ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG

SACRED GROUND STAFF BLOG

CB1000Rの前後ショック改造

 CB1000Rですが、車体丸ごと預かり、フロントフォークはオーバーホールと仕様変更、リアショックはオーリンズを改造して取り付けます。

 今回はかなり良いベースショックを見つけられたので、仕様変更に注力できそうです。昨年から得た知見で同じ仕様を作るのではなく、上質な仕立てを狙い作り込んでゆきます。

 フォークスプリングはハードに走るには若干動く設定ですが、乗り方使い方によっては良い値です。減衰設定を変えるだけで好ましい動きを見せますが、このBPFと呼ばれるシステムを上手に使える様になるまで、少しの時間が必要でした。以前は構造上、コンプレッションアジャスタの仕組みが良くないので、動きが悪くなると考えていましたが、その実、本当の問題点はシムの組み方にありました。ということで昨年このシム組み変更を何台か試した結果、良い答えを得られました。

 リアショックには大きな課題があります。スプリングは硬い、車高は高い、減衰の値も私には合わないので、大幅に変えます。今回取り寄せたオーリンズのリアショックはCB1000R用ではありません。ですが前述の通り良いベースが見つかりました。この意味は狙いの寸法に近いため、大幅な加工が不要で最小限の投資により作業を終えられます。

 純正フォークのままで考えられる限りの改造を行うと12〜13万円ほどかかります。オーリンズ などのカートリッジキットを入れるなら、30万円近くかかります。こうなるとフロントフォークアッセンブリも視野に入ります。丸ごと交換は視覚的な効果もあいまって、満足感は高いと思います。しかし花より団子であるならば、カートリッジキットを入れる方が良い動きを作り出せます。これらキットはアッセンブリ以上に細部の作り込みが良いため、実をとるならばキット交換に軍配が上がると言わざるを得ません。
 最高の贅沢は、フォークアッセンブリで交換しつつカートリッジキットを追加することです。こうなると部品代だけで70万円を超えますが、確実に一ランクも二ランクも良くなりますので、生粋のオーリンズ っ子か、バイクの真髄を垣間見たい方は相談ください。

 

 20205622126.JPG 

logicoolのキーボード

 今回は今使っているキーボードについて話をします。

 以前はアップル純正のマジックキーボード2を主に使っていました。特段のこだわりを持っていなかった以前はラップトップのFMV純正やエレコムの安価な品など、ついてくる物をそのまま使用していましたが、しかしアンボックス系(レビュー系)の動画を見ていた際にロジクールのマウスを知り、キーボードの評価も高かったので購入を決断しました。

 このクラフト(CRAFT)はキーボードにジョグダイアルがついており、普通のキーボードとは違う点です。ただ、価格は25,000円程度とかなり高額と言えます。価格に関してそれほど意識が向いていないため、それは障害にはならずに購入できました。

 使用感ですが、素晴らしいの一言です。キーを打つ際の反力がとても好ましく、気持ちが良い。パソコン好きな方達はこれを「打鍵感」と呼ぶそうです。キーの中央に凹みがあり、そのおかげで指が収まりよくミスタッチも少ない様です。私は入力間違いは多めでしたが減った様に思います。少なくとも悪くなってはいません。

 MacBookのバタフライキーボードも使っていますが、世間で言うほど嫌悪感を持ってはいませんが、ミスタッチが多いのと音がうるさいのは感じます。

 MacにもWindowsにもブルートゥースで接続可能な上に、3台まで切り替えボタンで使い分けができます。前述のロジークールのマウスMxMaster3との連帯で使い勝手はさらに向上します。センサーにより指を近づけるとLEDのバックライトが光り、暗い場所でも見やすく便利です。あと格好よく雰囲気が良い。最近流行りのゲーミング系は色使いが派手でおじさんの私には少々騒がしいので、この程度がちょうどよく感じます。
 それに、マックとウィンドウズでは文字切り替えの場所が違います。それらの使い分けも問題なく行えますが、マック専用ではないためキー配置に若干の使いずらさがあるのも事実です。これは慣れの面もありますから、それほど気にする必要はないかと思います。

 logicoolのアプリでロジオプションをダウンロードすれば、キー配置を変えたりするカスタマイズが行えるため、使い勝手は向上します。これはマウスも同様に配置変換できて、かなり良い機構です。

