えば泡がモクモクとなるのは当然」、という認識は間違っているという点です。しっかりしたエア抜きを行えば、シールヘッドを抜いてもエアは出ません。ロッドを抜いても多少泡が出る程度です。

 一味違ったオーバーホールを体感してみたい方は、是非、ご用命ください。

 

 2019523205538.JPG201952321326.JPG20195232149.JPG

 

来年は15年目、FGキャンペーン、笑ってしまう写真

 来年の五月で、当社も操業15年目を迎えます。

 節目の年に向け、FGの販売を強化するためキャンペーンを企画しています。発表はもう少し先ですが、決まり次第SNSなどでお知らせして行きますので、楽しみにしてください。

 KISSレーシングの家根谷さんが、JP250で全日本チャンピオンを獲得してくれましたが、お馴染み川野さんが写真を提供してくれましたので、折角ですから皆様にも見てもらいたいと思います。しかし、FGの販促用に狙ってリアサスを撮影してくれるあたりは、職人魂を感じると同時に笑ってしまいました。ありがとうございます。

 

 201811919571.jpg2018119195756.jpg2018119195817.jpg2018119195844.jpg201811919597.jpg2018119195923.jpg

全日本、鈴鹿

 昨日はJP250の走行があり、夜に大槻から一日の報告を受けました。

 桜井芽依さんは概ね調子よく進んだようですが、ロガーで判明した練習と予選、決勝での差について、今から考えを巡らせているようです。その差をキッチリ詰めた練習を行い、本番へ向けて戦術を練ってほしいと思っています。

 家根谷さんは色々悩んでいるようですが、大槻と相談の上で方向性は決まったため、それをライダーと担当メカニックさんに話をし、進めてゆくつもりです。こちらはダンパー用のロガーを積んでいない為に、ライダーのコメントから方向性を探っています。

 

 201811275726.JPG20181127580.JPG201811275829.JPG20181127594.JPG201811275928.JPG

JP250、岡山

 岡山で行われた全日本選手権併催のJP250に参戦する、KISSレーシングのサポートに当社大槻が帯同しました。

 詳細は週明けの会議で報告を受けますが、結果は総合5位、クラス2位でした。良い成績を得てとても嬉しく思います。

 

 20189309230.jpg201893092323.jpg201893092348.jpg

 

R25用中古FG。KISSレーシング。

 YSPに努める方がR25用の中古FGを購入下さいました。学生の頃から知っている方ですが、今では30歳くらいになるはずです。

 仕様は今年バージョンアップした、KISSレーシングの家根谷くん仕様です。一度完全なオーバーホールを施してから納品となります。今回は新品定価¥138,000のFQT11を¥90,000でした。

 

 201877185820.JPG

 

R25用のFGを更に改造。

 KISSレーシングの家根谷さんが乗るR25には、当社がサポートするFG・FQT11がついています。

 FGは通常鉄シリンダーなのですが、ティーム(というより木嶋社長)の依頼で、軽量なアルミシリンダー仕様へと改めました。FGにはアルミシリンダーの設定はないため、某大手メーカーのシリンダーを拝借しました。

 重量は比重通り、ほぼ1/3になりました。

 

 201862901421.JPG201862901513.JPG

全日本テスト風景・KISSレーシング

 先週行われた全日本のテスト風景です。こちらはKISSレーシング様分。

 

 201862691646.JPG20186269188.JPG20186269198.JPG201862692029.JPG

今日から菅生

 全日本の菅生が始まりました。

 当社の大槻も昨晩に出発し、本日からJP250のKISSレーシング・桜井芽依さんを担当します。今回のレースからロガーにセンサーを前後に取り付けました。

 来週の筑波事前テストには、新たな部品を追加する予定でいます。実際に投入する際にはまた告知致しますが、大幅にタイムを詰められるか、安定したタイムを出せる部品なので、期待しています。

 

 20186158159.JPG201861581617.JPG

旋盤作業

 昨晩は旋盤でステンレスカラーを製作しました。

 外径55mmから、外丸削りに段を設け内径を44.10mmに仕上げました。

 他方、アルミカラーの現物加工で、内径に段を設けました。どれもそれほど難しくは有りませんが、ムク棒から大きい穴をあけると切子が凄いので、掃除が大変になります。

 

 201861475658.JPG201861475928.JPG

ページ上部へ