ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>BMW

BMW

S1000RRのマルゾッキフロントフォーク 電制

 BMWのS1000RRフロントフォーク。マルゾッキになった2019年型以降の品です。

 実は外観からは製造会社がZFSachsからMarzocchiに変更があったとはわかりません。ブラケット部分に表記があるためかろうじて認識できる程度です。

 昨日のブログでも書いているのですが、内部は想像以上に異なります。例えば電子制御は同じでも従来のピストンにシムが載る構造は伝統的なダンパ構造です。
 この仕組みのおかげで、ザックスと違いこのマルゾッキはかなり微細な調整が行えます。さらには加工を施す事でスプリングの調整しかない右フォークに減衰調整を組み込むことも可能です。
 ただ、そこまでするなら最初から非電制ショック採用車両を選べば良いので、無用の長物かもしれません。ですが似たようなカテゴリのDucatiのムルティストゥラーダに対して、左電制、右アナログの減衰調整を組み込んで実走させて経験があります。

 これは基本の大きな変更を電制側で行い、そこから微妙な調整は右のアナログ調整で行うというものでした。私自身としてはかなり良い仕組みだと思いましたが、作業工賃と部品代が高く一般に売れるような形には仕上げられませんでした。

 今後はこのような製品、プロダクトを会社としてどのように提供してゆくのかが、課題だと感じています。

 

202247114953.JPG202247115054.JPG202247115237.JPG20224711534.JPG202247115334.JPG

202247114832.JPG202247114858.JPG

S1000XRのフロントフォークショート加工

 BMW/S1000XRのフロントフォークをローダウン加工で作業しています。

 サイドスタンドも同時に加工しました。

 2019年以降のS1000XRはサイドスタンドが短いので、傾きが大きいのが難点です。傾きが大きいので車両を直立させるために大きな力が必要となり、ローダウンを望まれる(体格が小さな)方にはそれも問題点と感じられるはずです。

 そこで当社としては40mmまでのローダウンではサイドスタンドは短くせずそのままにします。そうすることでちょうど良い傾きとなり、むしろ扱いやすさが増します。
 費用も抑えられるので、お客様にはシート高で30〜40mm程度のローダウンに留めることで、足つきと価格を両立できるよう提案しています。

 

 

202246145258.JPG202246145321.JPG202246145346.JPG

S1000XRのリアショックをローダウン

 BMW/S1000XRのリアショックを改造しました。

 足つき性向上のためローダウンの依頼があり、仕様変更を施しています。

 2018年まではドイツのザックス。2019年以降はイタリアのマルゾッキの戦後ショックが採用されています。一般には前者の方が高性能だとされていますし、事実細かい部分の造りや企業としての知識、見識の深さは驚くべきものがあります。しかしこのS1000系の前後ショックに限った話では、後者のマルゾッキに軍配が上がります。

 調整範囲(分解して減衰を抜本的に変更できる)の広さ、エア抜き等がしっかり行えるようにあなっており組み立て精度が良いなどがその判断の主な基準です。

 ローダウンは特別難しい作業ではありませんが、手法を間違うとコネクタや配線をだち切ってしまい非常に面倒なことになりますので、その手順は慎重に行う必要があります。

 前後のローダウンはサスペンション単体で預かると概ね20〜25万円(ローダウンの下げ幅により変化)です。

 

202246134343.JPG202246134413.JPG202246134441.JPG20224613452.JPG

2020年型S1000XRのローダウン

 2020年型のS1000XRをローダウンしました。

 シート高で40mm弱さげましたが、その手法はこれまでと同じく前後ショックを分解し、バネの交換やカラーの加工で対応しています。
今回、2時間ほど街乗りをして設定を確認しましたが、純正の減衰設定はリアの伸びがやや動きすぎのように思います。ダイナミックとロードの二通りから選べますが、柔らかくするとかなりポワンポワンと動きすぎて、硬めに設定すると若干動きが感じ取りづらい難しい仕様です。

 そのような訳で、リアの内部設定を変更して減衰特性を変えればもっと楽しめる車両になりそうです。フロントもスプリングレートを改めれば減ったストロークの密度を増して、少ないストロークで十分な吸収量をまかなえます。それにより前後の(リアのスプリングは交換済)動きがより同調するために、乗り心地と走破性が同時に向上して、楽しさが倍増します。

 40mm程度のローダウンであればサイドスタンドは無加工で丁度よい程度です。

 S1000XRは前後ショックを付き詰めればもっとすごい操舵性を得られると確信しました。新たな依頼があった際には、そのあたりを提案してより質感の高い車両を提供できるようにと考えています。

 

202221217717.JPG202221217815.JPG20222121793.JPG202221217930.JPG

S1000XRのローダウンを進めています。

 BMW・S1000XRの前後ショックを改造してローダウンを行います。

 近年のBMWはかなりシート高を下げて来ましたが、それでもやや高いとのことで、依頼を頂きました。
 S1000XRはもともとサイドスタンドが短めなお陰で、前後ショックでシート高を40mm下げると程よい傾斜角となり取り回しもかなり楽になるという副産物を得られます。

 今週中に加工作業と取り付けを済ませ、週末から週明けには試乗を行うつもりです。その内容はまたブログと動画にしますので、フロントフォークも含め進展を報告いたします。

 

 

202212615344.JPG20221261544.JPG

S1000XRのローダウン

 車高の高いS1000XRはローダウンの依頼が多く舞い込みます。

 この車両はサイドスタンド時の車両傾斜が大きく、シート高で30mm程度であればサイドスタンドは加工せずにちょうど良い角度に収まります。

 今回は前後ショックをローダウンして前後均等に車高を下げ、足つきと操舵性を確保しました。電子制御の前後ショックですが何度も作業を行った経験から、かなりすんなりと終わらせられました。

