ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ローダウン 車高を下げる>CBR650Rのローダウン
ローダウン 車高を下げる

CBR650Rのローダウン

 東北のお店から依頼があり、CBR650Rの前後ショックとサイドスタンドが届きました。

 30mmローダウン

  最近のバイクはシートが高く足つきの悪い車両が多いので、ローダウンの依頼を多く頂いています。

 リアショックはエンドアイを加工して車高を落とします。昨年、同様の受注が有った際にリアのレバー比を測定してありましたので、どれくらいダンパーを短くすれば、どれほど車高が下がるのかは把握していました。

 フロントはキャスター角度(斜めに取り付けられている、あの角度のことです)があるため一対一で変化せず、フロントフォークのストロークと車高の変動は同一ではありません。ここは三角形の計算で数値が出ます。それらを合わせて適当な数値で長さを整えました。

 サイドスタンドも重要な要素です。車種によってはバイクが倒れすぎるので、少々のローダウンは様子がよくなります。しかし30mmとなると少々大きな数字となりますから、ここはやはりローダウンに合わせてスタンドも短く切りそろえる必要があります。

 料金は?

 これらにかかる料金はおおよそ税別で12万円です。安くはありませんが、それでも思いの外、多く依頼を頂いています。乗り味を損わずに車高を下げたい時は是非、相談ください。

 ローダウンして乗り味を向上させることは可能なのか?

 これが実は可能です。その手法は難しい訳ではありません。なぜかと言えば純正そのままの状態は最良だと考えないからです。ローダウンをしないで前後ショックを作りかえれば、仮に200%まで持って行けるとしたら(しかしそれには50万円という、かなりの出費を覚悟する必要はありますが)、前後ショックをスプリング交換、その他の小変更を含め20万円程度で130〜150%程度の仕上がりにする事が可能です。

 当社のローダウンが純正よりも乗り味をよくできると謳っているのは、この点に関してです。ただ下げるのではなく追加費用は掛かれど仕立て直す前提に立ち、最善を目指せば前記の通り、純正よりも上質な車両に仕上げられます。興味をもたれた方は、一度相談いただければ幸いです。

 

 

2020729214625.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2922

ページ上部へ