ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>BMW

BMW

BMWのS1000XR

 本日は表題にあるBMWのS1000XRを50mmローダウンし、その車両が完成したので試乗を行いました。

 少し涼しいけれども好天に恵まれた中、バイクで走るのはとても心地の良い行為です。50mmのローダウンで身長165cmの私でも全く不安なく取り回せる様になったS1000XRですが、走らせてもかなり好感触です。

 短くなったストロークをしっかり使える様、前後ともにスプリングレートは上げました。ブレーキ、旋回、加速を過不足なくこなし、Uターンも気軽でした。

 ストロークが短くなりましたが、フロントフォークには不満がありません。ただ、リアは速度が高めで負荷の大きい段差を越えると、バンプラバーに接触しているのがわかります。この辺りは極端なローダウンを行った際に、厳しくなる局面です。

 電子制御のサスペンションに目をうつせば、切り替えスイッチで「ダイナミック」と「ロード」を選択可能です。ダイナイックの方が柔らかい様です。
 この仕様で少しキツめの減速から倒し込みを行うと、リアの接地が弱まり怖さを感じます。ロードでも若干不足気味なリアの伸び減衰は、ダイナミックではより顕著となります。
 正直、それ以外の場面で両者の明確な差は体感しづらいと言うのが、私の評価です。ただし走行距離は20km程度な為に、1日走ってツーリングを楽しめばまた違った評価がある様に思います。

 特筆すべきは強烈なエンジンです。S1000RRよりはかなりパワーダウンされていると思いますし、レブリミットも下がっている様ですが、不必要に速い様に感じます。低速のトルクはかなり好感をもていますが、高回転は恐ろしく速くて、この車体構成であれば120馬力くらいで十分だろと考えます。ただ視点(環境)を変えれば、速度無制限の場所では200km/hで巡航するにはこの出力があると便利なのかもしれません。

 そのほかグリップヒーターは強烈に暖かく、この辺りはBMWが昔から優れている点です。シフターも低速できれいに作動するし、全体的にとても良く出来たバイクです。

 この様な新しい車両を預けていただき、大きな改造を行えるのはとても幸せに感じます。そろそろ17年目になりますが、開業から1年くらいは大きな仕様変更の依頼もなく、現在の一月に何台もこの様な依頼をいただけるとは考えもしませんでした。有り難いことです。

 今後も質の高い仕立てを行えるよう、いろいろな環境を整備してゆきたいと思います。

 

 

2020312223641.JPG

ブレーキディスクが格好良い。

 先日、BMWのE46の整備をしていましたら、ブレーキディスクが非常に格好良いことに気付きました。

 リアは錆止めに白っぽい塗装がされており、いかにも四輪用だな思わせる見た目でしたが、写真のフロントはバイクのステンレスローターの様で、気に入りました。使っているうちにすぐに錆びるとは思いますが、一時はその外観に浸ることにします。

 この車両は18万Km走った中古を買いましたが、なかなかしっかりと整備されている車両で、前後のスタビも取り付け位置を変更できる社外品に変わっていました。この様に持ち主に大切にされていた車両は、私も大事にしたいと思います。

 

202022123542.JPG202022123634.JPG

E46が進む アルバイトの矢作くん

 みなさまお久しぶりです。

 動画撮影、編集に集中してブログが疎かになっておりました。ごく少数のこのブログを楽しにみされている方がには申し訳なく感じておりました。

 昨日は、約一年ぶりにアルバイトの矢作くんが1日限定で復帰しました。今はスバルディーラーへ整備士として就職している彼ですが、当社でアルバイトしてくれていた時に作業を手掛けた車を手伝ってもらいました。
 会社の就業規定もあるでしょうから現金での支払いは行いませんが、現物支給で対応しようと思います。

 今年から金岡が作業を続けてくれていた試乗車として準備を進めている、BMW・E46を矢作くんに補助してもらいフロント周りもほぼ完成しました。残すはブレーキのエア抜き、プラグ交換、各種オイルとタイア交換に車検を通してから、ホイールアライメントの調整、クラッチプレート交換、燃料フィルタ、燃料ポンプ、各種ホース、ドライブシャフトのダンパー、エンジンマウント交換・・・
 やる事いっぱい残ってるじゃん!というのが本音ですが、それでも一応は前後ホイールを取り付け、車を転がせるくらいにはなりそうです。

