ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>図面

図面

ステッププレート完成

 RG500ガンマのステッププレートが完成しました。

 7075材で削ったので、表面が綺麗に仕上がりました。しかも10mm板なのですがカッターで厚みを整えてあるため、全面に削りの跡もあり寸法もぴっちり出ています。

 もっと見た目を良くするのであれば、12mm位の板材からエンドミルで細かく削り込み、いかにも削り出しといった感じに仕上げれば、格好良くなると思います。ただ、このプレートだけをその様にしても、一部浮いてしまうので、全体との調和が必要かと思います。

 色々な削り部品が作れますので問い合わせくだされば、対応いたします。
 ※フロントフォーク部品の写真は、削り込みの参考例です。

 

 20191030174628.JPG2019103017485.JPG20191030174829.JPG20191030174929.JPG20191030174952.JPG20191030175022.JPG

図面を作成しております

初めまして。社員の小野寺です。

入社から8カ月ほど経ちますが、はじめてブログを書きます。

 

今日はリアサスペンションのシリンダーヘッドの図面を作成しておりました。

まだまだ途中段階で、改善の余地も多くあります。

 

これまでにもフロントフォークのトップキャップやリアロッドを作成しましたが、

思ったよりも時間がかかっております。

前職でも自動車部品の図面を数多く作成してきましたが、使っているCADソフトの性能差があり

思ったように作れないのがとてももどかしく、悔しいです。

簡単な例をあげるなら1つのものを作るのに10工程必要か、5工程で済むか、といった差があります。

 

一つの部品を作るのに、いくつかの手法があり、どれが効率的で合理的かつ最短かを考えるのも

CADを扱う楽しみの一つと考えます。一つの答えにたどり着くまでに

どういった道筋があるかを考えると、思いもよらない所でヒントになっていたりするので、

一つのやり方に拘らず、俯瞰的に物事を考えていく重要性をCADを使っていると再認識できます。

 

使えていないツールも数多くあり、5工程ではできなくても7工程ならできる

といったことがまだまだあるので、動画を観るなどして日々手法を学んでより良い洗練されたものを

作っていく所存でございます。201996181310.jpg

 

 

 

ページ上部へ