ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>キャンペーン

キャンペーン

開業月キャンペーン LINE@ ID @lig7244n

 今月は開業月なので、豊富なキャンペーンを用意しました。

 前回好評だった前後サスペンションオーバーホール依頼で、ヒロコーのオイル無料交換。

 前後同時依頼で、脱着工賃無料。

 上記二つのうち、希望の一つを選んで頂きます。両方とも7月末日受付分まで、対応致します。どしどし依頼ください。

 他にも並行して、6月、7月のキャンペーンも準備中なので、期待してください。

 

 201753225359.JPG

5月のキャンペーン、13年目

 5月は当社の開業月です。色々ありますが、13年目を迎えられそうです。

 特別なキャンペーンを用意していますので、明日の発表を期待してください。

 

今月のキャンペーン

 今月のキャンペーンは「シェフの気まぐれ」のようなプレゼントです。

 ZX-12Rの前後ダンパーオーバーホールを依頼頂いたお客様には、ヒロコーのヒートカットを贈りました。

 12RはFGのリアサスFSM31に、フォークはオーリンズのスーパーバイクキットを仕様変更で組み込み、マルケのアルミ鍛造ホイールと、ヨシムラのフルエキという、当社にとっては大掛かりな改造を施した事例があり、かなり乗り込んだ思い入れのある一台です。今その車両は広島高潤の社長所有となっています。

 それらの経験を活かして、今回のセットに役立てました。フォークは少しだけ改造を施し、リアは完全なオーバーホールです。インナーチューブの研磨は、ブラケットを外してしっかり磨いてあります。

 20174817212.JPG201748172128.JPG201748172254.JPG

3月のキャンペーン、DEENプレゼント

 今月のキャンペーンを遅ればせながら発表致します。

 前後同時にサスペンションオーバーホールの依頼を頂くか、オーバーホールとFGの購入などを頂いた方に、千葉県柏市で始まった工具会社ファクトリーギアのオリジナルブランド「DEEN」のラチェットをプレゼントいたします。差し込み1/4という狭い場所で使いやすく、手のひらに収まるなじむ寸法です。

 自分ではコーケン、ファコム、マック、KTC、スタビレー、ベータのラチェットも使いますが、ディーンも用います。それほど高価な品ではありません。ですが、その気軽さも手伝ってサーキットや自宅でも使用頻度は高くなると思います。

 バイクに乗るのも楽しいですが、ちょっとしたメンテナンスも楽しんで頂きたいと考えて選びました。

 LINE@からも申し込みできます。気になった方はぜひ連絡ください。IDは @lig7244n

 

 20173819145.JPG20173819126.JPG2017381917.JPG

VTR1000SP1、キャンペーンのオイル交換

 SP1のメンテナンスを終え、2月の企画「エンジンオイル無料交換」も同時に終えました。

 車体の方は純正をオーバーホールしただけですが、フロントはオイルロックピースにバイパスポートを開け、実ストローク量を増やしました。それと同時にMCナイロンでスプリングカラーを延長して内部でイニシャルを12mm足しました。

 リアは固着していた伸びの減衰調整ダイアルを修理して、元に戻し、消耗品は全て交換しました。

 SP1はVツインのスーパースポーツの中では大柄で車重もありますが、その車重がタイアを路面に押し付けるので、乗り手に楽をさせてくれます。しかし車重はありますが、重量バランスが良いので街乗りや峠道なら、その重さが邪魔にはなりません。エンジン特性も含め家から峠道を走り、帰路も楽しく過ごせる車だと思います。

 今回のキャンペーンはヒロコーの飛竜15W-50を入れました。滑らかな回転と、2気筒らしい鼓動が感じられる楽しめるオイルです。2気筒でもヒロコーをはじめ4~5種類のオイルを試した結果、同オイルを勧めています。ただ、オイルはエンジンや人との相性があり、必ず飛竜が良いわけではありません。ご自身で多くの種類を試して、好みの油を発見できればより楽しみも増すはずです。その中からヒロコーを選択して下されば幸いです。

 

 2017362025.JPG20173620146.JPG20173620125.JPG2017362011.JPG

VTR1000SP1のサスペンション

 茨城県のウエストウッド井原商会様から紹介頂いたお客様の、ホンダ・VTR1000SP1の前後サスをオーバーホールしています。    

 当初はフロントフォークのオーバーホール、インナーチューブを一本新品に交換とスプリングカラーの変更程度の内容でした。その後、乗り味を調えるべく、試乗を行い車両パッケージを整えるつもりでしたが、リアダンパーに不具合が見つかり同時にそちらもオーバーホールさせてもらえる事になりました。