 車検を通すのは4月以降になるでしょうが、とても楽しみにしています。

 

 

20202195298.JPG202021952934.JPG

BMWが進んでおります。

 金岡がBMWを精力的に進めてくれています。

 昨日はリア周りを進め、オーバーホールを終えたキャリパとエンドレスのパッド、新品ブレーキローターが取り付けられました。ダンパーも完成しており、来週にはリア周りが完成するとの報告です。

 ブッシュやハブベアリングは一度動き出してから、再度必要に応じてメンテするつもりです(部品は購入済み)。一度動かさなければ精神的な持続力が持たないので、とにかく車検を通すことを優先します。

 来週以降は、ディーラー整備士となり車検整備やリコール対応に大車輪の活躍をしているらしい、昔のアルバイト矢作君が手伝ってくれるので、フロント周りは急ピッチで仕上がりそう(な予感)です。

 今から走り出すのが楽しみです。

 

 20202692953.JPG

完成へ一歩近づく、ニンマリ

 E46のリアダンパーをエア抜きしました。

 各部を研磨により滑らかな作動を狙いましたが、ダンパーにオイルを入れてエア抜きを行いましたところ、なんとも言えぬ良い動きをしています。

 本来はリザーブタンクのないモデルで、減衰調整ダイアルで変更すると伸びと圧の減衰は両方変化します。これを嫌いリザーブタンクをつけその辺りに幅を持たせたつもりですが、もう少し変更を行うべきだったような気もしています。ですが乗ってみなければ分からない部分も大いにあるため、今後の仕様変更のお題として取っておくことにします。

 リザーブタンクをつける、エア抜きを完璧に行えるようにする。これは一体何のためかと申しますれば、一義に性能を安定させるためですが、副産物としてガス圧を下げられるというのもあります。エアがしっかり抜けていればキャビテーション(エアレーション)が起こりづらいので、低いガス圧でも成立します。それは路面からの入力をしなやかに受け止める(受け流す)事ができます。

 本日もラリーに参戦する当社の金岡と話をしていました。彼のシビック・タイプR用のオーリンズを改造しグラベルを走り、先日は茂原ツインサーキットにおいてアスファルトを走ったそうですが、縁石を超えて着地した際の安定感はかなり向上したそうです。

 友人たちが横乗りで同乗したそうですが、スタビリティの高さをみなさん感じ取れたようです。正しい方向性の地道な努力は、必ず実を結ぶと嬉しくなりました。

 

 2020128211340.JPG2020128211357.JPG

 

E46のダンパー改造を進めていたら

 一昨日、電話で問い合わせをいただきました。

 私が自身のBMW・E46に使うビルシュタインのダンパー改造記事をご覧になった方が、ご自分の乗るNBロードスターの仕様変更と改造に関しの連絡でした。

 自分の46が目標とする乗り味は、しっとりと縮みながら伸びは適度にかかる様な、どちらかといえばBMWよりおPorscheや Marcedesの様な路面に吸い付く乗り味です。
 私自身はBMWが打ち出すスポーツ性よりもベンツ・ポルシェの様なしっとりした足回りの方がよりスポーツ性が高いと判断しています。それは路面に吸い付くとは「タイアと路面が離れない」状態であり、つまりは接地能力が高く、加速、減速、旋回を高度にバランスさせます。

 この乗り味を目指しダンパーの作り替えと、基本部分の整備を進めています。バイク用のリアショックやフロントのカートリッジを自社製で製造してゆくつもりですが、実は四輪のダンパーも自社製品のランナップに考えています。
 大量に売るための品ではなく、売れなくても自分が欲する乗り味、外観や質感を持った良い製品を考えています。それをご覧になったアッパークラスの方が、自分もそれと同じのが欲しいと感じ、依頼くださればこれ以上の喜びはありません。

 そのため細部の作りを研究し、本丸であるピストンも今年から製作に改良を重ねてゆくつもりです。

 完成したらE46は試乗車として、興味のある方に自由に乗っていただける様にします。現在の自家用車であるW211のE350ベンツは代車などに活用しますので、四輪でも改造に興味を持たれましたら、是非連絡ください。

