ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>ZX-6R 636のフロントフォークとリアショック
ダンパー仕様変更

ZX-6R 636のフロントフォークとリアショック

 今年は636の前後ショックを沢山仕様変更しています。

 スーパースポーツですが、フロントのスプリングレートが0.9Kgf/mmとやや動きやすいため、先づバネを交換します。そして有効ストロークを減らすトップアウトスプリングを交換したりゴム性のリバウンドストッパへ置換して、使えるストロークを増やします。これだけで車両前部の印象は大幅に良くなります。

 リアショックは純正で9.5Kgf/mmで特に硬すぎ柔らかすぎは感じませんが、サーキット等でハードに走りたい方にはやや物足りない様です。これは体重やコースで変わりますが、10〜10.5Kを用います。

 これらの仕様変更で峠道からサーキットまでとても楽しく、快適に走れます。価格は前後で概ね15万円程度(フロントはO/H,リアはガスのみ封入)となりますので、リアショックを交換するよりやや安価で済みます。何か不満を抱えている方は、とりあえずこれらの仕様変更から試して、徐々にお金をかけて行くと楽しくなりますので、不満を感じている方は一報ください。

 

2021104192933.JPG202110419302.JPG2021104193026.JPG2021104193046.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3178

ページ上部へ