ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG

SACRED GROUND STAFF BLOG

打ち合わせ

 今日は取引のある業者さんが来て下さり、来年の用品販売について話し合いを行いました。

 若い方ですが、色々とためになる話を聴かせてもらえて、とても良い時間を過ごしました。

コース選択、料金改定。

 フロントフォークのオーバーホールメニューを増やし、お客様の選択肢を増やす事で仕上がりの満足度と、費用対効果の充実を目指していますが、リアショックのオーバーホールメニューも同様に考えております。

 フロントと比較して、形状やメーカーにより価格がまちまちなために、分かりやすいパッケージに悩んでいるのですが、こちらも最高品質とコストパフォーマンスの間をどのようにつなげて行くかを課題に、お客様に喜んで頂ける選択肢を増やしてゆきたいと思います。

 

 20181128185146.JPG

 

 

人材育成、社員教育

 事業を起こした直後から、何かあった時のためにアルバイトを雇っていました。創業後2年程度たってからは常にアルバイトが居る状況でしたが、3年程前にアルバイトを社員にしました。

 そのころから、友人、知人ではない人間をアルバイトとして雇うようになりましたが、正直、人材育成や教育を考えた事はなく、雑談の延長で自分の考えを話す程度だったのですが、今年はそれを改善し教育に力を入れています。もちろん私自身が常に学習をしていなければ、あっという間にライバル企業に後れを取るため、動きを変えたというのも事実です。

 昨日は梅山、矢作とブレインストーミングをしましたが、梅山の発言の中で面白部分がありました。YSPさんでR6の試乗をしようか考えた時に、友人は保険等の諸費用千円を出し渋ったそうなのですが、梅山は千円を払っても乗りたいと思ったそうです。ヘルメットの持ち合わせがなく、試乗は見送ったそうですが、とても良い話を聴かせてもらいました。

 つまり千円を払ったとしてもR6の乗り味などを体感し、その価値観を手に入れたかったという事です。日ごろからの教育がその様に浸透し、とても嬉しく思います。

メルセデス・ベンツ C180試乗

こんばんは。アルバイトの梅山です。

先日、車を買い替えたいという友人についていき、メルセデスベンツの試乗に行きました。

ある程度の頻度で私もBMWのE90 320iに乗っていますので、メルセデスのCクラスにも大変興味がありました。

今年の9月にマイナーチェンジを受けたばかりらしいですが、私の試乗したC180は車体、エンジンにはほぼ変更がなかったそうです。主な変更は先進技術である、追突防止機能や自動駐車システムなど、走りにはあまり関係のない部分の様です。

新車から1か月も経たない車でしたので、全体的なシャッキリ感は素晴らしく感じました。エンジンは1.6のターボですが、低回転域のトルクはしっかりとあり、常用域で乗りやすく感じました。また9速ATという驚くべき装置でしたが、全くそのショックも感じません。

一番気になる車体の剛性やサスペンションの具合ですが、AMGラインというスポーツパッケージとなり、ダンパーも硬めになっているとの事でした。

乗ってみた感想は、とても好印象です。小さなギャップや凹凸に乗っても、硬さを感じるが不快感の無いバランスの良さを体感します。河川敷で少し踏んでみましたが、80km/h程度では恐怖感の無い、ドイツ車らしい造りでした。

あらゆる部分に電子制御や介入が入り、乗って楽しむという感覚はありませんでしたが、搭乗者に不快感や疲れを感じさせないという性格はよく分かりました。

共に試乗した友人は、自動車関係に勤めており、二輪車も好きな方です。その方にはあまり高評価ではなかったようですが、最新技術と今後の自動車の行く末を予想し、最終的にはまたバイクの話に戻っておりました。2018112722852.JPG

オーリンズのオーバーホール

 オーリンズのツインショックをオーバーホールしました。

 部品に関しては、輸入代理店のラボカロッツェリア様から購入した正規品を使い、オーバーホールしています。オイルもオーリンズ純正を使います。

 オーリンズの品質を保つため、代理店の担当者様と話をしたうえで、最善の手法を模索しました。オーリンズ本来の動きを求める方は、ご依頼ください。

 

 20181126124031.JPG2018112612420.JPG

CB400SFの純正ショック

 ホンダドリーム店様からの依頼で、お馴染みCB400SFの純正ショックをオーバーホール致しました。

 販売台数が群を抜いて多いので、作業実績もかなりの数に上ります。最近は純正の価格が高くなったこともあり、オーバーホールが相対的に安くなりました。ロッドの再メッキなどを含む税抜き定価は¥57,600でした。在庫も豊富にありますので、納期は最短で2日程度です。お急ぎの場合は問い合わせください。

 

 2018112612362.JPG

ゼファー750のリアショック

 大手販売店のサービス工場から依頼があり、ゼファー750の純正ショックをオーバーホールしました。

 上下焼き付けブッシュ、ピストンリング、バンプラバー、ロッド再メッキなど、殆どの部品を交換しました。ブラダは再利用しましたが、場合により、交換も行います。

 ゼファーはどの排気量でも楽しく乗れます。もちろん、社外品を入れると質感は大幅に向上しますが、根っこの部分ではとても良いバランスだと思います。価格に納得できれば、社外品でも純正オーバーホールでもお好きな方で良いと考えます。

 今回は定価税別¥59,200でした。

 

 20181126123034.JPG

ブレーキディスクキャリア製作

 カスタムショップ様から製作依頼があり、ブレーキディスクキャリアを造りました。

 PCD100の5穴です。こちらは税抜き¥20,000円でした。アルマイトなどは別途費用を頂きますが、オーディオパネルや車両メーカーの下請け工場など、用途と仕上げの質により、依頼先を選びます。ご希望がありましたら、問い合わせください。

 

 20181126121510.JPG

ステインレスカラー製作

 近所のお店から依頼があり、ステンレスカラーを製作しました。

 簡単なリング形状なので、材料費込み¥3,000程度で製作可能です。狙い通り100分台のずれもありませんでした。精度が必要な場合は、もう少し価格が上がりますので、依頼時に申しつけ下さい。

 

 2018112612920.JPG

新入社員が決まりました。

 本日、面接を行い新入社員が決まりました。

 来年の一月から働きに来てくれます。かなりの変わり者なので、今から楽しみです。

ページ上部へ