ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>Ducati F1のリアショック完成
ダンパー仕様変更

Ducati F1のリアショック完成

 10月に預かったF1の作業が少しづつ進んでいます。

 リアショックは完成

 オーリンズのリアショックが着いていました。かなり初期の品で、多分80年代後半か90年代初期のモデルです。各部の消耗品を交換し、掃除を行い肝となる減衰設定を変更しました。たまたま余っていた新しいピストンもあったので、交換することにしました。

 厳密にはオイルの通路(ポート)寸法が違うために、それに見合ったシム組を行ってあります。バネ定数は試乗の感触から、オーリンズの設定そのままで良さそうです。実測では7.5Kg/mmでした。

 残すはフロントフォークのカートリッジ化となります。週明けには試乗を行えるように進めてゆくつもりです。仕上がったらまた動画で話したいと思います。

 

 

202012410227.JPG2020124102227.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3031

ページ上部へ