ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>アルバイトの矢作です。>CBR250R MC41

CBR250R MC41

筑波選手権を乗り切りました。

 今年の第一戦となった筑波選手権をどうにか乗り切りました。

 非常に予定の詰まった週末で、JP250のサスペンション開発と日常業務をこなしながら、本筋の56レーシング様のサポートを行ってきました。

 ウィークの水曜日に筑波でテストがあり半日参加し、木曜日の午前中はケミカルのスポンサーへ挨拶に伺い、かなりの時間を割いたので、週末の結果にはうれしいというよりも、一安心のほうがより当てはまります。

 今年から監督の方針で私と大槻の動きが変わり、去年とは大幅に仕事内容が違うのですが、換言すればより一般的になったということです。私どもの仕事は与えられた環境下で、最良の結果を得られる努力をすることですから、今後も順応すべく努力してまいります。

 これまでの4年間はCBR250R一筋にセットアップを進めてきましたが、今年からNSF250R担当となり減衰調整が付いたことで、どのように変わるか興味深かったのですが、CBRと違わずスプリングレートと車高でベースを造るのは変わらず、最後の味付けとして減衰調整がある感じです。以前に鈴鹿で川崎裕之さんから教えられた「サスの基本はバネ」は変わりませんでした。

 NSF250Rの埜口遥希君は2年目なので、ライダーの能力は心配ありませんでした。、車両が変わったのがどう影響するかと思いましたが、上記のように基本をCBR250Rで学んでいましたので、大きな問題もなく週末を終えられました。

 CBR250Rの渡辺瑛貴君は大槻との相性も良かったようです。去年の当社のダンパー開発チーム、SGFDDTで起用した事もあり、厳しい目で見てしまいますが久しぶりのレースに臆する事無く、表彰台を獲得し胸をなでおろしました。

 JP250のムクラダさんは、初の異国人ライダーとの仕事でしたが、通訳に監督が入ってくださったので、安心して仕事ができました。ですが、速いライダーなので起きる問題も難しい内容となり、次戦の全日本筑波に向けて、テストライダー兼チームメイトの桜井芽衣さんで十分な試験を行いたいと思います。

 ここ数年感じるのは、こうして大掛かりなチームに参加させてもらえる幸運と、スポンサーやお客様のありがたみです。当然ライダー育成の旗印を掲げたチームなので、そこを第一としていますが、皆様の助けなくしては成り立たないと、監督が話している通りだと強く実感します。

 2016314101448.JPG2016314101026.JPG2016314101048.JPG

筑波テスト

 昨日は筑波サーキットに納品へ出かけました。

 フロントフォークを改造した試作品をテストするためにチームと合流し、日中の数時間だけ訪れた筑波サーキットですが、到着直前に雨模様となり、ライダーも一斉に帰路につき、テストは占有状態で行えました。

 ドライ用としては全く機能しなさそうですが、期せずしてレイン用のセットを発見できたので良しとします。

 R25のFGをテストしていたチームからの要望で、もう1台サポートする事になりそうです。週末の筑波選手権で使い、良ければJP250で使っていただけそうです。

 帰路の途中にあるKⅡプロジェクト様で代表の北村さんと少々話をし、いろいろと為になりました。

 レースで納期が延びないように、努力いたします。

 201631054220.JPG201631054156.JPG

JP250へ向けて

 週末は鈴鹿サーキットで、CBR300のJP250仕様のテストを行いました。

 56レーシングとのドリームカップで得たデータと、昨年の筑波TTで得られた実戦経験をもとに、減衰とスプリングレートを決め、鈴鹿に持ち込みました。

 落としどころはわかっているのですが、あえてかけ離れたばね定数を選び、走ってもらったところ、問題なく走行できたので、良い情報を得られました。今後は筑波と鈴鹿を軸に、全日本のコースに合わせて参ります。

 R25のテストは茂木で行っていました。こちらはチームサポートではなく、ライダーの個人サポートで、チームとライダーとメカニックを信用できるので、ダンパー単体を渡して、一切をお願いしてあります。こちらはライダーの希望を造り込む形でのサポートです。

 今回の茂木テストで自己ベストを更新し、かなり良いタイムなので、手伝う身としては力が入ります。

 CBR300はFGの最高峰モデルFFX31(TTx構造)を2台。

 R25はFQT31と呼ぶ、旧来の46シリンダーとリザーブタンクをホースで連結したモデルを2台サポートいたします。

 2016229121813.JPG

 

