ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>KONI、マルゾッキ、旧車の純正ショック

KONI、マルゾッキ、旧車の純正ショック

Z400FXの純正ショックをオーバーホール

 このところ車両価格が高騰しているZ400FXのリアショックをO/H依頼が有りました。

 一昨年くらいから少しづつ依頼が増えつつあるZ400FXのリアショックですが、今回もO/Hと外装部品のレストアでの依頼内容でした。

 ロッド再メッキ、再カシメ、ガイドブッシュ加工、ボディーとスプリングの塗装にスプリングアジャスターは再メッキです。

 400FXのリアショックは減衰調整有りとナシの2種あり、今回は後者の調整なしでした。それでも全てを含めて約25万円になります。調整有りの場合はメッキ部分が増える他に、調整ダイアル等の部分で作業が複雑になるため総額は30万円程度になります。

 しっかり直したい方は一度相談して下さい。

 

 

20224291866.JPG202242918642.JPG

MarzocchiのO/Hとレストア

 若いお客様から依頼があり、マルゾッキのツインショックをO/Hとレストアです。

 ロッドは再メッキ、ガイドブッシュ加工と基本的な機能向上とともに、ボディー、スプリングなども塗装を行い外観も綺麗にまとめました。

 今回は上下の取り付け部分が両方ともコの字なのでブッシュ等が不要で、その分は価格が抑えられました。価格は概ね17万円でした。

 

 

2022429175657.JPG2022429175628.JPG

2022429175535.JPG

2022429175346.JPG

2022429175422.JPG

KONIの内部特別洗浄を進めました。

 KONIはサスペンションが伸び切った際(タイアと路面が離れるような状況)の衝撃吸収用にプラスティックの部品を備えています。

 この部品は非常に硬く、しかし長期間の使用で割れて粉々になります。その部品がリアショックの減衰力を発生する部分であるピストンのポートやオリフィス(ようは小さい穴)につまり、過剰な減衰を発生します。

 これ以外にもキャブレターにおいてガソリンが変質した時のような粘着性の高い状態へ変化し、ダンパー自体が固着し動かなくなります。

 そうなると掃除も大変で、小さな穴を切り通し流れを確保したり、こびりついた部品を剥ぎ取るなど大変時間がかかります。

 オイルが完全に抜け切ると内部がサビ始めてしまい、最悪薄い部品は穴が開くようなこともあります。こうなると部品を交換するしかないため、お金も余分に必要です。

 消耗品の具合によりますが、一般的な作業で済めば10万円程度O/H可能です。内部特別洗浄が必要だと追加で2〜3万円ほどです。

 

 

202242372735.JPG20224237281.JPG202242372832.JPG20224237298.JPG202242373350.JPG

Z400FXのリアショックを組み立て作業開始

 最近人気急上昇しているカワサキのZ400FXですが、O/Hと塗装と装飾メッキの依頼をいただき作業を進めておりました。

 ロッドの際メッキが仕上がりましたので、各種加工と部品を制作して組み付けを終えましたので明日塗装へ出荷します。

 肝となるのはロッドガイドと呼ばれる部品です。写真を並べますのでご覧ください(明日写真をアップロード予定)。最初の写真は加工前、加工後、ガイドブッシュを圧入した状態です。

 隙間寸法はちょうど良い塩梅を探しあて、割と小さめにしています。FGやオーリンズのような高性能ショックメーカーと同水準です。これだけでリアショックの作動性と耐久性が大幅に向上します。

 隙間が狭すぎれば当然ですが当たりが強くなるので、ロッドの攻撃性が高まります。これま面接触ですが、外周全面に近い形になります。

 逆に隙間が広すぎると、面から線、そして点接触に近づいてゆき面圧が高くなり、こちらもロッドの摩耗はかなり早くなります。隙間寸法が広いとガタガタ動きます。

 そして無負荷状態では接触部分が少ないので摩擦抵抗も小さくなり、動きが良いと勘違いします。

 ところが実際の使用環境、一定方向から入力があり部品同士が押し付けられる環境になると、先程の点接触となり思いのほか抵抗が大きくなりますし何よりもロッドへの攻撃性が高いために、表面がガリガリになるという最悪の結末を迎えます。

 

202242373519.JPG202242373543.JPG202242373612.JPG202242373656.JPG202242373732.JPG20224237380.JPG202242373835.JPG

マルゾッキの組作業

 マルゾッキの新型(またはコピー品かもしれません)をO/Hしたのですが、ロッドは研磨で再使用。オイルシールのホルダに問題がありシールヘッドと呼ぶ部品を作り直してあります。

 今回はO/H,部品制作などで概ね7万円ほどでした。ロッドの再メッキが入ると概ね10万円になります。

 

202241374910.JPG202241374932.JPG202241374956.JPG202241375021.JPG202241375045.JPG

マルゾッキの判別

 古い正規のマルゾッキとたまに見かける模造品、または新たに販売が開始されたマルゾッキの見分け方を写真で紹介します。

 写真1枚目のドレンボルトですが、写真の品はプラス形状です。古いものはマイナスドライバで回します。

 2枚目のロッドとエンドアイの写真。写真中央右あたりに穴が空いています。旧型はロッドをエンドアイに鋳込むつくりなので分解は基本的に不可能です。写真の新型はねじ込みになっており、分解が可能です。

 3枚目は分解しなければ判断つかないのですが、六角形状の部分は旧型ではネジに対し新型は見かけだけで圧入されています。

 4、5、6枚目は分解しないと判断できないのは3枚目と同様です。本来、マルゾッキツインはツインチューブに対し、新型はシングルチューブです。絶対性能としては旧型よりも良くなりました。

