ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ローダウン 車高を下げる>BMW1000RR 2020年モデルの大幅な進化 シート高50mm下げ
ローダウン 車高を下げる

BMW1000RR 2020年モデルの大幅な進化 シート高50mm下げ

 まるで社外品のよう

 BMWのS1000RR,2020年モデルのローダウンが二台分、同時に入荷しました。

 サスペンションメーカーはイタリアのマルゾッキです。同じ製造会社なれど、昨年までの機構とは大幅に変わっており、驚くと同時に喜ばしい変化が見られます。

 フロントフォークの変更点

 昨年までと同様に片側のフォークは電子制御ダンパーで、片側はスプリング調整は従来と同様です。

 減衰を発生させるカートリッジはガスが封入されています。大がかりな特殊工具がなければガスを入れられませんが、これは特別な解決策を用意して作業を可能にしていました。2020年型はここを普通の社外ショックのようにガスを入れられるようになっています。

 リアショックの変更点

 リアに関してはフロントと同様にガスの封入方式が変わり、シリンダー径、ロッド径、ピストン形状(これはフロントも同じですが)まで変わっていました。

 いいね〜

 マルゾッキというメーカーは、正直作りが雑です。ザックスその他、多くのメーカーが雑な作りをしていますが、このS1000RRは大幅な進化を遂げています。車両純正ショックと社外ショックの中間くらいの出来です。これらは一般の作業者たる我々市井のサスペンション業者には喜ばしい変化であり、ついつい「いいね〜」とにやけた次第です。

 今回の依頼はシート高を50mm下げる、ローダウンの依頼でした。総額はおおよそ20万円弱。サイドスタンドの加工費用も含みます。足つきに悩まれている方は、一度相談ください。

 

202063185025.JPG202063185159.JPG202063185233.JPG

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2897

ページ上部へ