ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>S1000RRの試乗評価
ダンパー仕様変更

S1000RRの試乗評価

 昨日はS1000RR,ZX-10R,CBR1000RR-Rの試乗を行いました。

 試乗の印象は、エンジンはかなり穏やかでオートシフターの反応がかなり上質。ポジションも概ね良さそうですが、前後ショックはあまり作り込まれた印象持ちませんでした。
 前後ショックの作り替え、交換とセットアップでライダーの思い通りに動く、上質な車両になりそうです。

 以前は感じなかったのですが、今回の試乗では舵角のつき方が特異に感じました。ハンドルが切れ過ぎます。これはステムオフセットが大きすぎる際に起こる現象です。
 サーキットを走ったことのある2型では感じなかった現象です。一応簡易測定を行い、今後の判断材料にしますが、40mm位あるのではないか?と疑うほどに切れます。

 これは車両姿勢、サスセットも色濃く反映される部分なので、明日、試乗しセッティングを詰めて解消を狙ってゆきます。

 

 

202118225151.JPG202118225214.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3060

ページ上部へ