ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>旧型CB1000R,SC60のオーリンズ
メンテナンス

旧型CB1000R,SC60のオーリンズ

 ホンダドリーム東大阪様の依頼で、CB1000R・SC60のオーリンズをローダウンするために分解しつつ、減衰特性変更とスプリングを交換します。

 分解して減衰のシム設定を確認すると面白事がわかりました。現行のCB1000Rのオーリンズとかなり似通った設定です。そうは言っても差異はありこれはこれで新たな発見でした。これだけ似た設定なのはフレームやリンクレバー比が共通している事を示唆しています。

 ダンパーの自由長を短くしつつバネ定数を下げ、人間が乗る事による下げ幅を増やし足着きを向上させています。これらの作業は全て含め税込でおおよそ10万円弱です。バイクの動きを大きく変質させる事ができますので、更にバイクを楽しみたい方は問い合わせください。

 

 

20201118225655.JPG20201118225730.JPG20201118225756.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/3012

ページ上部へ