ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール

オーバーホール

F40のダンパーが完成

 先日から依頼頂いていたフェラーリのF40・コニが完成しました。 

 単なるシール交換だけでなく、部品同士のクリアランス、面の仕上げ、シリンダー内壁の研磨など手を入れられる点に関しては、とことん尽くしています。

 いつかF40用の自社製(又はFGで)ダンパーを造りたいと考えています。そのために色々と仕掛けを施さなければなりません。毎日仕事が楽しくなる一方で、幸せな日々を過ごしています。

 F40はイタリア語で「エッフェ・クゥワァランタ」と言います。皆様がイタリア語に興味を持つ日が来ましたら、活用ください。

 

 20181215194949.JPG

 

 

七五三、本日は半分休業

 今日は息子の七五三です。

 柏市内にある神社へ出かけ、その後で会社に寄り私の父に孫の衣装を見せる予定で居ります。と考えていたところ、柏市内に住む方から電話を頂き、フロントフォークの改造に関する相談をしたいとの事で、午後から出社になりました。

 自営業の私としては休日でも夜でも仕事の依頼があると嬉しく思います。皆様もこちらの都合など考えず、ご自身の要望をどんどん伝えてもらえると嬉しいです。

 

BMWのオーリンズ、正規取扱店

 東京のBMW・モトラッド様からの依頼で、BMWの前後ショックをオーバーホールしています。

 当社はオーリンズの正規取扱店のため、使う部品はラボカロッツェリア様から仕入れた正規品です。オーリンズは多くのお店がオーバーホールを扱うため、そのオーバーホールの品質にむらがあり、問題視しているそうです。オーバーホール用の部品もコピーが出回り、オイル、作業手順も良く分からないまま作業を行うそうで、折角の品が性能を保てない点について歯痒いと担当の方が仰っていました。

 オーリンズは使い勝手の良さや部品入手の確実性、仕様変更により理想の性能を得られる点、新型フロントフォークの性能の高さをお客様に体感して頂きたく、オーバーホールや販売を行っています。

 本当のオーリンズの性能を体感してみたい方は、連絡ください。

 

 20181215193223.JPG20181215193325.JPG20181215193345.JPG20181215193854.JPG

CB1300SFを納車

 本日は寒い中にもかかわらず、バイクを引き取りにお客様がお越しくださいました。

 先週預かり、前後ショックをオーバーホールしたCB1300SF/SC54です。タイア以外は全て純正状態です。キャンペーンでセッティングが付帯し、その効果を感じていただくために、あえてほぼそのままの状態から、セットを変え試乗してもらいました。

 少しの変更がバイクを大きく変えるのを体感されたようで、楽しんで下さいました。

 先週の日曜日に預かった際、タイアを観察しライディングに問題点がある事を指摘し、代車のZRX1200Sに乗りその問題点を直ぐに確認できたそうです。その問題点は腕の力の入れ方なのですが、ご自分では認識がなく言われて気づいたと仰っていました。反して、指摘されると一般の方でもちゃんと理解できるという事です。この様に、無意識を指摘し意識に変えて行けば、セッティングもライディングもあっという間に向上して行きます。当社はサスペンションのオーバーホールとセッティングを主にしていますが、お客様のライディングに問題がありそうならば、話をさせてもらい、少しでも良くなるよう心がけています。要はお節介なのかも知れません。

 お客様には喜び、楽しんで下さったようで、良い仕事が出来て満足でした。

 

 2018121519208.jpg20181215192239.JPG

ダブルシステム

 昔はドゥカティワークスで使用されていたらしい、ダブルシステムのダンパーを修理しました。

 オイル漏れを直すことが一番の目的でしたが、お客様と話をする中で、ちゃんと使える品かどうかが議論の的になりました。エアサスの問題点は漸進性にあります。ストロークが浅い部分と深くなった時のリニアな感触を得られません。これを解消するにはスプリング用のエアタンクを複数用意し、次々とタンクを切り替えることで上から下まで綺麗に動かすように出来るはずです。事実、昔のドカティワークスに使われていたダブルシステムには、複数のリザーブタンクが用いられています。

