ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>BMW

BMW

ビルシュタインを分解

 自分のE46に使うビルシュタインの分解を進めました

 リアは一足先に矢作が分解してくれていたので、フロントのダンパーを作業となりました。ガスを抜くまえに動きを確認しますが、やはり思った通りの動きで、伸び圧の比率が5対5です。バネも硬いのに減衰も割としっかり目で、ダイアルを強めると両利きする仕組みです。この様な減衰調整の型は、基本となるシム組を間違えると狙った動きに、絶対追いつきません。そのため、しっかりと造り込む必要があります。

 現状のビルシュタインが設定した動きは比率5対5なのでポコポコした動きです。そこでダンパーはもっとダルくして、バネに頼る古典的な手法に変更します。大幅に縮み減衰を抜き、大幅に伸び減衰を足します。

 車体周りを担当する矢作が、通常業務に忙しく46に手が回らないのですが、年内には車検を通しアライメントも取って、楽しい試乗車へ仕上げたいと考えています。 

 

 20181120202458.JPG20181120202859.JPG20181120203347.JPG20181120203438.JPG

Mercedes-Benz AMG Sachs

 午前中に集荷したAMGのザックスを分解してみました。

 初めて分解する形なので、手順を考えながらかかった手間を測り、同時にある程度の料金を算出して作業を進めました。

 基本的な作りは単純なのですが、造りをしっかり考えなければ分解は難しいと思います。ダンパー開発を仕事にする友人から話を聴くと、ザックスの技術力はかなり高いそうです。二輪ではにわかに信じられませんが、四輪の世界では間違いなくトップブランドです。

 この個体も分解しながら各部の手触りなどを感じ、特筆すべき点を発見しました。と同時に安っぽく出来ている部分もあり、ここは改良してみたいとも感じたのですが、ザックスを観察していると先ずは性能を優先し、次いでコストダウンを図っているように思えます。そのため、安易に改造するのはご法度かも知れません。じっくり観察してからお客様に提案しようと思います。

 

 20181117221428.JPG

株式会社バイブリンゲン

 ベンツのダンパーを依頼下さったお客様が預けている車屋さんが、江東区にある株式会社バイブリンゲン様でした。

 本日、ダンパーの引き上げに伺いましたが、大きな工場に多くのメカニックの方が働いており、社長の伊藤様は私の話を熱心にきいてくださいました。

 ベンツに限らず、ポルシェ、BMW、プジョーなど他にも沢山の輸入車があり、垂涎でした。

 

 20181117155145.jpg

 

AMGのザックス

 ホームページをご覧頂いたお客様が、ベンツのSクラス、AMGのダンパーを依頼下さいました。

 ザックスの品で、レベライザーらしきものが着いているようです。ベンツは先進技術に対してどん欲なので、対応する身としては大変な面もありますが、何とか直してお客様に楽しんで乗ってもらえるようにしたいと思います。

 そうは言いつつ、初めてのダンパーを分解するのはいつも楽しみです。

 

 20181117154037.jpg20181117153655.JPG20181117153634.JPG

深夜のテストドライブ

 昨晩は首都高の辰巳で待ち合わせをし、仕様変更を行ったBMWのE90をダンパーメーカーに勤める友人に試乗、評価してもらいました。

 助手席でもその運転の滑らかさは賞嘆に値しますが、これくらいの運転が出来なければ正確な評価につながらないそうなので、私自身も二輪、四輪問わず運転技術の向上を常に心がけようと思いました。

 リアの車高を大きく落としたE90は、相対的に高くなったフロントがコーナー入り口でグッと入らなくなったのですが、変わりにリアのグリップが強く感じられるアンダー傾向の強い車両になっています。初めて乗った時は若干リアの高さを感じ、鼻先がスルスルとインに入るのと引き換えにして、リアのグリップが若干不安定に思えた事から、リアの車高を落とすことにしました。

 実際に落としたのは7mmなのですが、これは正直落とし過ぎです。本当の狙いは今後フロントを3~4mm落として、車高全体を落とすとともに、前後フラット(弱前上がり)の姿勢を造る為の布石でした。

 現状は良い面と悪い面がはっきり感じ取れる仕様です。ここからフロントをどれだけ落とすかの判断が、製作者のセンスを問われるポイントとなります。友人の評価は私の視野にない、新しい目線で語られる言葉なために、より均衡のとれた質の高い車両製作につながる助言となりました。短い時間でしたが、とても楽しく刺激的でした。

