ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>CB1000Rの純正サスペンション・セッティング
ダンパー仕様変更

CB1000Rの純正サスペンション・セッティング

動画で説明

https://youtu.be/Vs3dcW-f1zk

 上記アドレスから、CB1000Rのサスペンションセッティングに関する私なりの印象を話しています。お時間のある方はどうぞご覧ください。

 CB1000Rの一番の大罪

 少々刺激的な物言いですが、リアの車高が高過ぎて、どうにも楽しめないと感じています。言及すれば他にも気になる点はありますが、この部分を解消するだけで私の好みに大きく近づきます。

 その次の課題はフロントの減衰力が強すぎる点と、有効ストロークが短いという2点です。これも簡単には解決できませんが、不可能な訳ではありません。
 具体的に言えばリアを下げて「フロントは上げる」必要があります。こうする事で、バイクのピッチングセンタやヨーセンタがリアへ寄り、思い通りに動く車両になります。

 素性は良い

 上記改善を施せば、素晴らしく楽しい車両になります。昨年も二回に分けてCB1000Rを改造しましたが、その経験を踏まえ今回は更なる高みを覗いた気分です。
 実現はかなり難しいと感じていた車高の合わせが叶ったのです。素晴らしく楽しいバイクになる素性の良さを、このCBは備えています。それを邪魔しているのは主にサスペンションの基本設定と、エンジンマネジメントです。

 今回、CB1000RがホンダのフラッグシップとしてCBを名乗るに恥じない仕上がりだと確認できました。今後はCB1000Rの依頼があれば、簡単な姿勢変更から目玉が飛び出るくらいに高価な改造(例えばフロントのオーリンズFKRをいれ、リアにはTTxGPを取り付け総額100万円に届く様な)まで手がけてみたいと思います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2884

ページ上部へ