ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>キャンペーン

キャンペーン

RZV500のセッティング

 昨日はYSP杉並南様へ行き、納車を済ませていたRZV500のサスペンションセッティングを行いました。

 納車前に基本的な動きは合わせていおいたので、パッと乗ってもかなり良い感触でした。自分が乗るにはかなり好みに近いのですが、お客様はもう少ししなやかに動かしたいと希望されたために、意向に沿うようなセットを模索しました。

 全体の動きは良かったので、その動きはそのままにもっと低い荷重でサスペンションが反応するように仕立て直しました。リアのイニシャルを主に変更しそれに合わせ減衰も変え、フロントフォークはイニシャルを半回転だけ抜いて完成です。

 その場にお客様はいらっしゃらなかったので、店員の佐野様に試乗頂き、今回のコンセプトを伝え完成しました。

 RZV500は2ストの四発らしい気持ちの良いエンジンで、特に7000~8000回転以上は官能的です。それほど速度が乗らなくても楽しいので、とても良いバイクだと思います。ガンマ500もサーキットと街乗りの両面からセッティングを行った経験があり、その時もエンジンの気持ちよさは特筆すべき物がありました。2ストの四気筒は手に入れる機会があれば、おすすめしたい一台です。

 

 20181019113247.jpg20181019113412.jpg20181019113428.jpg

BT1100の完成も近い

 昨晩、アルバイトを終えた梅山が、私の愛機たるBT1100ブルドッグの作業を進めてくれました。

 チョークレバーを引かなくても、スターターを回せば即座にエンジンがかかります。アイドリングも軽やかで、バルブスプリングのセット荷重を減らした効果を感じます。そこから軽くアクセルを開けると圧縮を上げた影響か、かなり力強い回り方でトルクを感じます。

 早く車検を通し乗ってみたいと思いますが、最後の難関である前後ショック製作が待ち受けています。今週中には目途を付けて、来週車検へ行けるようにしてみたいと思います。

 

 201810178393.JPG2018101783926.JPG2018101783946.JPG

キャンペーンの車両が入庫

 ヤマハのWR250Xが入庫しました。

 前後ショックのオーバーホールに加え、スプリング交換や減衰を変更するかなり大幅な変更を施します。

 この方は以前にセッティングでZRXダエグを依頼下さり、それを気に入ってもらえ、続いて今度はWRの足を仕立て直す依頼を頂けました。

 詳細はブログで報告しますが去年製作したCRMに続き、街乗りで楽しいモタードを仕上げてみたいと思います。

 

 20181099811.JPG20181099521.JPG20181099639.JPG

 

MV・Agusta、過去の製作事例

 数年前にキャンペーン企画で販売した、前後FGのセットを取り付けたMVアグスタです。

 問題はABSユニットがリアサスの近くにあるため社外品に選択肢がなく、それをよけるべく何とかしてみました。

 ユニットをずらし、ダンパー側も各部を調整して当たらないように配慮して完成です。ABSユニットをずらすだけで数時間を要しましたが、無事に完成し胸をなでおろした思いがあります。

 これをもとに、今年も一本MVアグスタ用のFGが売れたので、過去の努力が結実した事に喜びを覚えました。

 

 20181058419.JPG201810584210.JPG20181058433.JPG201810584355.JPG

10月のキャンペーン、エンジンオイル

 8月、9月と車体セットアップのキャンペーンが好評を頂き、お客様には非常に高い満足を得て頂いたと同時に、作業した私どもとしても、楽しいバイクに仕上げられ、お客様の満足と同等の喜びを得ることが出来ました。

 10月のキャンペーンは前後サスペンションのオーバーホールと一緒にセッティング依頼を頂いた方にヒロコーのエンジンオイル交換をサービス致します。

 使うオイルはヒロコーの社長・飯盛様と相談をして、エンジンの形式、使い方により最適なオイルを選びます。値段の高い安いは関係なく、最適を考えます。

 サスペンションオーバーホールと車体セッティング、更に感覚に訴えるエンジンオイルの同時交換から得られる、官能的なバイクを体験して頂きたいと思います。

 

 2018930153644.JPG

 

 

CB1300SF・SC54のセットアップが完成

 昨夜から続いた雨も朝には止み、昼過ぎには路面がほとんど乾いたのでCB1300SFのサスペンションセッティングを行いました。

 これまでに、一番大切な部分の動きは梅山に造らせておいたので、それらを取りまとめる作業から開始しました。しかし核となる部分は出来ていたとはいえ、作業量は多く残されていました。まずフロントフォークの突き出しを変え、リアのイニシャルを変え、リアの車高を変え、アクセルワイアーの遊びを調整して、やっと本格的なセットを出す下地が完成し、ここからは微細な変更を繰り返します。

 フロントの動きがしっくりこないので、イニシャルを1/4や1/8回転締めたり緩めたりを繰り返し、ある程度納得したところで、リアも同様にイニシャルを動かし、次いで前後の減衰を変えてゆきます。一通りまとまったところで、大槻と梅山に試乗を行ってもらい、方向性に問題が無いかを確認して、少し休憩した後にまたテストを開始します。

 一度休憩をはさむのはセッティングに入れ込むと視野が狭くなるため、間を入れて一度感覚をフラットにしてから取り組み直します。やはり少しづつ硬くなっていたので、前後とも少し大きめにイニシャルを抜き、前後を同調させてそこに合わ減衰も抜き差ししました。