 

 201811161652.JPG2018111616659.JPG

評価会

 木曜の夜は、友人と集まりBMWのE90を評価するために走りに出ます。

 私どもの評価とは、速度を上げ攻めるた走りではなく、一般の人たちの普通の使い方の中で特性を感じ取り、それを言語化します。その評価会にアルバイトと若者を参加させ、車両の評価すべき点と運転技術の関連性などを伝え、彼らの技術向上も期待しています。

 

 

むかし買った雑誌を覗いて

 昔買った雑誌で現行ロードスターの特集した物があります。

 買っただけで殆ど開いていなかったため気付きませんでしたが、改めて覗いてみるとロードスターのアバルト版も乗っていました。

 スタイルも好みなので欲しくなります。しかし、ホイールベースが2400mmを大きく下回る数値に驚き、アバルト版の1.4Lターボエンジンにも興味がありまして、機会があれば是非乗ってみたいと思います。 

 

 2018111217219.JPG2018111217318.JPG

アコード ユーロRを運転しました。

 昨晩は梅山の後輩がアルバイトの面接に来たので、車を運転しながら話をしました。

 これにはいくつか理由があり、運転の技量と状況判断をどのようにするかを観察するのが目的です。新しいアルバイトは松岡君という若者ですが、他人の運転はいつも学ぶ事が多くあります。

 彼の運転における技量は本題ではないため省きますが、彼が乗って来たアコード・ユーロRを運転させてもらいました。

 一言で言えば、とても良い車でした。ボディーはカッチリまでは行きませんがそれなりにしっかりした剛性を感じ、ペダルの配置やギアの入りもかなり使い勝手がよく、しっかり考えられた感があります。ただ、FFで良くある低速でハンドルを切った際の左右差はあり、右が機敏に反応し、反対に左に切るとダルな動きをします。それ以外はパワステが少々効きすで、スポーツ性を損なっているように感じました。

 無限のダウンサスが入っており、セットアップもされていないので本来の動きは分かりませんが、FFのフロント周りの重さは、その癖を分からないように綺麗に造り込んであります。減衰調整は付いていますが最弱にセットしてあるそうなので、もう少し減衰を掛けて行かないとポンポン跳ねるため、せわしない乗り味でした。そのような状態でも良さを感じるので、根本的な造り込みが良いのではないかと思います。

 昔から車のコンセプトが格好良いと思っていましたが、運転してもその通りの良い車でした。

 

 2018111091641.jpg

ビルシュタインの改造

 E46のビルシュタイン改造計画ですが、矢作が分解してくれましたので、早速シム組などを確認しました。 

 オイルシールやシールヘッド、フリーピストンは普通のビルシュタインでした。ピストンはバイパスを持った作りで456GTのビルシュタインと同じような仕組みです。

 シム組は特別ではなくよくあるパターンに見えます。これを自分の好きな組み方にしてみようと考えています。圧側はスルっと動かす組み方で、伸びは調整ダイアル次第でかなり柔らかくも硬くもなります。しかし、あまりに調整部分に頼ったようにも見えます。伸びはもう少しゆったり動かしながらもボリュームは変えず、伸びはボリュームを増して、ダイアルで抜くほうが良いと思います。

 ピストンリングは純正のプラスティック系からテフロンを表面に貼った金属製へと交換します。これは純正が手に入らない事もありますが、456GTから得た経験で動きが滑らかになるからです。

 シリンダーには溶接でホースを連結可能にし、容量と圧減衰調整を持たせます。リアショックはかなり自由度が高いので、いかようにも出来るのは楽しい限りです。

 

 2018119192632.JPG2018119192658.JPG

今日の夜から出張です。

 週末は大槻が鈴鹿へ出張でした。

 私は今日の夜から出張で広島へ向かいます。単なる営業ではなく、これまでにない提案を旧知の販売店様へ持って行きます。面白い展開になれば良いのですが、かなり難しい交渉なので、しっかりとした数字を明示できるよう、ギリギリまで提案書を練ります。他にも大阪、高知、神戸など幾つかの街を訪ね、友人を見舞ったり広島高潤の飯盛さんに会いに行ったり、忙しくなりそうです。

 BT1100かE46で行きたかったのですが、あいにくまだ仕上がっておらず、E90で2000㎞以上を走ってきます。

 

 2018115133216.JPG

ページ上部へ