ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>BT1100ブルドッグ

BT1100ブルドッグ

CB1100EX評価会、スポーツラグジュアリーは体現できるのか?

 土曜日の夜はCB1100EXの走行評価を柱に、私のBT1100、MT-07とパニガーレも同時に試乗し確認を行いました。

 CB1100ですが完成直後の試乗ではわからなかった雑味を発見し、そこの修正を考えました。フロントの動きに対しリアが若干硬めです。車高もリアが少したかそうです。この二点を同時に変化させるにはバネ系を変更するのが良いと考え、リアのイニシャルを少し抜きました。それによりだいぶ改善し、リアを軸に曲がるいかにもネイキッドといった動きを見せるようになりました。

 イニシャルを抜くことで車高も下がりあたりも柔らかくなったので、全てにおいて良い方向に変わり良くなりましたが、リアの動きが少し軽すぎるようにも思えます。さらなる向上を目指しリアの伸び減衰を2クリック強めたことで、かなりの安定を得られやっと納得できる水準となりました。

 私よりも前に試乗していた梅山が「タイアの空気圧が少し高い」と話していたため、タイア空気圧を0.1~0.2Kほど下げ最後の試走を行ったところ、機敏性と安定性にグリップ感も大幅に向上しました。タイアの空気圧は少し変更し好みの範囲に入ってくると、素晴らしい操縦性を得られます。 

 このCB1100はかなり作り込んだ車体ですが、もっと良くなる要素がたくさん発見できました。現在の課題「スポーツ・ラグジュアリー」がどの程度CB1100において体現できたのかといえば、現状はスポーツとラグジュアリーが同居しているものの、面と裏といった印象です。その表裏一体の両者を、「表と裏」ではなく「横並び」にしてより親和性を高める必要があると感じました。

 BT1100は当社のアルバイト梅山が乗ってきてくれました。代車に貸し出しして一月以上も乗っていなかったのですが、車体構成が好きで選んだ車体。それに自分好みのセットアップを施してあるので、やはりしっくりきます。長年連れ添った女房のような。と言いつつ実際にウチのカミさんよりも付き合いが長く、前の持ち主の方からずっと手がけているため、十年以上の付き合いです。

 今年の5月に五年ぶりに動き出したBT1100ですが、リアサスはFGの最高峰FFXを使います。このダンパーは作動性が極めて良く絹のような手触りを感じさせる動きをします。
フロントフォークはカートリッジ化を行い、スプリングを以前よりも少し柔らかくしてあるので、街乗りのギャップも難なくいなします。カートリッジ化で減衰を付与すると、スプリングイニシャルに対する自由度が増し、ギャップのいなし方が上品にできます。

 MT-07はダンパーメーカに勤務する友人が個人所有し、仕事の研究のため材料として仕入れたバイクです。こちらも細部は明かせませんが、仕上がりはBTやCBと同じ方向性でフラット感のある乗り味です。上記二台と比較し、車重が軽くゆったり感は少なめですが、その二台よりもシャープでスポーツ走行には向いています。
 前後の車高とダンパーのかかり方が、私好みでした。特にリアの車高がほんの少し低いのですが、それがフロントタイアの実舵角を自然なものとしいる点が好印象です。リアが若干低いせいでリアタイアから曲がってゆく様も素晴らしい。
 この点を友人と話していたところ、彼は私の好みを知っているのでその方向で仕上げてみた。と教えてくれました。なかなかの策士です。

