ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>レースサポート

レースサポート

ほんの少しで大きく変わる

 本日は朝から筑波サーキットへ行って来ました。

 毎度おなじみの56レーシング、筑波選手権への準備です。
 走行は3本を予定し、梶山さんは全て走りました。田中くんはそのうち2本を走行。こららの走行がどの様に進んだか順を追って説明します。

 エースナンバーを背負う梶山さんは少々リズムを崩し、乗り切れいて居ないと監督から話がありましたので、メンテナンスを行ったフロントフォークでライダーの気分を一新しようとの結論に至りました。
 そこで今年から始めたプレミアムラインと呼ぶ、最上級のオーバーホールを行いレースへ向けた準備を行いました。インナーチューブとブラケットまで外し、全ての部品を分解することでバリや汚れを徹底して排除します。

 先日行われたもて耐で得たデータを基に突き出し量も変えました。私は安易に突き出しを増やすのは是としませんが、必要とあらば柔軟に対応します。もて耐でCBRの車体姿勢に疑問が浮かび、突き出し量を変え走らせましたが、梶山さんには上手くはまった様で、安定して速いラップタイムを刻むことができました。
 走行が終わる毎にライダーへ確認を行い、曲がり過ぎ、曲がらない、ちょうど良いなどの評価をもらいますが、全ての走行で「ちょうど良い」と評価を得られました。

 田中君は2本目から走行を開始しました。梶山さんとはラップタイムで大きな開きがあり、走行姿勢がどうにも曲がりづらそうでした。そこで梶山さんで得られた変化を私自身の解釈により田中君の車両に落とし込み、突き出しを変え(イニシャルも)走行を開始したところ、ラップタイムが2秒も縮まりました。これまでは得られなかったフロントのフィーリングにライダーは自信を深め、走行を続けることでタイムアップが叶いました。

 この突き出しの変化は2mmだったのですが、ラップタイムは大きく変化しました。

 私は走る車両の姿勢とライダーのフォームを合算し、曲がりやすそうとか、変えなくてはならない等の判断をします。向きの変わらないしバイクに乗ると、体を内側へ入れぶら下がる様に走る格好になります。これは回頭性が低い証左です。
 こう言った場合は姿勢を変えますが、それは突き出し、つまりはスタティックバランスで変化させる場合もあるし、スプリング系(定数やプリロード)を変化させるダイナミックバランスの二つが考えられます。両者とも変化させる合わせ技もありです。

 突き出しの1mmは私の中では最低単位ではありません。FGのフォークキットを使えば0.1mmの調整も可能になります。リアショック も同様ですが、車高の静的姿勢はかなり変化を与えられます。フォークの突き出し1mmは最初はわかりずらいかもしれませんが、危険の無い範囲で走行を行うなら、5mmぐらいから始めてみるのも良いと思います。これ程変えると流石に初心者でも変化を体感できます。しかし、これは変化を体感するのが目的なのでセットの良し悪しではなく、経験値を高めるのを目標にしてください。

 ライダーが良いと納得するのが一番問題が無いとは思いますが、それが必ずしも最善、最良とは限りません。梶山さんの車両はもう少し変化を持たせるべきだと、その走りを観察する中で感じて居たので、走行終了後に監督と担当メカニック(梶山さんのお兄さん)と打ち合わせを行い、突き出しを変更しました。
 明日は予選でライダーの評価を確認し、方向性を見定めた後に決勝に向けた微調整を再度行います。

 一般には外へ向けて発信されない様な微細な変化を続けることで、ライダーとバイクの両者が高水準に到達する過程を、筑波選手権ではご覧いただけます。それらの裏方作業も知るこ事で、選手権をより楽しんで下されば幸いです。

 

 2019830212618.JPG

56レーシングで学んでいる事

 このブログをご覧になる方はどちらかと言えば年齢層は高め、または知的水準の高い方が多いように見受けます。それはお越しくださいるお客様からも想像がつきます。

 いつもバイクやサスペンションに限らずに色々な事を書いておりますが、今回は共同体と組織論について書いてみようと思います。

 先日の56レーシング夏合宿で認識したことがあります。それは中野監督の父君である満さんがfacebookに書いていた言葉から理解できました。育成を旗印に掲げる56Racingは自ずと若年ライダーがその対象となります。中学生から20代前半のライダーですが、現在はジュニア(育成の育成)と呼ぶべき組織も枠組みができつつあります。
 その中で私は現場でサスペンションメンテナンスとトラックエンジニアを担当していたのが、徐々に立ち位置を変え、現在は一部トラックエンジニアを担当しつつも、工場でサスペンションの整備、(許される範囲の)改造を行いつつも、その実ライダーの精神的な成長とライディング技術の向上がどのような関係性を持つのかを分析しています。

