ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>イタリア見聞録

イタリア見聞録

ヴェネツィアの一歩手前

 有名なヴェネツィアの一つ手前の街、駅名はVenezia Mestreです。

 割と大きな駅で、家賃の高いヴェネツィアに変わり、そこへ通う学生や勤め人の家が数多くあります。友人のエンマがこのメストゥレに家を買ったので、今回の訪問時に宿泊させてくれました。すでに8年程も関係があり、数年前に結婚して今は妊娠五ヶ月目だそうです。

 

 7年前訪れた2回目のイタリア旅行時は、エンマはまだ学生でした。その時にも、彼女が学生の友人たちと借りていた共同住宅に一週間泊めてくれたのですが、そこでエンマの紹介で知り合ったのがニコロとオルソラちゃんです。今回はエンマの自宅で話しをしていたところへ、私の渡伊を聞きつけた二人が顔を出してくれました。更にエンマの旦那であるクリスティアンも合流して、近所のトラットリーアで夕食となりました。 

 クリスティアンを除く3人は日本語が堪能で、驚くばかりです。クリスティアンはベネツィア空港で航空管制官をしてるため、英語が堪能なようです。ニコロとオルソラは7年ぶりの再会とは思えない親近感と、同時に懐かしい思いあります。一週間の共同生活のおかげで単なる知り合い以上の感情があるのかも知れません。

 クリスティアンとも7年前からの知り合いですが、2年前に彼らが結婚する直前に日本へ旅行へ来た際、産まれたばかりの私の息子をとてもかわいがっていました。今回の妊娠はとても喜んでいると思います。しかも、イタリア人にしては珍しいほどの恥ずかしがり屋です。非常に人柄のよい、素晴らしい人間性を持っています。

 今回は一日だけのMestre滞在のため、翌日の朝に出発でした。その朝にエンマと犬の散歩をしながら、クリスティアンの両親が営むBarで朝食をとり、その後、帰路へ向けてローマ行きの電車に乗り込みました・・・と言えば聞こえは良いのですが、イタリアお馴染みの電車の遅延により、ローマ到着は予定時間の120分遅れとなりました。

 

 20183795419.JPG

FGとの交渉

 イタリアのボローニャ郊外にあるFG社へ訪れました。

 かなりの時間を割いて、問題点の改善と今後の方針を話し合いました。三日間のサスペンション講習があり、初日の夜は社長のFranco、社長夫人、Alessandro、スペイン人のEmanuelと五人で3時間ほどの会食。

 二日目は講習を受けていた20人近くの中で14人が集まり夕食、タクシー運転手が紹介してくれたトラットリーアへ行きました。

 三日目はダンパーの組み立てを見せる内容でしたが、それを抜け出して新たに担当となったSilvanoと話し合い、現物確認、交渉、今後の両社による未来図などを描きました。その後、Francoと最終の詰めを行いFG社を後にしました。

 ボローニャ・チェントゥラーレ駅へ送ってもらう車中、Silvanoと話をしました。彼は20年間、DIDと仕事をしていたので、日本人の精神性や良い点を理解しています。イタリア人の良い点も理解しその組み合わせは素晴らしい物だから、より良い関係を築く努力をしてくれそうです。彼は日本人と付き合うのは自分の哲学を形成する為に極めて重要だと語りました。私もイタリア人とのかかわりに同様の思いがあります。

 簡単には解決しない問題も多いと思いますが、長い時間を掛けて良い品を提供できるようにしようと、決意しました。

 

 20183395556.JPG

タクシー運転手

 ボローニャへ到着した朝、FGへ向かうにはいつもバスを利用していましたが、時間がなくイタリアでは初めてタクシーを利用しました。

 情報を引き出そうと思い、話しかけたら流石イタリア人。一つ聴けば十の答えが返ってきました。そこでFG側にBudrioと呼ぶ地方があり、かつての名ライダー、ピエール・フランチェスコ・キリが住んでいると教えてくれました。

 道中のトラットリーア(レストランとの違いが全く分かりません)が美味しいから寄ってみな。とか沢山の情報を引き出せました。

  

 20183393121.JPG

ただ忙しいだけ。アルバイト

 最近はブログが疎かになっております。

 渡伊を前にあわただしいため、なかなか時間が取れません。そのような中、今年はかなり忙しくりそうなのでアルバイトを募集していましたが、一人増員出来ました。当社の前にある自動販売機に張り出した紙を観て、近所に住む方が申し込んで下さり、先週から来てもらっています。

 今年はサスペンション関係のデータどりのため、ロガーを導入しますが、そのために理科大に通うアルバイトの梅山が活躍してくれそうです。機械にはそこそこ強い私ですが、パソコンが出てくると急に弱弱しくなる私に変わり、そこを全面的に梅山に任せ上がってきたデータの解釈と方向性を、私とサーキット現場担当大槻で示してゆく予定です。

 昨年は旋盤を導入しましたが、今年はロガーです。来年以降はフライスや溶接機など順次取り入れて行きたいと思います。

 

 

出張でのお楽しみ

 イタリア出張の際には、イタリアの友人と会うのも楽しみの一つです。 

 Romaに二人、Mestre(Veneziaの隣)に一家族、友人がいます。前回あったのは数年前なので、とても楽しみです。食事を共にしながら、下手なイタリア語と、(イタリアの友人の)上手な日本語で楽しい時間を過ごしています。

 このブログを始めて初めてのイタリアなので、「イタリア見聞録」の名に恥じないよう、出来るだけ楽しい情報を拾ってきたいと思います。

 

  

 