 30mm程度のシート高ローダウンであれば概ね25万円程度で収まりますので、興味ある方は相談ください。

 

 

2021104193320.JPG2021104193339.JPG2021104193356.JPG2021104193412.JPG2021104193435.JPG2021104193250.JPG

2021104183850.JPG2021104183915.JPG

BMW S1000RRのローダウン完成

 スーパースポーツにおいても、割合と人気のあるBMW・S1000RRのローダウンが完成しました。

 シート高で50mm下げるのを希望されており、これまでに何度も行ってきましたから特段の問題もなく作業を終えました。この5年位はローダウンを数多く手掛けるようになったおかげで、手法は手慣れたし仕上がりも徐々に向上しています。ローダウンで難しいと感じているのはフロントです。
 リアショックは案外と下げても問題が起こりづらいのですが、フロントはもともとストロークが大きく、車高を下げる=ストローク量を削る訳で、減速や大きな段差を乗り越える時に不快な動きを感じさせます。それを最小限にするため極力ストロークは削りたくない。そこでこれまでとは違った手法を考案し(といっても大した事はありませんが)、少しでも乗り心地と走安を向上させました。
 実は此の車両の前に完成したGSX-S750とVFR800Fも同じ手法を用いて、フロントの動きを演出しています。

 50mmも下げると当然、差し引きされた問題点も露見します。それでもバイクに安心して乗りたいお客様の希望に添えるよう、そして造り手として最大限乗り心地を担保できるように、新たな手法を日々模索しています。

 50mmは少々きついのですが、それでも純正で疑問に感じた部分をローダウンに伴うバネや減衰特性の変更を逆手にとって、乗り心地を向上させられます。特にシート高で20mm程度の下げ幅なら明らかに良く出来ます。今後もローダウンしても純正より向上させるためその手段を模索してゆきたいと思います。

 

 

2021419213629.JPG202141921371.JPG

S1000RRの前後ショック

 昨日納車したBMWのS1000RR・2020年型。前後ショックは想定していた通りの作りでした。

 2018年まではザックス製造で分解組み立てが面倒な作りでしたが、特にリアショックはエア抜きが困難であり、好ましく思いませんでしたが現行のマルゾッキは痒い所に手が届く、アフターパーツとして販売されている品のように整備が楽になっています。

 現行S1000RRはフロントのスプリングレートが1.1Kgf/mmで、かなり硬い。バネはイニシャル量(初期の縮める値)とスプリング本来の定数で使い方を選べます。
 S1000RRは硬いバネを柔らかく使おうとしていますが、1.1Kではそれも限界があり、ストロークエンドの重さが際立ちます。他方、リアショックはスプリングが程よい感じで、イニシャルにより狙いどころへ落とし込めます。しかし減衰がよろしくない。ダンパがゆっくり動く際はそれなりに沈むのですが、勢いが強く動く時は踏ん張り過ぎで途端に固まります。

 そのため、フロントはバネを柔らかくしつつ、イニシャル量を見直す(外部調整ではなく内部において)。リアはバネをそのままに圧減衰を大きく弱めます。

 これにより成人男性が乗っても、女性のように比較的体重の軽い場合でもしっかり動きます。これらの改造を専用スプリングを開発し、リアのメニューも定量かし前後ショックの仕様変更で10万円程度で収まるようにしたいと考えています。

 今回は電制サスでない昔ながらのマニュアル調整でしたが、今後は機会があれば電制版も仕様違いを作り込んでみたいと思います。

 

 

202122894952.JPG202122895024.JPG

S1000XRの話、問題発生

 ちょっとした報告ですがS1000XRのローダウン30mmを進め、一応の完成をみた訳ですが問題が発生しました。

 ダンパーユニットの減衰設定を変更しようとボタンを操作したところエラー表示が現れました。自社では分からなかった為、モトラッド様で確認を行った所、断線している様です。近日、もう一度フォークを分解しこの断線部箇所を特定、修理を行い再度試乗を行う予定です。

 新しい挑戦を行うと、いつも簡単には終わらせてくれませんがなんとか乗り越えて行きたいと思います。

 

 

2020121222380.JPG

S1000XRのローダウン

 モトラッド店から依頼があり、S1000XRの前後ショックを改造しローダウンを行いました。

 シート高を30mm下げる

 前後ショックのショート加工でシート高を30mm下げることが出来ました。この程度であれば、スプリング交換やイニシャル量の調整により自然な乗り味を実現できます。

 純正に対する評価はこの動画で確認ください。https://youtu.be/FLWGUwkndEA

 純正のタイア空気圧の変更、ショックの設定変更を行った動画はこちら。https://youtu.be/ISy1ZPpK5ik

 何が言いたいのかと言えば、中間の丁度良い塩梅がなく、硬すぎるか柔らかすぎる印象です。その中間を作り出すために減衰特性を変更しました。
作業完了後に驚きましたが、30mm程度の下げ幅ならばサイドスタンドの加工は不要で、ノーマルのままむしろ丁度良い角度になりました。センタースタンドはコツは要るものの、私一人で上げる事も可能です。

 問題も発生し、解決に向けこれから取り組んでゆきますが、リアショックの減衰切り替えがシステムエラーにより行えない不具合が発生しています。モトラッド様でエラーチェックから原因が判断できれば、解決に向け作業を進めたいと思います。

 

 

2020127194636.JPG202012719472.JPG2020127194720.JPG2020127194753.JPG

 

 

ページ上部へ