 昨年から当社の社員やアルバイトは数が増え10代後半から60代中盤の10人くらいの方々と作業を共にしました。
 そこで学んだのは個人の能力の差、能力は高くとも社会常識の欠如によりその高い能力を活かせないタイプや、能力は低くとも高い向上心で少しづつでも変化を遂げる人。何度教えても全く変わらず何度も同じ失敗を繰り返す者など様々でした。
 会社組織としては、何度も失敗を繰り返す愚者の作業でも、問題が起こらないような作業手順の開発を心がけるようになった事が、今日の高効率化に繋がっており良い経験だと思います。この過去との比較で大所帯となった会社運営を進める中で56レーシングにおいてのその経験が役に立ちました。

 組織を運営する点において、重要なのは引率者(会社ならば経営者、ティームならば監督)が理念や規則に逸脱する者に対し、しっかり伝える事だと思います。この点は中野真矢さんがMotoGPでカワサキに移籍した際の話を参考にしております。
 これを若いライダーに適応するならば、態度や言動がおかしい場合、その事を率直に伝え、ただ叱責するのではなく自分の立場、ティームがどのように客観視されているのか、などの情報を与え自分が求められ、その場に適した言動を取るように話します。中野監督から教わった事を自社で実践しそれをティームに還元する良い循環が出来ました。

 ここまで考えた時に、このティームとは昔の地域共同体と同質なのではないかと思い至りました。叱ってくれる大人がおり、そこに助け舟を出す別の大人がいる。思い返せば私自身も子供の頃に、散々叱られ面で立たされていた時に、祖父母や親戚の人たちが親に「そろそろ許してやりなよ」と言ってくれました。
 自身が親になった今では、この難しさに直面しています。妙な意地がありすぐに怒っているそぶりを引っ込めるのも格好が悪いとか。しかし、ここに別の誰か介入してくれるだけで、気が楽になるものです。例えば「誰々さんがそう言うなら、仕方ないから許してやるか」の様にです。

 今日も子供のお金遣いに問題を感じ、祖父からもらったお小遣いを母親に預け一月に使える額の制限を設ける、等の話をしていたところ娘(小学三年生)が泣き出しました。このままでは将来、一方的に決め「お前の為にはこれが一番良い」などと言う親に、私自身がなりそうだし、そのような親に娘にもなって欲しくないので、自分の意見を話してもらい、そこに妻の意見を織り交ぜ、結果としてカミさんが出した折衷案(というには大分に甘々に思うのですが)を本人が選びました。ここに核家族の問題点も浮き彫りとなり、祖父母なり若干の客観性を持った人達がその場にいれば、もう少し気楽なのか知らん?とも感じます。
 この核家族化が親の一方的な意見を、子供の為と押し付ける事で大きな歪みが生じてしまい、現在の歪とも思える日本社会で醸成されているのではないでしょうか。大東亜戦争後の七十余年において日本社会がここまで堕落したのは、核家族化や共同体の崩壊が大きな意味を持っていると、40歳を迎える今年になりある程度は自分の中において結論を出せるようになってきました。

 ライダーも子供も、社員の成長も自分で考え学ばせる事が大きく伸びる要素だと思いました。本当に愚か者と呼ぶべき人間も中にはおります。社員やアルバイトならまだ退社の可能性もありますが、自分の子供ならば逃げる訳にも行きませんので、必死で考えるしかありません。
 愚者と呼ぶべき社員に対し、どのような対応を取るのが一番良いかと考えた時に、前述の「一番能力の低い者が作業を行なったとしても、問題を起こさないような仕組み作り」における叩き台になって貰うのが一番良いと考えています。もちろん、この者に対して厳しく接するとか避難して辞めてもらうのが一番簡単なのですが、倫理的にも社会の規則としても正しくないので、お勧めしません。適材適所の言葉通りその人に合った作業をしてもらうのが一番良いと思います。

