ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>ZX-12Rのアウターチューブ
メンテナンス

ZX-12Rのアウターチューブ

 以前にも話題にしましたが、12Rのアウターチューブ単体で依頼が入り、ガイドブッシュの高さを変更する加工を行いました。

 純正では高さが8mmとかなり低く、低負荷時の作動性は良好ですが高負荷時には面圧が高まり、動きを阻害するだけでなくインナ表面を著しく傷めます。そこでガイドブッシュの高さを12mmにしてそれらを解消する加工を勧めています。
 この高さは15mmでも十分にアウタの肉厚は確保できるので、試験をする機会があれば試して、問題がなければお客様の依頼に応えます。

 アウターチューブのスライドメタルを二種四個、交換と加工を含め概ね4万円となります。スライドメタルだけの交換も行います。その際は部品代含め1.5万円程度です。

 興味ある方は問い合わせください。

 

 

2021104184630.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3174

ページ上部へ