 セットを大きく変えすぎて少しの失敗もありましたが、それがまた新たな発見となり、セットアップを一段上に押し上げる結果となりました。とは申しましても、これまでと比較して飛び抜けて良くなったというよりも、薄皮一枚破る程度の進化です。しかし、いま私どもが提供しているレベルで薄皮一枚分上に進むのは、なかなか骨の折れる作業です。このCB1300SFではこれまでと同じ枠の中に納めない、必ず上に到達すると決意して取り組んだため、納得できる仕上がりです。

 当社のセッティングは金額で分けると一万円、二万円、それ以上となっています。その仕上がりは「大きな枠で見るとでまとまっている」、「大枠の内部を腑分けし、質感の高いバランスを求める」、その上は今回のCBにおいて実現した「緻密に仕上げた車両は、それと解らない程に普通の乗り味に感じる」です。これは今年作業をしたポルシェ911のような「緻密さを極めることが、乗り手に至って普通の良い車だと感じさせ、一つ一つの車の動きが造り手の意図を表す」を理解したことによって発見した領域です。

 ポルシェに限らず、二輪、四輪、建築物、全ての物は見識のある造り手による作品であれば、全てに意味を持ちます。あるカーデザイナーは線の一本一本に意味がる、と言っていました。逆に意味の分からない線は考えずに造られた品だと言い切れます。そのため、バイクの造り、乗り味においてもその真意を問われた際に返事を出来なければ、本物ではありません。逆に意味のある造りや乗り味ならば、造り手でない私にも解説できます。これは意味があるから、しっかり伝わり説明が可能なのです。

 

 

 201892619443.JPG20189261957.JPG

 

 

来月のキャンペーンも予定しています。

 先月に引き続き、サスペンションセッティングのキャンペーンが好評のため、10月も少し形を変えてサスペンションセッティングのキャンペーンを続けます。

 サスペンションセッティングと表現し、変更しているのはサスペンションですが、セッティングしているのは別の物です。つまりセッティングの対象は別にあり、フロントフォーク、リアショックは手段としての変更を施します。これまでにセッティングを施したお客様なら、真意が伝わると思います。

 この対象に関しては今のところ公表していませんが、身内の中では共通言語として認識済で、お越しいただいたお客様にも説明を差し上げています。ぜひ、このセッティングを通して楽しいバイクに乗って頂き、人生の彩にしてほしいと思います。

 

 201892583840.JPG

 

RZV500納車、キャンペーン

 昨晩は納車のためにYSP杉並南様へ行きました。

 葛西にも納品があり、そこから2時間以上もかかりました。雨も強く振っていましたが、そのような中でもYSP杉並南様にはお客様が大勢居り、お店の繁盛も喜ばしいですし、バイク好きはまだまだ存在していると分かり、嬉しくなりました。

 納車したRZVは前後サスのオーバーホールに加え、セッティングキャンペーンで調整を行う予定でしたが、天候に恵まれずセット出しはまた後日、お客様から時間を頂き施す予定となりました。

 

 2018922102131.jpg201892210223.jpg201892210213.jpg

セッティングキャンペーン、継続中です。

 先月から形を変えながら継続している、セッティングキャンペーンが(当社比で)好評いただいています。

 爆発的な人気という訳ではありませんが、定期的に問い合わせを頂き、入庫も頂いております。写真はヤマハのRZV500ですが、リアサスにFGがついています。これは数年前にあるお店から依頼があり製作しました。今回はたまたま別のお店を通して前後サスのオーバーホール依頼があり、車体丸ごと作業を行います。

 前後サスペンションのオーバーホールは、フロントにカートリッジ、リアがモノサスの場合約10~13万円が相場となります。内部変更やスプリング交換などのダンパー特性を変更すると、総額で16~20万円ほどの予算をみていただけると助かります。

 質感の高いサスペンションのストロークを演出し、個々のバイクが求める車両運動を実現し、長く楽しく乗り続けられるよう考えセットアップを行っています。

 

 2018919141724.JPG2018919142245.JPG2018919142341.JPG

ドカティ、ムルティストラーダの試乗

 前後サスオーバーホールのキャンペーンで依頼を頂いた、ドカティ・ムルティストラーダが作業を終えたので、セッティングを行いました。

 車格はあるように見えますが二気筒なので全体の幅は細く、そのボリューム感はカウルで作られています。

 フロントフォークもリアサスもSHOWA製です。前後とも交換可能な部品は全て交換してあります。組みに関してはスライドメタルの変形などに気を使いながら、細かい仕上げを行っています。それもあり、単体で動かした時の作動感はかなり良好です。

 跨って直ぐにリアの硬さが気になります。走り出してもやはり同じ印象で、フロントの柔らかさも目立ち、ちぐはぐな車両でした。そこで、リアはイニシャルを最弱にし、圧の減衰調整を全抜き、フロントのイニシャルはどんどん増して、自然な沈み込みになるまで調整しました。このフロントはストロークが多く取ってあり、減衰も十分な変化を起こすためとても好印象です。それに反して、リアの硬さは少々きつ過ぎます。私のように体重だけは欧米並みの人間でも、度が過ぎると感じました。このままのスプリングレートで調整するならば、もっとイニシャルを抜いたほうが良いと思いますが、油圧アジャスターはそれ以上変化させられないので断念し、他で帳尻を合わせました。

 ツインプラグのエンジン、1000DSはかなりパワフルでとても速いので、それに合わせしっかり受け止める足回りにすれば楽しいバイクに仕上がります。お客様にも試乗を行ってもらい、変化を十分に感じ取り楽しい車両になっていたと評価頂きました。

 少し冷めていたバイク熱に、オーバーホールとセッティングでまた火が入ると、作業をした身として嬉しく思います。

 

 201891885958.JPG20189189032.JPG201891885829.JPG

ページ上部へ