 今回はティーム運営と会社経営における共通点と課題を考えました。

 

2019817141253.jpg

 

茂原ツインサーキットで56レーシング合同練習

 二日間に渡る56レーシングの茂原合同練習に参加してきました。

 私は二日目のみの参加ですが、とても有意義な時間を過ごさせてもらいました。卒業したライダー、現在海外レースを走るライダー、国内の育成ライダー、ジュニア枠と呼ぶべき若年ライダーを多く観察し、現在の課題や良い点などを見極めました。

 先日のMotoPG併催、レッドブル・ルーキーズカップで優勝した埜口遥希さんは流石の走りでしたが、少しギクシャクした点を中野監督が助言し、あっというまに修正する能力は立派です。アジアタレントカップを走る松山拓磨さんも、今年から走りが見違えるようで埜口さんと共に密度の高い練習を行っておりました。

 現在はキジマのKISSレーシングでJP250を走る桜井芽依さんも、久しぶりの走行で序盤こそ慣らし走行のようでしたが、早い段階から勢いを取り戻し最後にはかなり良い走りを見せてくれました。中野監督の助言をもとにポジションの改善を図り、次の走行へどのような変化が訪れるのかが楽しみです。

 56レーシングの主力、梶山さんと田中さんの二人は今年の初めからすると、大幅な成長を遂げていました。梶山さんは少しづつ変わっていたと思いますが、鈴鹿、筑波と徐々に結果を良いものにし、明らかな強さを身につけたようです。
 田中さんも春頃の線の細さがなくなり、走りに力強さが見えるようになりました。これは実際の技術も伴った上で精神的な成長が大きいように思います。

 落ち着かない陽気で路面状態も難しい中、若いみなさんの走りに見惚れる1日でした。

 

 201981521453.JPG

CBR250RR/MC51のフロントフォーク改造

 旧知の方から、CBR250RRのフロントフォークをもて耐仕様に改造する案件を依頼いただきました。

 スンナリとは進まず納期や仕上げの面で問題があった事を告白しつつ、お客様に迷惑をかけてしまったのは大きな反省点でした。それを踏まえ、顛末をお楽しみください。

 最初はオーリンズのFGKカートリッジキットを使用予定でしたが、インナーチューブが細く、当然内径も小さくなるために使用できませんでした。そこで、旧来の25mmピストンを用いてNIX(オーリンズの呼び方)構造へ改造し、取り付けを可能にしました。
 そうはいっても簡単には付けられません。右フォークはスプリングだけしかないので、カートリッジを固定する方法がありませんし、左フォークはエンドのボルトがあるとはいえ、オーリンズはそのような仕組みではないためこちらも一筋縄では進みません。

 両フォークとも、カートリッジを加工しアダプタを製作する事で取り付けられました。インナーの内径とカートリッジの外径はかなり危うい寸法ですが、なんとかオイルの流れを妨げないギリギリの数字で一安心です。

 トップキャップもはまりません。これはもう途方にくれるしかない・・・とはならず、採寸し寸法を検討し、なんとかなる(心の中では映画ラピュタの中盤で、ドーラがゴリアテに追いつけると算盤を弾いた時の「なんとかなりそうだ!」っと叫びました)と判断し、絵を描いて製作に取り掛かりました。慣れると一つ1時間程度で仕上がります。
 ここで思いついたのは、オリジナルのフロントフォークトップキャップを製作する事です。フロントフォーク交換は非常に高価なため、トップキャップを交換し格好良く、更にはノーマルのフォークではない事も主張出来るのではないかと期待しています。

 シム組はNIXとしては初めて使うピストン、車両であったため中々答えは見つかりません。手持ちのデータと経験を基にして、ある程度の処で賭けに出るしか決着しないので、最後は清水の舞台から飛び降りる覚悟で組み付けました。

 今日の朝、茂木へ納品しそのまま走行についていましたが、細かい問題点はあるものの素性は良さそうなので、今後はダイアルがキツ目なのを解消するためシム組で減衰を強め、スプリング交換や油面調整を楽にする構造変更を進めます。