 

318Ciで実験します。

 昨日はBMW・E46の318Ciを進めるべく、金岡が動いてくれました。

 ダンパーの製作は私の仕事ですが、車体周りはラリーで体得した車体整備能力を発揮して、整備に勤しんでいます。
現在はリア周りを主に作業しています。その項目はブレーキキャリパのO/H。パッドはプロジェクトμへ交換。当然フルードも交換です。

 リアダンパーはリザーブタンクを増設し、調整部分を増やしエア抜きも容易に精度を上げて行えるように工夫します。私の気が乗れば、オイルシールのホルダ(シールヘッド)を金岡のラリーショックのように、ネジ締結へ変更するか、クリアランスを詰めるための部品製作を行います。
 他にもナックルのベアリング交換のため、治具を作りスライドハンマで引き抜けるようにしました。大きな材料を持っていて良かった。

 

 フロントはショックの改造。エンジン他のブッシュ関係とアームも交換です。これはベアリング一体なので面倒を避けるための措置です。さらには燃料フィルターやクラッチ板も用意してあります。

 エンジン本体以外は可能な限り整備を行いたい。そして、窓の縁に使われているゴムがかなり劣化しており、これも交換したいのです。欲を言えばオーデオも今時の画面が大きく電話と通信できれば便利ですが、古い車なのでそこはあえて純正のMDとラジオのままが格好良いかとも考えます。

 エンジン、インジェクションを含むマネジメント系、排気。希望を話せばキリないのですが、2Lのままダウンサイジングターボのように、ごく低速域から太いトルクを発生し、高回転は捨てた使用で街乗りを面白い車にしてみたい・・・高速道路で飛ばせば、免許も命も亡くなります。そこで現実的な速度で楽しい車を目指したいのです。
 しかし一度に全てを行えるほどの経済的余裕はありませんので、目先は手の届く範疇で作業を行い、将来的にエンジンまで改造できれば最高です。が、M3を買って湾岸MDのように首都高を(ゆっくり)ドライブして気分に浸るのもまた一興。

 とりあえず仕事を頑張って稼ぐことにします。

 

2020117175418.JPG

 

 

明日から通常営業

 明日一月六日から通常営業を開始します。

 まずは細々として業務を片付け、厚木まで一件納品を行い、動画の撮影を予定しています。

 今年は大きな買い物などで新規の開発などは行いませんが、昨年までに購入したPCやデータロガーを用いて、新たな開発やサービスを進めて参ります。ペーパーレス化を更に進め収集したデータをスプレッドシート等で相関を調べてみるなど、これまでとは違った方向の開発を考えています。

 業務に関しては、昨年までサーキットで使っていたMoTeCを街乗りで使える様にして、お客様のライディングを分析したり、クローズドコースではない市街地で実際にサスペンションを含めた車両に何が起きているのかを測定してみます。

 四輪においては金岡のラリーをサポートし、過酷な状況でも問題の起こらない製品と手法を模索しつつ、一方では街乗りにおいてBMW・E46/318Ciでスポーツ性と快適性を同居したおじさんに優しい車を探求し、試乗車や台車として貸し出せる様に準備します。

 よりお客様に快適な車両を提供すべく、地道な作業を続けて参ります。

 

 202015112316.jpg202015112335.jpg

  

BMW R1100S、セッティングについて

 YouTubeのセッティング動画の続きをどのようにしようかと考えていましたが、本日BMWのR1100Sを試乗セッティングした事により、良い解決案が生まれました。

 この度依頼があったR1100Sは前後にFGが使われており、O/Hとセッティングを同時に進めました。内部のシム組やスプリングを確認しながら、気になる部分は変更を加えました。キャンペーン期間中という事もあり、リアの減衰特性は割と大胆に使用変更を施してあります。
 それ以外は前後とも丁寧に組み直し、ガス圧を見直す事でふんわりと動くサスペンションを目指しました。