 以上が外観から判断のできる部分と内部の違いでした。

 

2022411141742.JPG

202241114183.JPG2022411141827.JPG2022411141852.JPG202241114197.JPG2022411141929.JPG

 

 

Z2の純正ショック 初のフルレストア

 依頼いただいたKYB純正のZ2リアショックですが、初のフルレストアを無事に終えました。

 初期の依頼内容はO/Hと全ての部品に輝きを取り戻すための再メッキと塗装でした。

 過去の経験から一つの課題に直面しておりました。それはカシメ型のショックの場合(塗装でも同様ですが)再カシメの作業において、メッキがバリバリとゆで卵の殻のように剥がれる事です。純正のメッキではそのような事は起こりません。
 塗装も同様で、塗膜が暑いと塗装が割れ落ちます。しかし塗装はその作業の特性から、再カシメ後でも施工かのうなため、これまではO/H完了後にボディーを塗装しておりました。

 なんとか解消方法はないかと模索したのですが、どうにもならない。ではコロンブスの卵的発想で「再カシメを行わない」手法を開発しました。

 そのため、お客様には割と長期間お待ちいただき、最終的な納期は5ヶ月いただきました。本日そのお客様が引き取りに来て下さり、仕上がったリアショックをみて大層喜んでいただけました。

 再カシメを行わない手法をKONI仕様(仮)と便宜上呼んでいますが、その優れている点はO/Hの再現性にあります。カシメ型の場合は多くて3回程度と回数制限がありました。
 しかしKONI仕様の場合、ネジによる組み立てに変わるためその回数制限がなくなります。

 Z1やZ2の純正ショックが何度でもO/H可能となり、しかも仕様変更や保証修理も安心になるのです。

 では問題点はあるのか?との疑問は当然浮かぶでしょうが、それは何かと言えばカシメ形状ではなくなるため、純正感が数%失われる(注意してみなければ判断できないし、マニアでなければ見つけられないでしょうが)点と、作業が高額(O/H料金は19万円超、フルレストアの場合は30万円を超える)な二点に集約します。
 前者はそれほど問題にならないかもしれません。後者はやや障壁が高いと思いますが、それでもその価値は十分にあるのでZ系を長く乗り続けたい方は一度相談いただければ見積もり等を提示いたします。

 

202232581145.JPG20223258128.JPG202232581234.JPG20223258139.JPG202232581338.JPG20223258141.JPG202232581434.JPG202232581510.JPG

Z1やZ2の純正ショックをKONIのように改造する。

 Z1やZ2、又はカワサキのWシリーズの依頼が多いので、なんとかO/Hの回数制限をなくせないかと思案して、その打開策を見つけました。

 わかりやすく言えば、KYB純正をKONIのように改造します。基本構造はKYB純正もKONIも同じツインチューブ(複筒)式です。違いは組み立て方がKONIはネジによる締結。KYB純正はカシメです。カシメは金属を折り曲げる塑性変形を利用しているため、再利用ができません。

 そのためO/Hは2~3回のまでの回数制限がありました。それを打開するための手段を模索していましたが今回、それが可能になりました。外観はKONIに似ています。まだ試作段階なのでもう少し部品の寸法を見直す必要はありますが、写真の品でも十分実用に耐える水準です。

 再利用可能なO/Hとロッド再メッキにガイドブッシュ加工など、贅を尽くした内容のため価格は高額になります。
 令和4年3月現在の予価は、ロッドの再メッキを含め税抜で19万円です。

 スプリングやシリンダーなどの再メッキを行う場合は総額で税抜31.6万円ほどとなりそうです。

 Z1やZ2の純正ショックを使い続けたい方には朗報となるはずです。

 

 

2022322164015.JPG202232216424.JPG2022322164225.JPG2022322164251.JPG2022322164313.JPG2022322164349.JPG2022322164413.JPG

 

ウイングコニーのO/H

 希少価値が高いウイングKONIのO/Hを行った話です。

 しばらく前の依頼でしたが、重要なステッカーを残してO/Hしたいと強く希望されておりましたので、気をつけながら作業を進めました。

 ウイングコニーは古い製品なので内部は大抵の場合、傷みが激しい場合が多く「内部特別洗浄」と呼ぶ追加作業が必要になります。それでも完全分解して掃除を行えばほぼ元通りの動きを取り戻せます。

 更には追加の加工で性能を上げることも可能です。KONIの初回O/Hはロッド再メッキ、内部特別洗浄など追加作業が多いため大抵の場合は10万円以上となりますが、しっかり使えるショックになりますので依頼いただければ幸いです。

 

2022321142711.JPG2022321142735.JPG202232114281.JPG2022321142836.JPG

 

 

KONIのリアショック、内部が酷いことに

 KONIのリアショックに限った話では有りませんが、古いだけ有り高い確率でみかける事例を紹介します。

 内部のオイルが完全に乾き、多くの部品に錆が発生しそれらが固着しております。オイル、プラスティックの破片が変形しこびり付きそれらを取り除くのが一日がかりになる場合も珍しく有りません。

 あまりにひどい場合は、新しいショックを用意して、内部を移植する事も可能ですが現在販売されているiKONとKONIでは仕組みに若干の違いがあるため、極力古いものを再利用したいと考えます。最悪の場合はそれら傷んだ部品を作り直して再生もできますが、価格が高くなるので極力再利用を心がけます。

 KONIの純正部品が入手できるようになり、上下の焼付ゴムブッシュが手配できるのはとても助かります。

 当社でO/Hする場合はロッドガイドと呼ばれる部品にスライドメタルを使いすることで、耐久性と作動性を同時に向上させています。

 

202231715820.JPG202231715859.JPG202231715915.JPG

ページ上部へ