ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2022年5月

2022年5月

タイアに関する動画

 もともと再生回数の多かった動画が、4月に入って以降急激に伸びています。

 タイアの外観を観察すれば、基本的な操作がわかるという内容です。よければご覧ください。

 https://youtu.be/vmEWc1dWGUU

憧れの2000年型R1の試乗

 10代の後半、バイクに乗り始めて少しして発売されたYZF-R1ですが、これまでに依頼は数多く有りました。

 ただ前後ショック、ホイール、ブレーキまで全て交換してある車両は珍しいので、なかなか楽しい作業になりました。それにこの車両はキャブもFCRなので興奮します。

 実は一昨年1998年型R1を仕入れたのですが、ほしいと言うお客様がおり自分が乗る前に転売(といっても特別利益を出したわけではありません)したので、自己所有した経験はありません。

 といった訳でここからが本題です。フロントフォークはヤフオクで仕入れたそうです。リアのFGは当社で製作しました。

 フロントフォークの状態と変更点
 分解しシムを洗浄して気づいたのは、圧縮側減衰の左右で設定が違う点です。片側だけ観た印象は「珍しいシム組だな」程度だったのですが、反対を確認して違いが明らかになりました。これはそのままどちらか一方にあわせるのではなく、両者の中間程度の仕様にまとめました。伸びもやや不足気味と感じ小幅ですが追加してあります。

 筑波サーキットに狙いを定めるためフロントのバネ10Nmとしてあります。ある程度のタイムまではこの数値で十分だと思います。1分を切るようなら減衰を含めてもう一度見直しが必要です。

 リアショック
 減衰の設定はそれほど悪くなかったので、主にバネで解決してあります。圧減衰が最強から6段戻しでややきつめでしたが、ばね定数を90Nmから95Nmへ変更してセッティングを重ねると9段目までゆるくなりました。バネの不足分を減衰で誤魔化していたのが本来のあるべき姿に戻ったというところです。

 イニシャルは95Nmしたことで、それまでよりも2mmぬいてありますが、程よい感じです。車高、ばね定数、減衰はどれか一つ抜き出して変更するというよりも、全てが重なり合いながら連動するため、調整した際の見極めが重要です。

 上手くセットがまとまり、非常に楽しく走れるようになりました。入庫時の状態でもかなり良いと感じましたが、バネ交換により一段上から全体を楽に見渡せるような、気を使わないのに速く走れる感覚です。

 

202251114512.JPG20225111465.JPG202251114919.JPG

BSTの販売しているリチウムバッテリ

 一般整備は基本行っておりませんが、預かった車両に問題があった場合や社員を含む自分らの車両の整備は行います。

 バッテリを交換するためにBSTが販売しているEVOLTECというブランドのバッテリーを取り寄せました。

 

20225171955.JPG

ステアリングラックの修理

 フェラーリのステアリングラックを修理しました。

 フェラーリ関係のダンパー等でお困りの際はお近くのディーラーから依頼いただければ幸いです。

 

2022517157.JPG

ページ上部へ