 前後サスペンションのオーバーホールとなったことで、2月のキャンペーン「オイル交換無料」の対象となり、ヒロコーの飛竜に交換させていただきます。

 前後のオーバーホールとエンジンオイル交換に加え、車両パッケージの再デザインを進めることで、10年以上前の車両もまた素晴らしく楽しい乗り物になると思います。この様な仕事はとても楽しく、喜びを感じています。

 

 20173210563.JPG201732105532.JPG

GPZ900Rに乗る

 昨日は川崎からお越しいただいたお客様のGPZ900Rに試乗しました。

 ベースセットに悩み、良い乗り味を求めていらっしゃいました。そう申しましても「良い乗り味」とは人それぞれなので、私自身が良いと思える乗り味を試乗頂き、その方向性に納得してもらったうえで、更なる乗り味の変更を施しました。

 今年は自身のBT1100を題材にリアにFGのFFX31を使い、フロントには自社製カートリッジキットSGCFとFGのPressioneZeroを実際に乗って頂けるようにします。

 今年の当社のコンセプトは「乗り味をデザインする」です。デザインは見た目でだけでなく、乗り味という感覚性能と予算も含み、それらを10年楽しめる車両に仕上げるのが目的です。あるお客様の言葉で「仕上がった車両に乗りすぐには理解できなかったが、乗り込むほどになぜこの様に仕上げたのかがわかってきた」と。

 わかりやす即効性も大切ですが、10年以上たっても色あせない車両に仕上げることが、一番大切にしたい核になる部分です。それほど安い価格で出来る事ではありませんが、前後サスペンションのオーバーホールや、FG、SGCFなど前後セットで依頼頂いた場合には前記のコンセプトを基に車両を仕上げます。枝葉の理論ではなく、哲学から得た知見を基に模範を展開し、その上で細やかな理論を当てはめなければ、その場しのぎの物しかできないと思います。

 2月のバレンタインキャンペーンでも、このコンセプトに従った内容になっています。ぜひ試してください。

 

 201725171816.JPG201725171659.JPG201725171631.JPG201725171538.JPG201725171514.JPG

 

バレンタインキャンペーン詳細 

 前後ダンパーのオーバーホール依頼頂いた方に、エンジンオイルの無料交換を提案しています。

 2月受付分まで有効なので、ヒロコーのエンジンオイルを試してみたい方には、とても有益です。エンジンオイルの違いも楽しんで下さると嬉しく思います。

 LINE@ ID @lig7244n を登録くださった方にも特典がありますので、ぜひ登録して連絡してください。

 

エンジンオイル交換プレゼント

 2月のキャンペーン内容が決定しました。

 前後サスペンションの同時オーバーホールを依頼頂いた方か、FGの前後サスペンションを購入頂いた方にバレンタインプレゼントとして、エンジンオイルを無料交換致します。

 オイルはヒロコーのオイルを当社が車種別に選定し、提案いたします。価格に拘らず、車種やエンジンに一番合ったオイルを選びます。ヒロコーさんにも協力を仰ぎ、ステッカーのプレゼントもありますので、お好みの物を選んで頂けます。

 選ぶオイルはM4,スペックR,飛竜、ボローニャなどです。エンジンオイルの特徴も併せて説明致しますので、ヒロコーオイルのプロモーションの意味も兼ねています。サスペンションだけでなく、エンジンオイルでもバイクを楽しんでもらえれば幸いです。

 期間は2月受付分です。どうぞご依頼ください。

 

 2017125225652.JPG

試乗を終えました。

 MVアグスタ・F3の試乗を終え、車体が完成しました。

 3気筒なのでエンジン重量はそれなりにあります。そのため、四気筒に近い感じのセットにしました。ただ、1000ccほどの加速と重量はないので、600ccの動きにより近いと思います。

 フロントのスプリングはFGが8.8Nmを送ってきましたが、考えた末に9.3Nmへ変更しました。シム組はほんの少し変えましたが、ほぼイタリアから届いたままです。なかなか良い設定でした。リアのバネは85Nmです。他メーカーもこの辺りの数字になっているようです。

 今後はABSユニットの逃がし方を確立すれば、安心して販売できる素晴らしい製品でした。

 金額はフロントのキットが¥238,000。リアのFFX31jは¥197,000.取り付け工賃はABSの逃がし加工抜きで¥40,000です。非常に高価ですが、それ以上の価値を届けられる、上質な車両に変貌するための要素だと感じました。

 今後は自身のBT1100に同様のセットを考えています。このキットの販売数を増やし「また乗りたくなる、楽しい」車両を増やしてゆくことで、お客様に喜んでいただきたいと思います。

 

 2017121181833.JPG

ページ上部へ