 パニガーレに関して、一番気になったのはポジションです。高すぎるシート高、後ろ過ぎるステップ。シート高が高いとアクセルを開けた時に自然とリアタイアに(逆の場面ではフロントに)荷重が乗りやすくなります。しかし間違うと過剰な変化が起こり、ウイリーやジャックナイフを誘発しやすくなります。シートの高さは足つき性以上に、前後の荷重変化をどのように取りまとめるか、という観点から設定すべきだと考えます。
 ステップはシートの位置から規定されますが、この車両はかなり後ろでした。シートストッパに当たるほどお尻を後ろへ持って行っても、それ以上にステップは後ろです。これでは体を横移動することが難しく、倒しこみの一瞬斜め前方へ体をダイブさせるのは容易ですが、下半身で支えられない上体を腕だけで支えなければならず、ハンドルの切れ角を阻害するように思います。
 持ち主の方は190cmの身長があり、シート高やハンドルが遠いなどの、一般的な日本人が感じる不満はないと思いますが、イタリア人でもドイツ人でも190cmは流石にあまり見かけない、大柄な体格です。身長が高くても低くでもシート、ステップ、ハンドルの位置関係はそれほど大きく変わるもではないので、これはドカティの設定がおかしいのだと、私は断定します。
 ですが、私の知らない乗り方や使い方があるのかもしれないので、また機会があれば試乗し探求してみようと思います。

 総勢5人が集まり、2時間半余りの試乗会でしたがとても有意義な時間を過ごしました。それぞれ、バイクという物を探求する人たちなので、素晴らしく良い集まりだったと思います。またCB1100とBT1100の仕様変更を施した来週にも開催しようと考えていますので、その際は報告致します。

 

 201991618338.JPG

旧知の方が来てくれました。

 本日は10年以上も会っていなかった知人が訪ねてくれました。

 久しぶりにバイクを買ったそうですが、ステアリングダンパーからオイル漏れがあり、その修理の相談でした。
現在は狛江市に住んでいるそうで、近所のタイア屋さんでタイア交換の際にステアリングダンパーからのオイル漏れを指摘され、気付かされたそうです。知り合いのサスペンション屋(当社の事ですが)に相談すると話したら「ステダンのオーバーホールが出来るかどうかでサス屋のレベルがわかる」と言われたそうです。そこで当社の名前を出したところ「セイクレッドさんなら大丈夫」との回答に「狛江の地まで名前が知れ渡ってるとは頑張っているな」と感じたそうです。
 そのタイアショップは当社と付き合いのあるお店ではないため、知らない方にも当社の努力が伝わっていると知り、私も嬉しくなりました。

 知人に私のBT1100を試乗してもらったのですが、とても高い評価を頂きました。近所を少し走っただけでBTの仕上がりを感じてもらえ、最初はステダンに加え前後サスのオーバーホールを考えていたところ、改造までしなくなってしまい、結局25万円ほど予算を頂き作業することとなりました。

 最近感じるのは、お客様からの言葉で多くの事に気づくことができます。BT1100の試乗車はとても破壊力があり「30代より上の大人に乗せたら、みな改造したくなる」と教えてくれました。色々と大変なこともありましたがBTを仕上げて良かったと思います。
 しかし!BT1100はまだまだ発展途上です。フロントのシム組、リアのスプリングレートとシム組に手を入れたなら、更に良くなる確信を持っています。

 週末はGSX-R1100のお客様がオイル交換に来るので、BTを乗って頂き、評価を聞くのが楽しみです。

 

 2019529214130.JPG2019529214254.JPG2019529214359.JPG

 

筑波サーキットの走行会

 皆様こんにちは。

 昨日は横浜市の飯田輪業様の走行会へ行ってきました。筑波のコース1000です。
 ここは過去に2〜3ど走った経験があります。しかし最後の走行が6年以上前のため、走り方をすっかり忘れておりました。

 BT1100は私の腕では44:3が精々でした。ですが、全日本チャンピオンの小林龍太さんがアドヴァイザーでいらっしゃっており、小林さんの最終コーナーを走る姿からラインを盗み、1コーナーの走りを思い出し何とかタイムアップしたのが左記の数字です。

 アクセルを開けた際の前に出る感じは圧縮を上げポートを加工し、バルブスプリングの改造によりセット荷重を落としたことが功を奏し、しっかり前に進みます。

 フロントフォークは、サーキットを走るには十分な手応えでした。伸びと圧を調整可能なフルアジャスタブルにしてあるおかげで、狙い所へ落とし込むのは簡単です。シムの組み方も街乗りではもう少し抜いてもいいかと思いましたが、サーキットにはピッタリです。
 街乗りでもう少し様子を見たのち、シム組と油面を変更してみます。

