ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール

オーバーホール

RZV500のセッティング

 昨日はYSP杉並南様へ行き、納車を済ませていたRZV500のサスペンションセッティングを行いました。

 納車前に基本的な動きは合わせていおいたので、パッと乗ってもかなり良い感触でした。自分が乗るにはかなり好みに近いのですが、お客様はもう少ししなやかに動かしたいと希望されたために、意向に沿うようなセットを模索しました。

 全体の動きは良かったので、その動きはそのままにもっと低い荷重でサスペンションが反応するように仕立て直しました。リアのイニシャルを主に変更しそれに合わせ減衰も変え、フロントフォークはイニシャルを半回転だけ抜いて完成です。

 その場にお客様はいらっしゃらなかったので、店員の佐野様に試乗頂き、今回のコンセプトを伝え完成しました。

 RZV500は2ストの四発らしい気持ちの良いエンジンで、特に7000~8000回転以上は官能的です。それほど速度が乗らなくても楽しいので、とても良いバイクだと思います。ガンマ500もサーキットと街乗りの両面からセッティングを行った経験があり、その時もエンジンの気持ちよさは特筆すべき物がありました。2ストの四気筒は手に入れる機会があれば、おすすめしたい一台です。

 

 20181019113247.jpg20181019113412.jpg20181019113428.jpg

またまたBituboのステダン

 お客様には少々お待ち頂いたのですが、ビチューボのステアリングダンパーが作業を終えました。

 シリンダーと同軸にガス室を持つために、通常以上の特殊工具を要します。このステダン用に今年に入り新たに製作しました。

 オイルシールや消耗品を交換した作業工賃は、¥36,000税抜きです。部品が破損している場合には、造り直したこともあります。外観はカーボンシリンダーですが、実際は鉄のシリンダー外周にカーボン外装を取り付けてあります。

 ビチューボはBituboと書きますが、イタリア語をそのまま書き表すと「ビトゥーボ」となります。写真のステダンを送って下さったお客様はそれをご存じでした。多分イタリア語を知っているのではないかと推察します。

 

 2018101810473.JPG20181018104728.JPG

 

 

 

TRX850のシリンダーヘッド面研

 アルバイト梅山のTRX850は現在メンテナンス中、というよりレストアと称すべき作業を行っています。

 その中で折れたスタッドボルトを外すため、シリンダーヘッドを外しました。ついでにヘッドも1mをmの面研を強行しました。旧知の加工屋さんから助言頂き本人も乗っていましたが、ハイオク仕様になったり、冷却を強化したりと作業項目が増えたのではないかと危惧しています。しかし、本人は満足気なので、しばらくは放っておくことにします。

 

 20181018102652.JPG20181018102755.JPG

ドカティ、ショーワのフロントフォーク

 松戸のドカティ専門店、ストラトス様から依頼を頂き、900SSのフロントフォークをオーバーホールしました。

 ムルティストラーダも同様でしたが、細かく造り込んだ良い品という訳ではないものの、設定が上手なのかよい作動感を得られます。特にムルティストラーダはストロークも長く取ってあり、奥で踏ん張るのでなく動き始めから奥まで常に一定の反力を感じる作りです。個人的にはとても好みです。

 オーバーホールは消耗品を交換する一般的な内容で、作業工賃が¥40,000でした。シールなど含め大よそ5.5万円程度です。

 

 2018101712211.JPG2018101712354.JPG

オーリンズのフロントフォーク

 カスタムショップと言うよりもビルダーと呼ぶべきバイク屋さんから、オーリンズのフロントフォークをオーバーホール依頼頂きました。

 特別な事はせずにただ組み直すだけの作業ですが、ブレーキキャリパーやアクスルシャフトを保持するブラケットを外すために、一般にはなかなか作業が難しいフロントフォークです。

 全分解し、シムの一枚一枚まで丁寧に洗浄しています。作業工賃はオイルシール、ダストシール、インナーチューブのピストンリング、オイルにOリング各種を交換して税抜き定価¥60,000です。

 オーバーホールでリフレッシュして、バイクを楽しんで頂きたいと思います。

 

 2018101791045.JPG2018101791155.JPG201810179129.JPG201810179949.JPG

E90のリア

 少し前からE90のリアがフワフワすると思いましたら、梅山がリアダンパーからのオイル漏れを発見しました。

 兄がオーバーホール用のダンパーを購入していたため、丁度良いので、早速リアだけでもオーバーホールしてみます。前後とも10mm前後下げ、減衰を強くして、操縦性と快適性を同時に高めるセッティングを行います。

 分解したら、また写真を載せるつもりなので楽しみのお待ちください。

 

 20181016113020.JPG

CRF250Lの前後サス

 ホンダのCRF250Lの前後ショックをオーバーホール致しました。

 フロントは右が減衰を生むカートリッジで左はバネだけの、左右で違う動きするフォークです。43パイで基本骨格はCRM250と同じですが、コストダウンに対する意気込みは中々の物です。

 しかし、これを逆手にとって、左のバネ側にはイニシャルアジャスターを取り付け、右は減衰調整式に改めればフルアジャスタブルと成り得るため、これは面白いのではないかと、妄想しています。

 リアサスは特別な造り出ないため、予算が許せば社外品を入れると非常に楽しくなりそうです。CRF250Lで遊んでみたい方は、ぜひ相談ください。

 

 2018101521276.JPG20181015212810.JPG

ビルシュタインを進めています。

 E46のビルシュタインが進展しました。

 フロントストラットのアウターチューブ(と呼ぶかは分かりませんが、それに相当します)とリアのエンドアイなどを外し、後はダンパーの分解だけを残した状態です。

 アッパーマウントや各ブッシュはかなりへたっているようです。全部は交換できませんが、ポイントを見極め、場所によってはPOMを削り出しオリジナルのブッシュを造ってみます。

 リアはリザーブタンクを増設出来ますが、フロントはかなり難しく、どの様にリザーブを接続すれば良いのか悩んでいます。

 

 20181015212058.JPG20181015212124.JPG

ヤマハ・WR250X仕様変更中

 WR250Xの前後サスをオーバーホールに加え、仕様変更を施しています。

 一度組んで試走しましたが、フロントの設定を見直すために再度分解しています。昨晩完成したために、今日か明日に試乗予定です。かなり良い感触に仕上がったため、今から試乗が楽しみです。その乗り味についてはまた報告致します。

 

 20181012201554.JPG

ビジネスブログ、ビチューボのステダン完成

 今月も沢山依頼を頂いています。

 最近のブログはあまり商売向けではなかったため、たまにはビジネスブログとでも呼ぶべきか、仕事の内容を紹介します。

 先日紹介したビチューボのステアリングダンパーは、ロッドを製作し完成しました。特殊工具も製作して手際も良くなり、練度が上がって行くにし従い、どんな仕事も数をこなすと上手くなると再認識しました。

 他には、CB400SF、CB1300SF、ZRX400、900SS、パニガーレ、CRF250などリアサスからフロントフォークまで作業を行っています。キャンペーンのセッティング依頼もあり、こなしきれない作業量に納期が遅れて申し訳ないと思います。

 納期遅れの解消については、人海戦術ではな生産性の向上により達成します。 

 

 2018101119522.JPG20181011195232.JPG20181011195255.JPG

ページ上部へ