 56レーシングとは違ったティームと仕事をすると、ライダーのコメント、メカニックの求める要件、セットアップの進め方の違い等を学ぶ良い機会となりました。そんな事を考えながら1コーナーからピットに戻る道すがら、なんとKISSレーシングの桜井芽依さんに会いました。彼女はBMWでもて耐に出走するそうで、当然といえば当然ですが久しぶりに会えたので就職の事や近況を話せたため、良い時間を過ごせました。

 帰路は途方もない眠気に襲われ、1時間ほど車中で仮眠を取ってから帰りました。

 

 2019726211853.JPG2019726212018.JPG2019726212044.JPG2019726212133.JPG2019726212156.JPG

 

優勝しました。が、想定通り。

 今日もまた、筑波選手権へ行って参りました。

 56レーシングのサポートを主にしながら、KISSレーシングの松岡君の走りも観察して参りました。

 梶山さんは前日から良い走りをみせていたので、このままの走りができれば優勝争いは確実だと睨んでおりました。その顛末は昨日のブログに書き記しましたので、興味のある方はそちらをご覧ください。

 始まった予選は走行位置が悪く、一度ピットに入りクリアラップを取れる位置を確保した上で、タイムアタックに臨みました。アタックを始めて直ぐ一番時計を記録し想定通りの展開に、思わず私はニヤついておりました。
 しかし敵もさる者、二人のライダーが彼女のタイムを上回り、結果は予選3番手となりました。ですが、見せ場を作る才能についつい嬉しくなります。

 決勝はスタートを上手に決めホールショットから一度もトップを譲る事なく、ゴールして優勝できました。この優勝はもちろん運も関係しますが、実力で得た勝利だと私は確信しています。二位になったライダーが「逃げられた」との言葉を残しました。これは先程の「運」の部分をライダーのプライドから発生した、負けを素直み認められない幼さから出た言葉と私は認識します。なぜ負け惜しみだと言えるのかを説明すれば、梶山さんは予選、決勝共に全て単独走行(二位のライダーも同様に単独走行)のタイムであり、ファステストラップも平均値も全て梶山さんが上回っているのを根拠にしています。

 勝って兜の緒を締めよとは申しますが、当然、梶山さんもライダーとしてまだまだです。次なる課題はありますが、それをいつ伝えるのかは監督の仕事なので、それをどの様に越えて行くのか楽しみにして、走りを観察してゆきます。

 三位に入った田中さんは、自身の不甲斐ない走りにゴール後バイクを止めから悔し涙を流しておりました。前回の筑波では運良く優勝できた事や、鈴鹿での転倒に終わったレースでは苦悩や葛藤を感じ取ることはできませんでしたが、今日の走りにはそれがありありと現れていました。
 少しでも速くなりたいともがく(毎周色々と試しながらも、結果に結びつかない)姿は、やっと開始地点に立ったと言えます。前のライダーについて行き、実力以上のタイムや順位を得るよりも、よっぽど収穫のある二日間だった筈です。
 これは私自身への戒めでもありますが”悔し涙を流し、これからは自分に厳しく全てを変えて行く”と決意しても、その気持ちを忘れず継続する事に加え、努力(正しい方向性を持った行動、または頑張りを指します)も続けなければなりません。これが田中さんに伝えたかった一番大切な事なので、少しでも感じ取ってもらえたなら良いのですが、それは今後の彼の行動からしか読み取れませんので、注意深く観察します。

 最後に、梶山さんの優勝はかなりの確率で達成できると確信していたので、何ら驚きや感動はありませんでした。優勝の瞬間に湧き上がった感情は「よし!」と同時に「たった一度の優勝で勘違いしない様に気をつけなければ」の二つでした。

 

 
 

 

201961202259.jpeg

今日と明日はサーキット

 今日は朝から筑波サーキットへ行きました。

 おなじみの56レーシングとKISSレーシングのサポートです。56は梶山さんと田中さんの両ライダー。KISSは松岡さん一人です。

 1本目の走行を終え各ライダーの話を聴きました。最初に中野監督に走行の印象を伝え、各ライダーの走行印象を確認したら中野監督と(当社を昨年末に退社した)大槻さんと方向性を定め、実際の変更値は大槻さんが決めて行くという手法です。

 KISSレーシングの松岡さんとは初対面でしたが、走行を観たこちらの印象とライダー側が感じている問題点をすり合わせ、気になった点をティーフメカニックのファイアーガレージ代表飯高さんに伝え、変更の提案をし、それが了承されると、例えば私が「1回転半」と提案した数字に対し「1回転」にする等の飯高さんの経験値を加味した変更が加えられます。