 実はジョグダイアルのないMX KEYSと言うキーボードも持っています。ダイアル以外は全て同じです。こちらは16,000円程度でした。使いやすさは同程度です。この二機種とも重量はかなりあります。その重さのおかげで動く事はないので、重いのは悪いことではありません。車もバイクも軽いのが正義で重いのが悪ではない様に、どんなことでも場面に応じて良し悪しが変わる様です。正直、ジョグダイアルに関してはそれほど使っていません。画面の切り替え、音量の操作など細かい使い勝手は向上しますが、必要かと言えば、私には不要です。価格の面でもMX KYESで十分です。

 無線式なので電源はUSBタイプCで充電します。数分の充電で1日持ちますし、繋いだままでももちろん使用可能です。今のご時世はタイプCがコンパクトで便利ですが、乾電池式はいちいち交換するのが面倒で私は好みません。
 MacBookも使うので線の種類を揃えられるのも嬉しいポイントです。余談ですが、iPhoneを使っているとタイプCではなくライトニングケーブルなので、ちょっと面倒です。

 結論として購入して良かったです。使い心地はとてもよく、高い価格でしょうがそれに見合った品でした。色合いもAppleのProシリーズの様なスペースグレイで格好良いのもお気に入りのポイントです。

 

2020566318.JPG

 
 

2020566721.JPG

続くクアンタムのオーバーホール

 クアンタムのオーバーホールを続け、それをブログなどで宣伝していたせいか、昨年からクアンタムの依頼が増えています。

 このメーカーはオイルシールやロッド寸法。他にも各種の材質が変わり外観から判断できない事が多くあります。そのため分解してからでなければ正確な見積もりを算出できません。

 緑色のオイルシールの場合、長期間の使用で割れてしまいます。これらの部品は日本製の材質へと交換します。インチサイズの部品の中でミリサイズの部品が混在する不思議なメーカーです。こう言った統一性がないのは極めて不思議に感じます。どちらかに統一した方が便利だと思いますが、どう言った理由からこの様な構造なのかは理解に難しい。

 しかしミリサイズの部品は日本にいる場合、全ての場面において便利です。逆にインチサイズの場合、タップやダイスを使う場合は良いのですが、汎用機で部品を作るのは面倒です。ねじ山の角度も違うのでねじ切りチップも別に用意する必要があります。

 他に減衰を生むためのピストンとシムに関して、これはワークスパフォーマンス等のメーカーも同様ですが、洗浄して油分を飛ばすとすぐに錆びます。日本のメーカーやオーリンズ、大陸ヨーロッパ(イギリス以外)のメーカーは錆びない場合が殆どです。

 これも毎度しつこく言いますが、エア抜きが機械抜きで行えないのは問題です。これに関しては解決策を用意しています。専用の治具を用意してクアンタムの弱点を解消する手段を講じています。

 

 

20205645354.JPG20205645514.JPG

DR-Z400SM前後ショックの仕様変更

 今日は外しておいたDR-Z400の前後ショックをオーバーホールと仕様変更を行いました。前後無料オーバーホールのキャンペーンにエントリーして頂き、スタンダードラインの価格で、プレミアムラインの作業内容を行う特別提案です。

 4月に仕上げたフルスペックの改造を施したDR-Zの改造において肝になる部分を抽出した、美味しいとこ取りのメニューです。
 サスペンションにとって重要なスプリングを前後ショックとも交換し、併せて減衰の仕様変更も行いました。前回のデータがあるため、若干の仕様違いに仕立てましたが、基本は同じです。

 明日には試乗を行いセットアップも仕上げてゆきます。Goproで動画も撮影しますので、近日解説とともに詳細を説明致します。

 

20205423528.JPG20205423645.JPG20205423728.JPG2020542388.JPG

ドカティ ムルティストラーダ

 今回はローダウンで依頼をいただいた、ドカティのムルティストラーダについて、説明します。

 結果を説明すれば、40mmのローダウンにより、身長165cmの私でも両足の母子球が余裕でつく程度にな利、かかとが5〜7cm程度浮くくらいです。Vツインで幅が狭いのでCB400SFよりも少し高い程度な感覚です。もちろん重量は違いますが、Lツインの重量バランスから程よい重さと言えます。