 リアショック は土曜の深夜から早朝にかけて仕上げましたが、減衰が足りない(ダイアル段数を5段程度抜けるように)と感じシム組を変更しました。動きそのものは良いのですが、考えていた調整幅からずれたので、こちらも近日中に組み直す予定です。

 この走行会でアルバイト梅山の走りを鍛え、アルバイト中村の走りを確認でき、とても有意義でした。

 

 201952095524.JPG201952095729.JPG201952095756.JPG201952095819.JPG201952095841.JPG

BT1100動き出しました

 皆様御機嫌よう。

 今日の午前中はYSP杉並南様から依頼をいただき、フェザー800のサスペンションセッティングへ行ってまいりました。

 詳細は今後に譲りますが、往復の道のりは愛機のBT1100でした。シリンダーヘッドの加工、バルブ周りの改造、フロントフォーク、リアショックなど沢山の変更点がありました。それにも関わらず概ね良好な走りだしで、一安心です。

 明日は横浜市の飯田輪業様の走行会でつくばコース1000へ行きます。今日の業務終了後にリアサスをもう一度仕立て直し、さらに一段上の質感を狙います。この辺りは面白いネタを仕入れたので近日ブログに書くつもりですが、キーワードは「エア抜き」です。

 BT1100は代車にしませんが、試乗車は随時受け付けておりますので、興味を持たれた方はいつでも連絡ください。

 

 

 20195181602.JPG201951816022.JPG201951816045.JPG20195181619.JPG201951816130.JPG201951815587.JPG2019518155924.JPG

自社製造のピストンと製作の意義

 昨日はBT1100の改造が忙しくブログを休みましたが、皆様はいかが過ごされましたでしょうか?私のBT1100は今週動き出します。

 お客様の納期もありますので、作業を終えた夜10時頃から2時まで作業を進めました。下の写真は圧減衰(コンプレッション)のピストンです。10年以上前に図面を引いて、4台分作りました。

 わかる人にはどうという事の無い、特徴のないピストンです。八つのオイル穴がありますが、なぜ八つのなのかと申しますと、フライスで長穴にすると製作費が高くなるからです。一つの大きな穴では穴の中心が真ん中に寄ってしまうため、それを嫌い小さい穴をなるべく外周付近に寄せました。

 このピストンを造り使う(シム組に悩んだり実際に乗り)事で、ピストンとシムの関係等、油圧機器の理解が飛躍的に高まりました。専門書では2/3乗型と呼ばれるピストンです。一般にリニアなどとも言われますが、これに対しデグレッシブ(ダイグレッシブやディグレッスィーヴォとも呼ばれる)はかなり違った特性を持ちます。
 デグレッシブとは字引によれば「逸脱」などと呼ばれる非線形の特性なのですが、フロントフォークにはかなり使えます。これは他の要素も大きく影響していると考えますが、現在でも市販車のカートリッジの大半に採用される、20mmピストンの容量を上げたような感触を得られます。

 表面処理、クリアランスの設定、ピストンの形状にシム組、当然ばね定数からイニシャル、油面、油種、突き出し量、リアとの関係性など多くの要素から成り立つフロントフォークは、未だに飽きずに試し遊んでいます。

 サスペンションセッティングの楽しさに身を埋めてみたいと考える方は、一度相談ください。

 

 2019515185235.JPG2019515185515.JPG

 

 

BT1100いよいよ車検通します。

 昨年の秋頃にエンジンが完成したBT1100ですが、来週あたり車検を通します。

 フロントフォークもいよいよ完成が近ずいております。リアはFGです。

 エンジンはシリンダーヘッドのバルブ・ポート関連を改造し、バルブスプリングも改造、バルブリフターも新品を使いました。もともと高回転まで回らないので、エンジン製作を頼んで方には「4000回転までで楽しければ良い」と伝えポートを仕上げてもらいました。

 シリンダーヘッドは面研を0.7mm行い、圧縮を大幅に上げています。

 キャブレターは純正のリストラクターを外ししっかり開く様にしました。19日はつくばコース1000の走行会があり、それに間に合う様に仕上げます。ただいま代車に出しているZRX1200Sも含め、試乗車としてBT1100も活躍してもらます。ただ、このBTは個人所有なので、代車には出さない予定です。

