ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>図面

図面

幾何学、図面、微分

 動画撮影のために情報を集めていました。

 バイクのリア周りは幾何学が支配していると思います。この辺りは数式で表す能力を持ち合わせてはいませんが、正直難しい事はありません。なぜなら円と直線を理解できれば、簡単だと思います。
 もちろん、より高度な理解のためには数式は必要です。

 スウィングアームの全長は長ければ変化が穏やかになり、逆は急激になります。

 下の絵をご覧ください。

 

2020429233047.png

小さい円は短いスウィングアーム、青い線は長いアームを持つ場合です。

 これを見れば分かるように、小さい円は半径分の高さ(X軸)を移動すると同時に左右方向(Y軸)も半径分移動します。

 対して小さい円の倍の直径を持つ大きな円は、小さな円の半径分を移動する間に左右方向の移動量は小さくなっています。その値は約27%です。

 この絵が証明したように、スウィングアームが長いと前後方向の変位が小さくなり設計値に近い特性が維持されます。

 これはプログレッシブ特性を求めるリンクも同様で、この円の上下と左右の変化量を組み合わせて、特性を作り込んでいます。

 数学の勉強はしないより、した方が圧倒的に良いと考えています。
 それはこの図形を説明する時でも楽になるからです。
この十分に大きな円弧の一部を切り取ると、曲線と直線が近似するのは肌感覚で知っていました。以前のブログにも書きましたが、地球上で水平線というもは存在しません。地球は半径が約6000Kmの球体です。つまり水面はR6000Km(半径6000Km)の曲面になっているのです。しかし、人間にとっては十分に大きな円である地球の表面は、平面に感じられる。つまり直線と曲線が近似しているのです。

 こういった日常の物理現象を捉えていれば、バイクや車の運動法則は理解できます。あのレオナルド・ダ・ヴィンチも幼少期は川の流れをずっと眺めていたそうです。
 私はレオナルドとは比較になりませんが、子供の頃から水が好きで海や川の水面をながめ波の運動周期を考えるのが好きでした。この事はサスペンションを相手にする今の仕事に無関係で無いように思います。

 

メモからPDFへ

 手書きの絵を動画に載せるため、見やすい手段は無いかと探したところ、すぐ発見できました。

 iPhoneのメモ機能から写真撮影をすると、きれいに平面へとデジタル処理を施してスキャナーで読み取ったように、綺麗にデジタルデータへ変換されます。

 これをエアドロップでPCへ飛ばせば、あら簡単。今後は昔描いた図面をこの手法でPCへ保存して行こうと思います。

 

 

2020429232154.png202042923239.png

モンローのダンパーを作業中

 旧車乗りにはマルゾッキやコニーが注目の的のようですが、モンローファンの方もいるようです。

 数年前に依頼いただいたモンローのオーバーホールを紹介したブログをご覧いただいた方から、新たに依頼がありモンローのオーバーホールを進めています。

 溶接タイプのダンパーはその性質上、どうしても大掛かりな加工を必要とします。今回も純正のボディーを削り取りアダプタを製作し再利用可能にします。30〜40年前の品です。開けると強烈なオイルの悪臭が周囲を包みます。

 リバウンドストッパーと呼ばれる衝撃吸収用の部品は朽ち果て、ボロボロになってダンパー性能に問題を起こしていました。それらの問題を解消し、製図を終えたこれからは、実際の部品制作へと写ってゆきます。2週間程度で作業をえる予定です。

 

 

20203179522.JPG202031795254.JPG202031795317.JPG202031795335.JPG

ステッププレート完成

 RG500ガンマのステッププレートが完成しました。

 7075材で削ったので、表面が綺麗に仕上がりました。しかも10mm板なのですがカッターで厚みを整えてあるため、全面に削りの跡もあり寸法もぴっちり出ています。

 もっと見た目を良くするのであれば、12mm位の板材からエンドミルで細かく削り込み、いかにも削り出しといった感じに仕上げれば、格好良くなると思います。ただ、このプレートだけをその様にしても、一部浮いてしまうので、全体との調和が必要かと思います。

 色々な削り部品が作れますので問い合わせくだされば、対応いたします。
 ※フロントフォーク部品の写真は、削り込みの参考例です。

 

 20191030174628.JPG2019103017485.JPG20191030174829.JPG20191030174929.JPG20191030174952.JPG20191030175022.JPG

図面を作成しております

初めまして。社員の小野寺です。

入社から8カ月ほど経ちますが、はじめてブログを書きます。

 

今日はリアサスペンションのシリンダーヘッドの図面を作成しておりました。

まだまだ途中段階で、改善の余地も多くあります。

 

これまでにもフロントフォークのトップキャップやリアロッドを作成しましたが、

思ったよりも時間がかかっております。

前職でも自動車部品の図面を数多く作成してきましたが、使っているCADソフトの性能差があり

思ったように作れないのがとてももどかしく、悔しいです。

簡単な例をあげるなら1つのものを作るのに10工程必要か、5工程で済むか、といった差があります。

 

一つの部品を作るのに、いくつかの手法があり、どれが効率的で合理的かつ最短かを考えるのも

CADを扱う楽しみの一つと考えます。一つの答えにたどり着くまでに

どういった道筋があるかを考えると、思いもよらない所でヒントになっていたりするので、

一つのやり方に拘らず、俯瞰的に物事を考えていく重要性をCADを使っていると再認識できます。

 

使えていないツールも数多くあり、5工程ではできなくても7工程ならできる

といったことがまだまだあるので、動画を観るなどして日々手法を学んでより良い洗練されたものを

作っていく所存でございます。201996181310.jpg

 

 

 

ページ上部へ