ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>イタリア見聞録

イタリア見聞録

実はバタついていた、搭乗前

 イタリアからの帰りの飛行機は、間違いを起こさないよう、かなり早めに空港に到着しました。

 15時出発に対して11時過ぎには空港へ着き、手続きを済ませ優雅に昼食を済ませました。周りを眺めながら暇をつぶし、そろそろ搭乗口に行こうとした瞬間、出国手続きをまだ済ませていない事に気付きました。それでも時間は十分あったので、慌ててはいなかったものの少しづつ焦り始め、出国手続きを終えた頃には「そろそろやばいな」といった状況でした。

 そうは言ってもあとは搭乗口に向かうだけでしたから、空港内を案内に従い進みますが、かなり遠い。進んでも進んでもなかなかたどり着きません。階段の下に指定の搭乗口は→を見つけ、駆け足で階段を登り切ったら、アッと驚きました。そこは空港内の移動に使うモノレール乗り場でした。

 モノレールに乗ったところで、男性に話しかけられ「まずいですね・・・」と。モノレールを降り、駆け足で搭乗口に潜り込み、後から前述の男性が来ることを伝え事なきを得ましたが、今回のイタリア旅行は最初から最後まで、ずっとバタバタしていました。

 実は出発の成田空港でも第一ターミナルと第二ターミナルを間違えていました。こちらも相当余裕をみて、早めについていたため、問題になりませんでした。やはり、海外旅行は時間の余裕をいやというほど持つべきだと、実感した次第です。 

 

 201842519534.JPG201842519612.JPG20184251970.JPG

スパゲッティ・ジャッポネーズィ Spaghetti giapponesi

 イタリア語では焼きそばの事を「スパゲッティ・ジャッポネーズィ」と呼びます。

 子供のころから焼きそばが好きでしたが、まさかスパゲッティの一種に数えられているとは思いもしませんでした。他にも普通のスパゲッティにピッツァなどのイタリア料理は好きだったのが、今のイタリア好きにつながっていると思います。 

 幼いころに見たTVCMに「明和地所のクリオマンション」があります。ヨーロッパの少し暗くて歴史を感じる映像と曲が好きなのですが、これもイタリアの街並みを好ましく感じる一因のようにも思います。教育と刷り込みは人生に大きな影響を及ぼすと、今更ながら認識しています。

 

 2018425184549.JPG2018425184648.JPG

イタリアのタクシー事情

 今までは利用したことがありませんでしたが、今年は初めてイタリアでタクシーに乗りました。

 乗ったのはボローニャですが、写真はローマ・テルミニ駅で撮りました。5年前に行ったときは日本車を見た記憶はありませんが、この度はトヨタのハイブリッドをかなり多く発見しました。4割前後はトヨタだったと記憶しています。

 他にはフォルクスワーゲン、ボルボ、ベンツにイタリア車もいて、日本よりも車種が多く楽しく眺めていました。

 

 2018425183630.JPG

スパゲッティ・アル・ラグ

 煮込みソースをイタリア語では(ragu)ラグと呼びます。

 久しぶりにカミさんが友人と出かけるという事で、数年ぶりに Spaghetti al ragu を造ることにしました。玉ねぎとニンジンを炒め、そこにひき肉を加え一時間程煮込んだ後で、市販のソースを入れて、更に30分ほど煮てみました。

 子供たちの評判も良く、むかしイタリア旅行から帰ってソースづくりに精を出していたのが役に立ったようです。写真は子供の要望により、トウモロコシを載せてあります。

 

 2018411194512.JPG

 

 

ローマを散策

 友人宅のあるヴェネツィア・メストゥレからローマまで電車で移動した時に、問題が発生しました。

 その前日、ローマは久しぶりの大雪で交通が打撃を受け、翌日に電車に乗った私は120分遅れでローマへ到着しました。しかもローマ・テルミニ駅ではなく、その一つ手前にあるローマ・ティブルティーナ駅で降ろされる羽目になり、そこから予約していた宿まで遠回りをしながら一時間かけて到着。予約したアルベルゴ(ホテル)フェリーチェは、対応したおじいさんが伝達を忘れていたために部屋に空きがなく、宿の人が近所のアパート(これもホテルの持ち物で貸し部屋)で対応してくれました。ホテルからアパートまで5分くらいの道のりで、雪の話をして「昨日は大変だった」と聞きました。実はローマに住む友人が動画を送ってくれていたのですが、かなりの雪でした。 

 アパートに荷物を置き、妻や子供に加え、父に頼まれたお土産を探している間に辺りも暗くなり、寒さに震えながらレストランへ入りました。そこで、たらふく食べビールを飲み宿へ戻って、そのまま寝てしまいました。翌朝、起きてすぐにシャワーを浴びて帰路に就くことになります。

 

 201842192544.JPG201842192626.JPG20184219271.JPG201842192752.JPG201842193036.JPG201842193112.JPG201842193141.JPG

56Racing con FG

 やっと発表できる段階になりましたが、今年は56レーシングの埜口遥希選手のNSF250RにFGを取り付け、全日本選手権を戦う事になりました。前回のFG社訪問は交渉が主な仕事でしたが、その中でもとりわけ重要な項目が、今回の56レーシングとFGのコラボレーションを取り持つ件でした。

 埜口さんのレーススケジュールの都合により、全日本は筑波と岡山の二戦だけですが、日本国内で前後サスペンション共にFGを取り付けレースを走るのは、今回が初となります。

 これを機にJ-GP3で性能を示し、56レーシング様と埜口さんの成績に結びつけられたならば、何よりです。

 

 20184219831.JPG20184219951.JPG201842191025.JPG201842191058.JPG

名刺の寸法

 2月のFG訪問の際に、ローマで名刺入れを買ってきました。

 私と大槻の分を買いましたが、帰国後に名刺入れに名刺をしまおうとした刹那、私は驚きの声を上げました。「名刺が入らない・・」なんとイタリアの名刺はクレジットカードサイズなのでした。

 この問題を解決するためにクレジットカードサイズの名刺を造り直し、事なきを得ましたが、多くの部分で多くの国と違いがある物だと、改めて実感した次第です。 

 

 2018331194914.JPG

次回のイタリア行きは

 前回の交渉で手ごたえをつかみましたが、実務上で多くの確認事項が現れたのに加え、FG側との細やかなすり合わせを行うため、もう一度イタリアへ行くつもりです。

 時期は4月の中盤でゴールデンウィークを外してゆくつもりです。今回は交渉のみなので、現地滞在2日程度を予定しています。しかし何と言っても距離が遠いので、飛行機の時間だけで二日はみなければなりません。

 新たな発注を多く頂き、イタリアへ行った甲斐がありました。明日には長い間待って頂いたウルフ125用のダンパーが完成する予定なので、精力的に作業を進めます。

 

 2018321202210.JPG

FGのフロントフォーク

 FGの新型フロントフォークが発売されます。

 仕様は大体聞いてきました。全日本にも新たな風を吹き込む事が出来るように頑張って販売します。まずはNSF250RなどのGP3、MOTO3用ですが、S80などにも使えますし、もう少し安価なフォークは既にラインナップにありますので、興味があれば連絡ください。 

 

 2018315224748.JPG2018315224815.JPG2018315224855.JPG

連結部分のダンパー?

 イタリアの鈍行列車の連結部分に、ダンパーらしきものがありました。

 どういう効果があるのか体感は出来ませんでしたが、面白いので写真を撮りました。

 

201831419260.JPG2018314192639.JPG

ページ上部へ