 タイアはミシュランのパイロットパワー2CTです。本来はリアに160が好みですが、サーキットやバンク角を考え今回は180を選択しています。

 復活が楽しみです。BTが動く様になると、第二工場が広く使えるようになり、お待ちいただいている車体預かりのお客様の作業も進めやすくなるので、頑張ります。

 

 201951012029.JPG201951012244.JPG20195101238.JPG201951012334.JPG

 

BT1100のリアサスを取り付け

 昨晩、BT1100ブルドッグ用のFGを製作しまして、本日取り付けてみました。

 自由長は純正よりも短くして、車高調整機能と併せハンドリングの自由度を上げてあります。スプリングレートは以前使っていた値よりも大幅に上げてみました。これは実験的な要素が大きく、間違いのない数字よりも少々極端に振って、予想外の事態を体験する為です。

 減衰の値はFFXでは全くデータの無い使い方のために、先ずはNSF250Rのシム組で乗ってみてから、細かい検証を行い変更してゆきます。とりあえずダイアルを回すと体感できる程度に変化しました。良さそうな動きはしますので、これで試しに乗ってみます。

 BT1100はツーリングバイクで、それほどスポーツ性を追求した車両ではありませんが、これまでに得た経験と技術を全て注ぎ込んでハイスペックなBTを製作します。 

 

 20181024114313.JPG20181024114335.JPG20181024114355.JPG20181024114423.JPG20181024114442.JPG

後は前後サスとタイアだけ

 BT1100ブルドッグが、残すは前後サスとタイア交換だけとなりました。 

 数日内にサスを作り、車検後に吟味してタイアを交換します。今月中には車検を通す準備が整います。ただ、通しに行く時間がなさそうなので、そこはまた改めて考えます。

 

 2018102385222.JPG2018102385247.JPG

FGのFFX、良いのか悪いのか?

 FGのトップモデル、FFXは何が良いのか?

 ツインチューブは他社にもありますから、そこだけを取り上げても意味は有りません。動くピストンとシムが載るピストンの比、オイルシールやブッシュ等の締め代や公差。それらの組み合わせにより、減衰を除いた動きと、減衰により生まれる動きの合算で最終的な作動がきまります。

 先週の鈴鹿テストでライダーの埜口さんは「縁石に乗っても車が前に進む」と評していました。ギャップでも暴れず路面追従性が高いために、車体も暴れないからアクセルを戻す必要がない。私はそのように解釈しています。

 街乗り用にもスズキ・GSX-R600、MVアグスタ・F3、ヤマハ・YZF-R1などにFFXを製作販売しましたが、ネイキッドモデルには試していなかったので、丁度良い試金石として自身のBT1100Bulldog用を造ろうと考えました。

 昨晩のうちに長さ合わせを終え、後は減衰の設定を考えるだけです。バネ定数も純正値はデータがあり、過去に使っていたFGのFQT11、FSM11でもバネ定数を数種ためした結果から、狙いどころは抑えてありますので、シム組以外はほぼ完成していると言えます。

 フロントフォークも部品が揃っていますので、後は組むだけです。かなり楽しみです。

 

 20181018101840.JPG2018101810195.JPG

BT1100の完成も近い

 昨晩、アルバイトを終えた梅山が、私の愛機たるBT1100ブルドッグの作業を進めてくれました。

 チョークレバーを引かなくても、スターターを回せば即座にエンジンがかかります。アイドリングも軽やかで、バルブスプリングのセット荷重を減らした効果を感じます。そこから軽くアクセルを開けると圧縮を上げた影響か、かなり力強い回り方でトルクを感じます。

 早く車検を通し乗ってみたいと思いますが、最後の難関である前後ショック製作が待ち受けています。今週中には目途を付けて、来週車検へ行けるようにしてみたいと思います。

 

 201810178393.JPG2018101783926.JPG2018101783946.JPG

ページ上部へ