ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>カメラの部品を削りだす
SACRED GROUND STAFF BLOG

カメラの部品を削りだす

 マイクが届きました

 ZoomのH1nと言うマイクが届きました。これまでオーディオテクニカのピンマイクを使用していましたが(4万円もする)、周囲の環境と相性が悪い気がしたのでYouTubeで紹介されていたマイクを試すことにしました。

 H1nは高いマイクではありませんが、動画で聴いた音が良い感じでした。価格もマイク本体は1万円もしないので即決で購入です。

 届いたマイクは使い勝手の良さそうな品ですが、カメラの上にマウントするためのアダプタが無い。カメラに接続して録音しなければ編集の際に音を同期させるのが面倒なため、急遽アダプタを作る決意を硬め、早速作業に取り掛かります。

 材質はSUS303のステンレス六角棒です。これを削りネジを切って20分もかからずに完成です。ネジ部分はダイスで表面が荒れるのを嫌い、旋盤でねじ切りを行いました。

 折角作ったアダプタが狙い通りの音を拾えるか楽しみです。場合によってはカメラとは別に机の上で人間に寄せた方が良い場合もあるので、その時はアダプタが無駄になりますが、兎に角動画撮影を初めてみます。

 

 

20201023213421.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2978

ページ上部へ