 前後サスペンションは電子制御ですが、いつもこのショックを触るたびに思うのは、ローダウンするには少々の手間が必要です。これまでにBMWでこの構造を手がけてきたので、手慣れた作業といった感じで進めました。

 では試乗の感想と、問題点を提議してゆきます。

 モード設定でスポーツ、ツーリング、アーバン(街乗り)、エンデューロを選択できます。この中で一番サスペンションがよく動くアーバンを軸に設定を変更してゆきました。同時にエンジンのレスポンスも変わるのかもしれません。が、そこは試していませんので、判断しかねます。

 この車両の特徴的な部分は、搭乗位置と車両の重心高そのポジションからもたらされる独特な乗り味です。
 これはバイクの根本に関わる部分ですが、高さ方向の乗車位置が高いとホイールベースを短く感じます。そして前後方向の乗車位置でもホイールベースの短さを演出できます。これに前後ショックの動かし方で印象が決定されます。

 この車両は大型車両というより、250クラスに感じられました。もう少しゆったりした感じにしたいので、前後ショックをゆっくり動かす様にセットアップを変更します。これは左手のハンドルにある操作ボタンを押して、メーターディスプレイで確認して変更が可能です。

 ハードからソフトまで5段階の調整は可能ですが、ミディアムソフトとソフトへの変更は急激に動きが変わり、ミディアムソフト「ソフト」が欲しい感触です。逆にミディアムよりハードな設定はガッチリし過ぎて、私の使い方には合いませんでした。

 前後ともミディアムソフトに落ち着きました。プリロードも変更できますが、フロントは旧来のネジで調整するタイプ。リアのみリモコン調整可能です。

 便利なのかもしれませんが、一々長押ししたり、画面変更したりと手間がかかって面倒に感じます。
 操作性が悪いのは電子制御の問題点だと思いますが、ハード、ソフトと簡単に切り替えができるのは良い面です。この初期設定の作り込みを上手に作れたなら、モード切り替えで(つまりはボタン一つで)最良の乗り味が選べるのは面白と思います。

 

 セッティングは大枠でしか決められませんでしたが、それでも触れる部分は少しづつ様子を見ながら詰めてゆきました。乗って楽しい水準にはできたと自負しています。

 今年に入り、KTMの990アドヴェンチャー、BMWのXR1000に今回のドカティ・ムルティストラーダをローダウンしましたが、この手の車両は少し下げるぐらいが、街乗りではむしろ好ましいハンドリングを得られると思います。

 これは理論立てて検証していないのですが、重心を下げる方が剛性が高いというか、据わりが良くなる感触があります。下げ過ぎると問題点が出てきます。ですが元来は街乗り用の車両のサスペンションストロークを長くして車高をあげる事多いので、下げる事で普通のロードバイクになり、オフっぽい外観のアスファルト専用機となりとても好ましいバイクになります。
 

 これは今手掛けている動画と関連のある内容で、一つ前のブログにも書いたのですが、二気筒の重心は低めに設定されている事が多く、このムルティストラーダの様にカウルなどを備えると重心が上がり良い面が出てきます。しかし、車体全体として安定性の低いVツインエンジンを高い位置へ持ってゆくのは問題があります。

 難かしい問題なのです。重心は一点に集中した方が運動性はよくなります。しかしVツインによる低重心化と上部にカウルを備えて重心が引き上げら、分散した重量は運動性を悪化させる。わかりやすく言えば動きが重くなります。

 ヤマハのMT-09まさに上記の理論を地で行きます。エンジンレイアウトによる極端な低重心かが、ロードバイクの形をしたモタードの様な乗り味を作り出していますが、カウルを備えたトレーサーはハンドリングが劇的によくなっています。その原因はカウルがついて重心が上がっているからです。

 初期型のムルティストラーダを前後ショックのオーバーホールした経験では、純正のままでとても良い乗り味でした。それが徐々に変化し現行のムルティストラーダは少々歪なバイクになってしまっと思います。

