ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>レースサポート

レースサポート

お客様がミニバイクレースで優勝

 先日、オーリンズのTTX・NSRmini用のオーバーホールを行いました。

 プレミアムラインと呼んでいる作業工賃が¥55、700の依頼でした。他社では一般に¥20、000円前後なので、約260%の価格差があります。しかし、本日連絡がありミニバイクのレースで優勝したそうです。その情報をもたらして下さったのは、56レーシングのライダーとして御馴染みの埜口遥希さんのお父さんでした。

 このオーリンズ・プレミアムラインオーバーホールの依頼を下さったお客様は、埜口遥希さんのミニバイクの師匠だそうで、そのような方が「オーバーホール後は動きが良くなった」と感動していたそうです。とても高い料金を頂いていますのでかなり細かい部分まで確認し、とにかく滑らかに動くように心がけて組んでいます。

 契約の都合上、全ての部品とオイルはオーリンズの品を用いて作業を進めます。エア抜きは少しでもエアの混入が疑われる場合は、何度でも機械を回します。調整ダイアルやスプリングアジャスターの作動感にも徹底的に注意を払ってあります。

 こちらのお客様へ納品時には間に合いませんでしたが、プレミアムライン専用封筒、礼状、測定結果表などの準備も整い、連休明けにはお客様の元に発送しようと考えています。

 とても高価な作業ですが、56レーシングをサポートする中で掴んだ勘所を、基準化し業務に落とし込んだのがプレミアムライン・オーバーホールです。予算の許す方はぜひ一度体感いただければ幸いです。

 

 2019428214822.JPG2019428215024.JPG201942821512.JPG2019428215130.JPG2019428215158.JPG

新作ステッカーが届きました。

 みなさま、ご機嫌よう。

 本日は待望の新作ステッカーが届きました。今や遅しと待った甲斐があり、思った通りの格好よさです。これまでと大きくデザインを変えたわけではありませんが、以前とは会社の目標と立ち位置が変わってきたのに合わせ、それと共にステッカーも少々変更いたしました。

 かなり前に作ったステッカーの良いところを引き継ぎ、自社を強調しつつホームページアドレスを単なる広告とするのではなく、デザインの一部として取り入れました。

 今回の大きな目玉は56レーシング・レースサポートステッカーです。56レーシングの車両に貼るために製作しましたが、当社と56レーシングのレース活動を応援してくださる方々が買ってでも欲しいと仰ってくださり、販売も行うことに致します。価格は税抜き¥600です。購入希望の方は、いつでも申し出ください。

 こんな簡単な図柄でも、決まるまでにはそれなりに段取りと手間がかかるものです。その分だけ、完成した暁には嬉しさも倍増します。 

 引き続き今月は面白い品が続々と届きますので、またブログで発表してゆきますが、これもまた楽しみにして頂ければ嬉しく思います。

 

 20194190433.JPG2019419061.JPG20194190637.JPG2019419070.JPG

雑記、研修会、ブランディング、ステッカーを作り直し。

 外からは分かりづらいと思いますが、実は私を含めた従業員全員の行動を変えるため、社内システムを効率化すると共に役割も大きく変えています。

 入荷管理プログラムを大幅に改変し、使い勝手を増すとともに作業可能な項目を増やし続けています。納品・請求・領収書の三点は現在見積もりシステムから出力可能になりました。お客様の利便性も向上しますし伝票の再発行も円滑になります。

 毎週行う研修会もその一部です。アルバイトにも参加してもらい(当然、時給が発生します)、実作業はもちろんの事、売り上げや利益の割合、納期管理、接客態度、ものの捉え方・考え方。さらにブランドとは何かを議論し、各自がどのように振る舞う(行動)すれば良いのかにまで思考を発展させております。そこから当社の現在の行動指針「エレガント」=洗練・優雅・優美を判断基準とし、私が不在だとしても各々がエレガントなのかどうかで物を考えられる人材に育てています。

 ブランディングの観点から、以前のステッカーでは目の前の事象しか伝えられないと判断し、枠は変えずに中身を少しだけ変更しました。前のヴァージョンもかなり考え、カミさんにケツを叩かれ自分を奮い立たせた末のデザインだったため、基本を変えずに文言だけ変更しました。中野監督とも話しをする中で、レースサポート専用のステッカーが有っても面白と閃き、作る事にしました。自分で考えた割には格好良いのですが、これに満足せずより洗練された仕様を求めて行きます。

 今後の当社はより理念、立ち位置、目指す方向を鮮明にして行きます。月末にはまた面白い報告ができると思いますので、楽しみにしてください。

 

 2019410214245.jpg

レースサポート、FGのスタンド

週末は茂木と鈴鹿でレースのサポートを行って来ました。

鈴鹿ではサスセットよりもライダーの技能を安定させる事を優先して、セッティング変更は行いませんでした。その中でも、走行ラインや体の動かし方、他のライダーを観察する意義などを本人達と話、晩御飯の際には保護者の方と親睦を深め、お互いの人間性を理解する事で、運営を円滑に進められるようになりました。

前回の筑波で話題に上ったFGの簡易フロントスタンドを持ち込み、狙った通りに使えることがわかり、それも確認できたのは収穫でした。

次戦へ向け、色々と試し考えて行くつもりです。

20194810488.jpeg

FGのカタログ、ジャパンチャンピオン

 FGのカタログにチャンピオンを獲得した国名が掲載されています。その中に日本もあるのですが、それは当社で製作したBMW・S1000RRで筑波選手権を走りチャンピオンを獲得した泉沢さんと、KISSレーシングの家根谷君が獲得した勲章です。小さなことですが誇らしく思います。

 

 2019329222819.JPG2019329222846.JPG2019329222913.JPG2019329222935.JPG201932922301.JPG2019329223027.JPG2019329223057.JPG

ロガーから何を得るか?