先ずは航空券の手配から

 今回のイタリア出張は実質6日程度のため、かなりあわただしい気がしています。

 以前は11日、14日や最大18日ほど滞在したことがあり、ゆっくりどころ少々飽きる位でした。この度はFGでの話し合いが主な業務となり、ローマとヴェネツィアの友人に会えるかも微妙なところです。せめて一緒に食事くらいはしたいところです。

 これまではアエロフロートロシアを使い、成田からモスクアで乗り換え、ローマに到着していました。今回は直前の手配で選択肢が少なかったこともあり、アリタリアで成田・ローマへの直行便です。機内でもイタリア語が通じると思うと、少し気楽な気がします。

 

 

フェッラーリの助手席

 今日は埼玉県の456GTの修理業、㈱ハシモトさんに伺い、456GTの助手席でフェッラーリを体験しました。

 助手席でもかなり多くの事が分かりました。私はフェッラーリに対する先入観があり、同社の車はエキサイティングだが、どこか荒々しく精緻に造り込んだ印象を持っていませんでした。乗って分かったのは、かなり車を理解しているうえに、それを具現化して販売できるだけの高い能力を有したメーカーだという事です。

 F1で何度もチャンピオンを獲得した会社に対しては失礼ですが、こんなに高い能力があるとは全く想像していませんでした。具体的になにが優れているのかと言えば、車として全体のまとめ方、パッケージングがかなり秀逸です。乗車位置、ホイールベース、エンジン搭載位置、ドライサンプ、トランスアクスル、ダンパーの作動感、Aピラーの位置、ブレーキ(サスペンション込みで)の作動性。全てにおいて高次元でした。

 割と速度のでるコーナーでギャップを踏んだ際のいなし方は、ダンパー含め相当高度な動きでした。サスは動きながらも一発で挙動を抑え、しかも衝撃は殆ど受けません。

 ㈱ハシモトの代表吉川さんに色々教わったのですが、モノコックフレームでなくラダーフレームだそうです。実際に分解中の車を確認したのですが、角パイプが見えました。

 旋回中に感じるフロント周りの動きと、アクセル開での動きはまるで二輪車でした。

 横に乗っただけの試乗でも分かったのは、私が造り込んだバイクはこの456GTと同じ種類の乗り物です。安定感と軽快感のバランス、ギャップなどのいなし方、ピッチング(ノーズダイブ)の動きなど、全てが同じに思えました。つまり、この車の乗り味に感動は覚えませんでした。なぜなら知っている種類の性質だったからです。しかし、逆に自分の車造りは世界の最上と言われるメーカーと同種だっと知り、そこに共感と共に自信を持ちました。

 翻って、私がこれまでに依頼を頂き、車両丸ごと私の好きに調整させてもらったバイクは、このLa Ferrari 456GTと同じ感動を得られる乗り物になっています。それはトリッカーでもZ1でも、CB1300SFでも全て同質です。

 そこでまた分かったのは、二輪車は非常に安価に、フェッラーリと同じエキサイティングと質感を得られるという点です。

 写真の456GTは今後フロントダンパーの改造を予定しています。またこの様な機会を得て、自身の知見を広めたいと思います。

 

 201825212624.JPG201825212657.JPG201825212734.JPG

ブログを書き続けたら

 昨年末に妻から5年手帳なる物をもらいました。 

 手帳とありますが、どちらかと言えば日記帳のようでしたので、一日から毎日書いています。昔はすぐに飽きたり、書くことに困っていましたが、この4年ほどブログを書き続けた成果か、苦も無く日記をつけることが出来るようになりました。とはいえ、まだ5日分しか書いていませんが、スペースが小さいのに文句が出る位です。逆に文章が冗長になる傾向のある私には、短くまとめるには良い訓練になるかもしれません。

 二月後半のイタリア行きもFG社で一般向けのサスペンション講座があり、それに参加するため現在イタリア語の復習と学習を毎日行っています。しかし、この講義は教わりに行くのではなく、むしろFGに教えに行くくらいの気概で行ってまいります。返り討ちにあわないように、しっかり下地を作らねばと考える毎日です。

 ブログを書くのは正直楽しみなのですが、書き連ねた結果思わぬ副産物も手にしたようで、地道な努力は結実するものだと感じました。

 

高知県

 高知県の土佐に住む友人から、お菓子が送られてきました。

 この方は17歳のころから付き合いがあるため、すでに20年以上の関係になります。TRX850乗っていましたが、病気になり今はバイクを降りています。

 元気になってまたバイクに乗る日が来るまで、TRXを預かっています。そのうちリアサにFGを付け、フロントはSGCFのカートリッジを付けて勝手に乗り回そうかなどと、夢想する日々です。そのまえにBT1100を動かさなくてはいけません。

 写真のTRXは昨日納車した、リアにFQT11を取り付けた別のTRX850です。

 

 2017103163856.JPG2017103163918.JPG

旋盤の達人を訪ね

 品川区の荏原にある、桜井電機さんを訪ねてきました。

 私が以前勤めていたカワサキの販売店で、中古のゼファー1100を購入頂いた縁が続き、14年も付き合いがあります。

 荏原と聞いていたいので、品川陸自の帰りに探してみたら、自動販売機でコーヒーを買っているところにばったり出くわしました。それが無ければ現在の付き合いはなかったような気がします。

 櫻井さんは兄弟で工場を営んでいます。お兄さんが旋盤を主に担当し、弟さんがフライスを担っています。昔は分からなかったのですが、昨日訪れた際は自作の刃物の量に驚きました。お兄さんで40年旋盤を回していますから、刃物も知識も経験も豊富です。私は旋盤工ではないので、ここまでの領域にはたどり着けそうにありませんが、サスペンションに必要な品は自作できるようになるのが目標です。

 

 20179765058.JPG20179765136.JPG20179765214.JPG

ページ上部へ