 2016229121835.JPG

鈴鹿へ向けて

ただいま伊勢湾岸を進み、鈴鹿サーキットを目指しています。
向けて今週は遅れていた仕事がだいぶ進み、少しは気が楽になった中での出張です。

今年はタブレットにカメラなどのデジタル機器が充実したので、出張先からのブログ更新の質を高くできそうです。

今回のテストでは、FGのFFXを使用しますので、その内容も報告致します。

データロガーとR25

今年レースサポートを行うライダーの方が、筑波の走行画像を見せて下さいました。

去年まで使用していたメーカーと比較し、良い点、悪い点(実質ありませんが)を説明頂き、今後の細部の詰め方の参考になりました。

R25は2台FGで走り、二人のライダー共に実績も実力もある方々なので、開発の速度も上がりそうで、いまから楽しみです。

ちなみにCBRはFGのFFX(TTx)を使用し、これも2台走るので楽しみにしています。

201622122305.jpeg

ようやく決まりました。レースサポート2016

今年のレースサポートがようやく決まりました。

56レーシング様 CBRドリームカップ、NSFチャレンジ

JP250 CBR300 二台 全日本全戦
JP250 R25 一台 全日本 3戦
JP250 R25 一台 全日本 筑波、筑波選手権

今までと違い、かなりの台数を一気に相手にしますので、気を引き締めて参ります。

56レーシング様以外は全てFGを使用します。その他にも筑波選手権の泉沢さん、ZATOさん、篠塚さんを見に行きます。

昨日は大槻との話し合いから具体的な発想が生まれ、規則の厳しいJP250のフロントフォークをモディファイ(改造)する方向性が決まりました。現存する機構を組み合わせ、そこに以前からのSGVFで培ったデータを基にして、大幅に動きを変えられる内容です。

開幕までに設定を見つけて行きます。結果は報告致しますので、楽しみにしてください。

今季のレース活動が決まりました。

 本日連絡あり、今季のレース活動の大枠が決定しました。

 本年は自社主導のSGF・DDTは活動を行いませんが、それ以上に忙しい年になりそうです。

 56レーシング様との活動については、チームの体制発表会以降に報告いたします。それ以外には筑波選手権でJP250のサポートを行い、他のJP250もサポートが決定しました。

 会社の日常業務に支障のでないよう、工場長の木村がレース開催週は土曜出勤し業務を行います。

 日曜日は代表の新保が必要に応じて出勤いたしますので、ご用命の際はお気軽に問い合わせ下さい。

 トラックエンジニアの大槻は、平日の業務と週末のレースサポートを行います。

 今後もオーバーホールとレースサポートの依頼を、心より待っております。

 

久しぶりの筑波

 本日は昨年以来の筑波へ足を運びました。

 JPに向けたR25の動きを確認したりと、レースのサポート業務を中心とした一日ですが、先ほど帰社し早速納車や納品などがあり、日曜日でも忙しくさせて頂いています。

 今季のレース活動が形になり、発表は56レーシング様を待ちたいと思いますが、忙しいのと楽しいのが同時に到来しそうです。

 201611717500.JPG2016117174648.JPG

ヤマハ、R25の進捗

 JP250に使うR25用FGを開発しています。

 46シリンダーを使ったリザーブタンクホース連結型のFG、FQT11の試作を行い、来年にはFQT11とFFX11(TTx構造)の2セットをラインナップします。

 価格はFQT11が¥128,000(税抜き)FFX11はJP250特別価格¥150,000を予定しています。

 その他、CBR300R(250も)今年の筑波TTで得たデータを基に、現在完成品があります。こちらはFQE11,FQT11,FFX11を用意していありますので、問い合わせ下さい。

 

ダンパー開発の続き、JP250

 渡辺瑛貴君を起用し進めている、ダンパー開発「SGMFG」シリーズと「SGVF]シリーズのテストで、ツインリンクもてぎを走行しました。

 渡辺親子のみで走行してもらいましたが、約2年ぶりとなるもてぎ走行で、ベストを2秒更新し(旧型なのを考慮しても、よいタイムでした)、筑波のセットのまま持ち込んだ車体は、もてぎにより合っていたようです。ライダーと話をしたなかで幾つかの課題を確認できたので、次回の走行にはフロントをもう少し、動く方向に変更しようと思います。

 来年から始まるJP250には、全日本の広いコースに合った足回りを提供できそうです。

 

ページ上部へ