 お客様は休日の関係で26日までしか猶予がなく、小雨が降る中での試乗となりましたが、楽しく走れました。元来私は雨の中で走るのを怖いと感じません。濡れるとか事故の確率が上がる意味では面倒とは思いますが、接地感が希薄などの理由で雨天走行を遠ざけません。
 お客様から雨天走行の了承をいただき、早速走り出しました。

 走り出してすぐ、フロントの高さを感じました。高いとどのような感触なるかと言えば、フロントタイアが外へ逃げてゆく感じです。それを厳密に表現すると、ハンドルが切れているのにキャスターが寝ているせいで実舵角が減り、曲がらないのです。
 Ninja900のように設計段階でキャスターが寝ていれば、リアとの調律は保たれ、曲がらないが不快感は感じないこともあります。しかし、サスペンションやスプリングを交換して、もともと良い設定だった車が変化すると、非常に不愉快な感触を得ます。

 反対にフロントが低い(リアが高い)と内向性が高まり、不必要にフロントがインへと入って行きます。これは実舵角が大きくなり起こる現象です。つまり私は車高の高さをハンドルの切れ込む量、舵角で判断しています。

 車高に関しては絶対値と相対値がありますので、以前のブログを読むか、また改めてブログか動画で解説いたします。

 話が長いのは私の欠点なので今日は短めに、ここで終わらせますが、セッティングにおいて私が重要視しているのは、つまりは車高です。その車高は加速、減速、停止、旋回と各々の場面により最適な姿勢があり、その場に合わせた車高(姿勢)を作り出すのがセッティングだと定義しています。

 

201911261369.JPG2019112613632.JPG2019112613659.JPG

 

BMW F30を長距離乗りました。

 昨日は夜中に大阪へ、納品に出かけました。

 兄のBMW3シリーズのF30を借り、片道550Kmを走破しました。これだけの長距離を乗ると、普段使いでは気づかない点が見えてきます。

 足回りの評価は大きく変わりませんが、加速減速は100Km/h以上の速度でも余裕がありました。ターボが付いているので、E90のNAエンジンとは比較になりません。しかし残念なのはエンジンや排気音が抑えられているせいで、車内、車外問わずに若干物足りなさがあります。
 これも普段使いを考えれば良いのだと思いますが、ちょっとだけ残念でした。

 空気抵抗もかなり向上した様で、風切り音がかなり抑えられていたので、長距離移動の疲労はかなり低減しています。シートも程よい硬さなので、腰も痛くなりませんでした。

 他の年式、グレードで違いがあるのかは知りませんが、特筆すべき素晴らしい点を発見しました。それはマニュアルモードでシフトダウンを行った場合の、操作に対する忠実性です。E90やメルセデスのW211ではシフトダウンを行っても、操作に反応せずエンジン回転が下がるのを待ち、シフトダウンが行われます。
 しかし、F30のオートマはシフトダウンに即座に反応し、しっかりとギアが下がります。これを可能にしているのはインジェクション化と、ドライブバイワイアー、オートブリッピング機能の進化の併せ技だと思います。
 エンブレの効きも悪くありません。バックトルクリミッターを備えた様な、程良いバックトルクの逃し感もあります。

 アルバイトの梅山が教えてくれたのですが、最近のATはトルコンながらロックアップ機構があり、ロスが少ないそうです。ATに関してはかなり良いと思いました。

 ダンパーの動きですが、スプリングは低めのレートです。これはロール量から推定できます。それに反して圧減衰はちょっと強めで、伸び減衰は弱すぎます。そのためふわふわ感が強めにです。BMWの基本特性は前述の減衰比が多く、そこが私には合いません。これはすぐに作り直したくなります。兄から依頼があれば、ぜひ試したいですね。

 燃費が良い点も助かります。金銭面もよりも、給油の回数が減り面倒がなくなります。今回は満タンで出発してから大阪をまわり、帰路の浜松で入れました。
 合計1,200Kmの距離を走りました。出発前と浜松の二回しか給油しなかったので本当に楽でした。

 バイクも車も長距離を走らなければわからない事が沢山あります。皆様もたまには長距離ツーリングやドライブへ出かけてみては如何でしょうか?きっと楽しめるはずです。

 

 2019119185728.JPG2019119185946.JPG

 

ページ上部へ