ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>ZX-10の前後ショックO/H 単体で依頼
ダンパー仕様変更

ZX-10の前後ショックO/H 単体で依頼

 カワサキのZX-10Rですがサーキットも楽しむ方から、前後ショックのO/H依頼がありました。

 急ぎという事でサビは研磨で磨いて表面を慣らし、仕上げました。

 BPFにハイパープロのバネを組むよう指定がありました。測定の結果では内部の初期プリロードが純正よりも小さくなります。BPFに限った話ではありませんが、トップアウトが硬いこれらの車両でプリロードを低めの値から始めると、実際に使えるストローク量(実ストロークと読んでいます)が減ってしまい、その乗り味は常に前が低く減速でブレーキをかけきれない、消化不良な車両になると予想できます。

 BPFをお金をかけずに良い動きにするには、定数の低いバネをプリロード多めで乗れば実ストロークが増え、使えるフォークになります。あとは油面を問題が発生しない範囲で下げてゆく。

 もちろん私の好みという面もありますが、基本路線は間違っていないと思いますので、どうにもBPFのセッティングがまとまらない方は、参考にしてください。

 リアショックはO/Hと指定のあったアイバッハスプリングへの交換を行いました。こちらもすんなり作業が終わり、納期を急ぐお客様のため早々に出荷いたしました。

 前後のO/Hで概ね10万円(送料税込)でした。

 

2022427141228.JPG2022427141251.JPG2022427141322.JPG2022427141347.JPG2022427141413.JPG2022427141439.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3335

ページ上部へ