 現行型も良い素材なので、少しづつ全体を整えればかなり楽しいバイクになると確信しています。

 

20205404128.JPG

 

そろそろ本気出出しますよ。ローダウンと電子制御。

 ドイツはザックスのダンパーですが、BMWやDucatiに用いられています。この電子制御サスペンションはなかなかの曲者です。

 これまでは何とか消耗品の交換を主にしたオーバーホールを行ってきましたが、ここ数年は依頼数も増え見慣れてきたら、完全分解の道筋も見えてきました。

 そろそろ本気を出してこのSachsのショックを完全分解してみようかと考えています。安い中古を仕入れたら作業してみますので、その時までどうぞお待ちください。

 写真のザックスはドカティのムルティストラーダの品です。これはローダウンの依頼で、シート高を40mm下げます。そちらは完成後に動画を作りますので、足つきに悩む方はどうぞご覧ください。

 

 

20205204956.JPG

KTM、990SM-T

 KTM/990ST-Mの前後ショックをオーバーホールです。

また後日、詳細な記事をあげますがWPは独特な仕組みを用いるので、その作業は少々厄介です。今度、WPに関しても動画にしてみます。

 

20205203056.JPG

二輪車を考える 第三回 V型エンジンと直列エンジンを正面から比較する

二輪車を考える 第三回

V型エンジンと直列四気筒エンジンを正面から比較する

 前回はバイクを横から眺め、エンジン形状が前後重量配分にどの様な影響を与えるのかを考えてみた。今回は正面からバイクを眺めエンジン形状が重量配分にどの様な影響を及ぼすのかを解説してみます。

BMWやMotoGuzziの様に縦置きエンジンではなく、クランクシャフトが車両を横切る、横置きエンジンに関して話を進める。

 正面方向からバイクを見ると、横からの眺めよりもエンジンが車体に与える寸法上の制約は少ない様に思える。その違いは「幅」くらいしかなさそうではあるが、実はその幅が大きな違いを生むのである。またはこうも言える。V型エンジンと並列エンジンに違いを「生める」のは正面から見たクランクシャフトの長さであると。

 正面からバイクを眺め、エンジン幅が広いと高い位置に搭載しなければ、バンク角を稼げない。逆にエンジン幅が狭ければ、低い位置に搭載してもバンク角の問題は起こりづらい。つまり、エンジン幅は搭載位置の自由度を決定している。

 図面 後日掲載します。

 では、幅と高さの両者がどの様にハンドリングと関連しているのかを、経験論から話してゆきます。

 クランクシャフトは回転する事で安定を生む。その幅が広ければより顕著である。すなわち直列4気筒はV型2気筒エンジンよりも安定性が強い。反対にV型二気筒のクランク幅は、単気筒よりも少し広い程度で、かなり狭いことが分かる。

 V型エンジンの幅が狭いという事は、低い搭載位置でもバンク角の制約を受けづらいので、搭載位置の自由度が高まる。直列4気筒はその反対である。ではどこにエンジンを置くのが良いのであろうか?

 この質問に対する回答は一つではない。アメリカンとスーパースポーツで仮に同じエンジンを使っていたとしても、搭載位置は大きく異なる。

 高い位置にエンジンを置くとどうなるであろうか? バンク角は大きく取れるし、重心は高くなり中立付近の据わりは良くなり一方、バンク角が深くなると高重心がバイクを地面へ呼ぶ事となり、良く倒れるバイクとなる。その反面、フルバンク付近で安定性に欠けアクセルを開けても車体が起きづらい現象が見られる。

 低い位置にエンジンを置けば、中立付近は軽く動き倒し込みも楽になる。他方、フルバンク付近では起き上がり小法師の様に、起きようとする力が大きく、この領域では重たいバイクになる。

 これはそのまま四気筒エンジンにも当てはまる。つまりは横置き直列4気筒エンジンは安定性の強い幅広のエンジンを高い位置に搭載しなければならない(Vツイン比較で)。
 ではここで実際の搭載位置とエンジン形状の違いを解説する。