 

 2本目の走行前に一ヘアへ向かう私を追いかけてきた梶山さんと、56所属でタレントカップを走る松山琢磨さんの走りを眺めました。そこで松山さんの向きの変え方を紐解きその利点を伝え、練習走行とは一体何なのか?といった本質に迫る議題を提示し、彼女の考え方を自分で問い直してもらいました。
 果たして2本目の走行は明らかな意図を持った走りを見せてくれました。これはどういった意味かを申しますと「なぜそのラインを取るのか」「なぜそのライダーの後ろに着くのか」など、一つ一つに説明のつく行動を取るということです。中野監督、助監督の後田さん、観ていてくれた世界チャンピオンの坂田和人さんたちが梶山さんの走りが良いと褒めていました。

 3本目の走行は2本目と変わらずしっかり考えた走りをしているのは観て取れました。明らかな変化があったのは走行も残り五分となった時です。一ヘア進入の向きを変えが、松山さんと同質の走りを見せる様ななったのです。それからの4〜5周はその走りを続けていました。
 この回も一ヘアで観察していたところ、坂田さんが地方選で名の知られたライダーをわざわざ呼び「さちかの走りいいんだよ」と言いながら分析している姿を認めました。
 走行後にライダー本人に最後の数周で走り変えたでしょう?と確認したら「そうなんですよ!わかりますか?」と喜んでいました。まだ感覚をつかんだ程度だそうですが、この走りができているならば優勝を目指すと言っても絵空事にはなりません。明日のレースが非常に楽しみになってきました。

 問題は田中さんです。走行を観察し筑波を走るライダーの典型的な罠に陥っていると感じました。本人にはどの様にタイムアップをはかるのか、どの様に問題解決を進めるのかを問いました。
 その答えば具体性を欠いたボンヤリとしたものであり、そのため、何を、どの様に、いつ、解決するのかハッキリと言葉に出してもらい、その事が本人の目的意識を明確にすることを助けると実感してもらいました。3本目は車両トラブルで走行が儘ならない状況のため、4本目に持ち越しとなり、私も事情があり走行を見る前に帰路に着き、その後の走りは確認していません。したがって明日の予選が楽しみです。

 

 社会人となり仕事を始めると、問題解決の毎日となります。20年以上も前に「問題解決法」を父から口授されたのは私の幸運かもしれません。それをライダーに伝え、彼らの問題解決の一助になれば僥倖と思います。

 今年に入ってからは大槻さんがティームを助ける関係で、私が実際に手を動かす(工具を必要とする)場面が皆無です。これは私が望んでいた状況でもありますし、ティームにとっても良い事です。初めて参加した7年前に考えていた事が実現できました。
 そのため私はコース脇からライダーを観察し、エンジニアやメカニックに対し意見を伝え、その情報をもとにティームとして判断し方向を定めています。素晴らしい枠組みが出来上がったのではにかと考えいます。明日の本番も楽しみです。

 

2019531223554.jpeg

分解するとエア抜きの精度がわかります。

 今日の午前中は、明日の全日本へ向けKISSレーシングのFGをオーバーホール行いました。

 作業内容としてはプレミアムライン水準の組みです。

 分解してすぐわかるのは、エア抜きの具合です。シールヘッドを抜けば判断がつきます。エア抜きがしっかりできていない、ブラダ型を長期間使ったなどのダンパーはかなり泡立っています。
写真のダンパーはレース用のために、かなり入念なエア抜きを施してありました。そのおかげでご覧の通りの状態です。しかし、オイルは新品なら黄色い有色透明ですが、抜いたオイルは茶色く変色しています。これでは減衰の効きが弱くなるため、オーバーホールとなりました。

 今回も詳細な手順書を作りながらの作業となり、半日かかりましたが、エア抜きもしっかり行え満足のゆく仕上がりです。

 ダンパーは機械であるため、機械加工の精度や設計者の考えがダンパーの動きを決めます。ですが、最後の最後はエア抜きの出来次第で設計者(設計値)の狙った通りに動くかが決まります。
ならば、仕様変更を伴わないオーバーホールでは、エア抜きは最重要項目だと捉え作業にあたっております。