 データロガーの使い方は人それぞれでしょうが、私の使用方法は自分の行った変更が、脳内で描いた通りの変化となって現れるのか否かを知る為です。

 先週と先々週にわたり二度の走行がありました。変えたのはリアショックのイニシャルだけですが、それが車全体にどの様な変化をもたらすのか?その変化は考えた通りの波形となっているのか、実証出来ました。私は現場へ行けなかったので、電話で変更点を伝えただけですが、ライダーの桜井芽依さんは変化を好意的に受け止め、モテギのタイムは2分16秒台と、テストとしては上々でした。

 モーテックのロガーは一秒以下の領域でストロークの変化を読み解けるため、極めて実用的です。画像にある領域から何が読み解け、どう活かすのかは人それぞれですし、この画像の何を一番重要と捉えているかは秘密にしておきます。

 採取するデータの種類を増やし更に緻密な解析を行うつもりですが、レースの現場だけでなくロガーを多方面で用いる方法を考えていますので、夏ごろには発表出来ると思います。楽しみにお待ちください。

 

 201931821213.JPG2019318212417.JPG2019318212557.JPG

フロントフォークのデータ

 モーテックのデータロガーはかなり微細な動きまで捉えることが可能です。

 アクセルをオフにして0.1秒以下の時間でどの様に動いているかも分かります。本日モテギで採取してきたデータはとても有益で、今後は採取情報を増やし、更に細かい部分を追求してみようと思いますが、街乗りでもモーテックのロガーでデータどりをしてみたいと思います。が、なんとも高額なので費用対効果をじっくり詰めてから購入します。

 

 2019360155.JPG20193601625.JPG

FGのフロントフォーク

 マーベリック・ヴィニャーレスさんに関係したバイクに、FGのフロントフォークが採用されたようです。

 当社でも輸入し昨年のNGK杯で使おうと考えていたのですが、諸事情によりライダーが出走を見送ったため、お蔵入りとなってしまいました。今年は使う可能性があるので、そろそろどうするかを考えなければなりません。

 

 20193523569.JPG201935235739.JPG201935235755.JPG

データ採取に行ってきました。56レーシング、KISSレーシング

 KISSレーシングに所属する櫻井芽依さんの今シーズン初走行に、データ採取と手伝いを兼ね行ってきました。モーテック担当の梅山が行きデータエンジニアとして初仕事です。

 ライダーのコメントとロガーの波形も符合し、もう少しメリハリのある車体へ仕上げたいと要望があり、次回走行ではその辺りを改善する調整を行います。その変更が波形となって現れるか?それも楽しみな点です。私はロガーの線を波形と捉え、波高、波長の分析により(ライダーの)狙い通りの波形(車体、又はサスセット)を作り出せれば結果として速く走ることが出来ると考えます。

 今季は56レーシングの二人もCBR250RRでレースを走るので、JPで得られたデータも直結させられるのはとても助かります。

 今年は私を除けば、ライダーと年齢の近いスタッフが現場を担当します。ライダーとも普段の会話から打ち解けることができ、それが好循環を作り出せれば望外の喜びです。

 桜井芽依さんに宣伝用の写真を快く撮影させてもらえました。

 

 2019352325.jpg20193523221.jpg201935225238.JPG

 

 

 

NSF100のSP仕様にFGを

 56レーシングの卒業生、名越哲平君のお父さんの紹介で知り合った山根さん。

 今年は息子さんが桶川のSPを走るそうで、NSF100にFGを年間貸与致しました。NSR50用だったのでリザーブタンクの配置を変え、ライダーの体重に合わせ、スプリングは割と柔らかめを選択してあります。減衰の演出はこちらも56レーシングのライダー、埜口遥希君の要望を取り入れたニューヴァージョンへ進化してあります。

 販売目的で製作したダンパーではないため、今後の製作予定は有りませんが、若いライダーの役に立てて嬉しく思います。

 赤だしか白味噌か手前味噌かは分かりませんが、リザーブタンクの配置が格好良く、純正のマフラーステーを使ってスマートに収まりました。

 年間オーバーホール3回をパック料金に含めた内容は、新品の半額以下で一年間使えます。すぐにクラスアップして行く若者には最適な選択肢だと、喜んで頂けました。

 

 2019215233329.JPG2019215233513.JPG2019215233533.JPG2019215233553.JPG2019215233626.JPG

ページ上部へ