 お客様に提案したのも、同様の手法です。ただ、一品物で作るには時間とお金がかかるため、実際にその依頼を下さる方が現れるまで、構想や改造計画を練る事にします。 

 

 20181214202443.JPG2018121420270.JPG

キャンペーン企画、好評受付中です。

 前後サスペンションのオーバーホールや、FGの販売に関してキャンペーンを開催中です。

 今月に入りお客様から受注を頂いていますが、まだまだ受付しておりますので、興味のある方も内容だけでも聞いてみたい方でも、メールや電話、SNSなどから連絡ください。

 各キャンペーンの内容は、ホームページのブログのコンテンツにある「キャンペーン」で確認ください。

 

20181212204254.JPG

Ferrari F40のコニー

 本日、F40のダンパーが届きました。

 軽くばらしましたが、オーバーホールは問題なく進められそうです。F40用にFGか自社製でダンパーを造ってみたいと思いましたが、もし希望される方がいらっしゃいましたら、連絡ください。 

 

 2018128225437.JPG2018128225713.JPG2018128225731.JPG2018128225749.JPG

スイフトスポーツ用ビルシュタイン、試乗

 この二日間はスイフトスポーツに取り付けたビルシュタインの試乗を行っていました。

 自宅への帰り道を主にテストしています。毎日通る場所なので、かなり詳細な情報を確認できます。

 先ず、取り付けて感じたのは動きの硬さです。ゴツゴツとして安価なダウンサスと大した差を感じません。これでは折角ビルシュタインを買った意味が無いと思いました。お客様が求めるのは、一流メーカーによる素晴らしいハンドリングと乗り心地だからです。しかし、取り付けてそのままで理想のセッティングだとは私も考えてはいませんでしたから、早速取り外し朝から分解を行いました。

 シム組は思った通りの内容でした。「多分、こういう組み方だろうな」と予想した通りです。そこで「こうすればこうなる」と感じた通りのシム組を行い、前後ともに完成させました。試乗はこれから行います。

 当社はビルシュタインの専門店でもなく、オーバーホール部品の供給もありません。そのため、色々な手法を駆使して作業を可能にしています。ガスバルブも増設し、調整できるようにしました。街乗りであまり高いガス圧は、硬さに直結するため私の好みません。もちろん低いガス圧にも悪い点はありますし、高いガス圧の利点もあります。その両者がバランスする辺りを狙います。

 ビルシュタインに限らず、四輪のダンパーはエア抜きが真空ポンプを使えない形をしています。何か特殊な方法があるのかと常日頃から考えていましたが、今回の新品ビルシュタインを分解することで、その回答を得ました。

 減衰固定型ビルシュタインの性能を大幅に上げる手法を考え出したので、依頼頂いた方には今後提案して行こうと思います。

 

 2018128174242.JPG2018128174448.JPG2018128174511.JPG2018128174531.JPG2018128174549.JPG

リチウムインバッテリー

 BT1100のバッテリーはBSTの扱うEVOTECを使っています。

 リチウムは使用方法を気を付けないと、問題が起こると聞いていますが、通常の乗り方ならばこれまでは何も起こりませんでした。始動性の高さやエンジンのトルクは明らかに変化を感じられる物です。

 遅れに遅れていますが、年内には車検を取得し、年明けからツーリングを開始します。

 

 201812720926.JPG

ZRX1200S登録完了

 プロモーションや代車に使うために仕入れたZRX1200Sが、本日登録を終えました。

 早速日曜日に代車として活用しますので、代車を希望される方や、サスペンションを改造した時の乗り味を体感したい方は遠慮なく連絡ください。

 

 20181272023.JPG

ページ上部へ