 もしこのブログを見ている同業の方がいらっしゃるなら、その方々に伝えたいのは「一度でも使えば泡がモクモクとなるのは当然」、という認識は間違っているという点です。しっかりしたエア抜きを行えば、シールヘッドを抜いてもエアは出ません。ロッドを抜いても多少泡が出る程度です。

 一味違ったオーバーホールを体感してみたい方は、是非、ご用命ください。

 

 2019523205538.JPG201952321326.JPG20195232149.JPG

 

本日のスペシャルゲスト

 当社と付き合いのある方にはおなじみかもしれませんが、今日は中野真矢さんがお越しくださいました。

 レース用の車両引き上げでしたが、当社の従業員も多く残っていたので、色々と話を聞け彼らも嬉しかったと思います。

 今年の56レーシング・サポートステッカーを渡し、最近の会社の動向、仕事やレースの情報から家庭の話も含め2ヶ月ぶりの再会を楽しみました。年齢や家族構成も似ているので、少し先輩の話を聞かせてもらっています。当社がステッカーの販売を始めたり、封筒などの納品物を変え始めたのは56disegnの影響が一際大きいのです。更に言えば、中野さんのお父さんである満さんと話す中で、多くのヒントをもらい発想が研ぎ澄まされた経緯もあります。そのため中野真矢さんに限らず、中野満さんにも感謝しています。

 私の知り得ないWGP250,WGP500、MotoGP含めレース界の話も沢山質問させてもらったおかげで、今があると思います。私も担当した56レーシングの名越哲平さんや埜口遥希さんからも、全日本やスペイン選手権にレッドブル・ルーキーズカップの事など、担当していた時から今に到るまで、多くを学ばせてもらっております。

 これも中野さんと知り合うきっかけを作って下さったガレージアトラクティブの後田さんのおかげです。

 話がだいぶそれました。

 人と知り合い話をする事で、思考も研ぎ澄まされ成長できると感じる1日でした。

 

 201959234727.JPG

FZ1フェザーの試乗記

昨日は日中の天気も良く、試乗を行うには絶好の日和でした。

前後サスペンション、タイア、ブレーキパッド、エンジンオイル、スプロケットを整備した車両は別格の乗り味でした。

一番驚いたのはサスペンションの懐の深さです。セットを取り切れていない状態にも関わらず、狙ったスプリングレート、減衰のボリュームがかなり良い所にあり、オーリンズのFGKカートリッジキットは良い摩擦抵抗を生み出し(低摩擦という意味ではない)、大径化されたピストンは十分な容量がありNIXと呼ばれる構造でも十分な減衰を上品に生み出します。

リアにはトップアウトスプリングの採用は見送りましたが、ばね定数をオーリンズの出荷状態120Nmから110Nmへと交換した上で、イニシャルも少し抜きました。
今後に動画であげる予定ですが、サイドスタンドをかけた状態からお越しあげると、自重でサスが沈み込みます。これにより、フワッとした柔ながらしっかり踏ん張る車体に仕上げられます。

税抜きで79万円掛かりました。格別な質感を持ち、かつ高級車と呼んでも差し支え無仕上に、私自身も非常に大きな満足を覚えました。

試乗頂いたお客様も大幅に変化した乗り味に喜んで頂けました。

20195111227.JPG

20195111232.JPG

櫻井芽依さん(とお父さん)現る!

 昨日、56レーシングを卒業し昨年からKISSレーシングのライダーとして走る櫻井芽依さんが、お父さんと共にお越しくださいました。

 整備を行った車両の引き上げに来て頂きましたが、全日本もてぎでの印象を確認し、セッティングに関してはかなり良い状態になって来たと確信するに至りました。ライダーが感じ取る印象とセッティングを行うエンジニア、遠隔ですがデータロガーの動きを確認しライダーとエンジニアの意見をまとめる私と、役割が綺麗に分担され、良いティームになったと思います。

 まだ一戦を走っただけですし楽観視はしておりませんが、櫻井芽依さんと一緒に仕事を始めて7年、やっと安定して速いタイムが出せるようになって来たような気がします。次戦の菅生へ向け残された時間は多くありませんが、効率良くレースウィークへ臨むつもりです。

 甘いものが好きな私のために、訪れるたびラスクを差し入れしてくれますが今回も頂きました。

 

 201942822326.JPG201942822527.JPG

ページ上部へ