 Vツインは直四に比べ、低くマウントできる。エンジン幅が狭いからである。しかしそれ以外にも重要な点がある。それは短いクランクシャフトは安定を生み出しづらいが、搭載位置が低い場合にクランクのジャイロ効果が弱いおかげで、フルバンク付近の立ちが弱いのである。この事が特に重要となる。

 逆に、高い位置にエンジンを置けばフルバンク付近の安定感は薄れる。という事はクランク幅の狭いエンジンを高い位置に置く事は安定感を得るのが難しくなる。反対に直列四気筒は、低い位置に置けば、バンク角の問題とともにフルバンク付近でバイクの立ちが強烈になる。
 この様に、バンク角だけでなくクランク幅により得られるジャイロ効果が変わる事で、搭載位置が限定されるのである。

 エンジンの幅による差は全面投影面積にも影響を与えるが、車体の幅を決める要素はリアタイアのチェーンラインが重要で、それはつまりリアタイアの幅と同義である。ホイール幅が変わらなければ、くるぶしの位置はある程度決まってしまう。つまりバイクを正面から見た時に張り出す足の位置はエンジンでは決まらない。ハンドル幅ももちろんエンジンに左右されないので、結論はタイアサイズという事になる。

 極端な話、空力の面では多少V型が有利ではあるが、それほど極端な違いはないと考えられる。

 空力に関しては門外漢なので、知見を持っている方からすれば、色々と意見もあろうと思いますが、そこは逆に教えて頂ければこちらも助かりますので、ぜひ教授頂きたいです。

 

SONY SRS-XB12

 今回はBluetoothスピーカーの話です。

 寸法はそれほど大きくありません。価格はアマゾンやPCデポなどでは八千円前後で販売されています。

202043019653.JPG 充電により10時間以上使え、充電を終え日中の使用ではバッテリー切れは起こりませんでした。350ccの缶ジュースの背を低くした様な大きさなので、持ち運びでも邪魔にならず良い寸法です。

 大きさが小さい事もありふくよかな低音ではありませんが、携帯電話の音よりは格段に良いので、オーディオ好きには満足できませんが、携帯電話の寂しいスピーカーを嫌うのであれば、良い品だと思います。

 音量はまあまあ大きくはなるが、爆音にはなりません。

 防水なのでお風呂で使えるのは嬉しいです。私のiPhoneは7のため風呂場には持ち込めませんが、防水機能があれば快適なお風呂タイムが演出できそうです。我が家の狭いお風呂ではそれも難しいのですが。

 比較の定義は他の品とどう違うのか?が重要です。このスピーカーをオーディオとして考えるのは無理があると思います。であればその比較対象は音楽デヴァイスではなく、携帯やPCなどではないでしょうか。

 一番良いのは携帯電話の相棒としてです。音量も大きくなるし持ち運びには便利だし、とても相性が良いと思います。

 次いでラップトップPCとも悪くありません。MacBookなどはスピーカーの音質は悪くありませんが、音が薄っぺらいのでこちらの方が良い音だと言えます。しかし、MacBookProの16インチくらいだとかなり音が良いので、下手なスピーカーは不要だと思います。

 iMacともなると素晴らしく良い音ではありませんが、このSRS-XB12よりは音量、音質など全体的にiMacの方がバランスが良く、あえてこのソニーを使う必要はなさそうです。

 やはり一番相性が良いのは携帯で、車やちょっとした軽作業でいつもと違う場所へ行く時に、重宝します。車ならドリンクホルダーに無理なくに収まるので、とても使い勝手が良く出番は多くなると思います。

 

 

2020430193545.JPG2020430193635.JPG

Bluetoothスピーカー

 サスペンションばかりではつまらないので、明日からPCの周辺機器に関しても書き記そうと思います。

 その中で最近いくつか購入したBluetoothスピーカーをとりあげます。といってもそれほどたくさん買ったわけでは無いので、持っている品を価格と使い勝手を考慮した内容から話してゆきます。

 スピーカーはソニーの品を三つ入手しました。価格帯も八千円、一万八千円、二万五千円の三種類です。時間のある方はどうぞお付き合いください。

 

ページ上部へ