ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>KONIのオーバーホールを進める
オーバーホール

KONIのオーバーホールを進める

 KONIの部品が少しですが手配できる様になりました

 先日、ウィングコニーのオーバーホールを行いましたが、その際に方々へ手を尽くし、KONIの部品がどうにか入手できないか探りを入れたところ、全てではありませんが、一部の部品を入手可能となりました。オイルシール、バンプラバー、その他にも減衰調整付きの場合はエンドアイに関わる部品も入手可能です。

 極端に古い品はどうするのか?

 上の部品はKONIでも比較的新しい品であれば、かなり揃います。しかし70年代など極端に古い場合はこれまで通り、加工などに頼らざるをえません。それでもバンプラバーなどのゴム部品は共用ですし、かなり楽になったのは間違いありません。

 作業工賃、ロッドの再メッキ、その他含めると5〜15万円程度と価格に幅はありますが、作業は可能です。O/Hで困った際には連絡ください。

 

 

20201112171248.JPG20201112171312.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3002

ページ上部へ