ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>CB1000R、本日納車
ダンパー仕様変更

CB1000R、本日納車

 セッティングと納車

 本日、無事にCB1000Rの納車を行いました。

 セッティングの為、走り込みました。全体の動きがチグハグだったので、フロントのイニシャルを強め、減衰を抜きました。
 リアはコンプレッションの減衰を少しだけ弱めましたが、これで最高に楽しいバイクになりました。

 減速でブレーキを握り込むと粘りを感じながらストロークします。リアサスも穏やかに持ち上がり、均整の取れた姿勢を作り出せます。

 予想しないくらい楽しかった

 上記のセッティングを終えたらば、予想しなかったくらい楽しいバイクに変貌しました。減速でフロントタイアに大きな力がかかり、グリップを強く感じられます。ブレーキを握りつつバイクを倒し込んでも不安がありません。旋回後期にアクセルを開ければ、リアタイアの存在感が強くなります。

 CBの特性を作り替える

 メーカー出荷状態のCB1000Rはフロントタイアに大きく依存し、リアタイアは希薄に感じられます。この乗り味はここ数年の流行だと思いますが、伝統的なリアタイアを意識しながら曲がれるバイクが好きな私は、この特性を作り替えました。

 ただ、純正がフロント7割、リア3割と言った印象なので、ツインショックのネイキッドのようにはできませんが、それでも前後5割位のスーパースポーツ感覚のネイキッドになりました。

 総論

 そのままでは私好みではありませんが、前後ショックで30万円程度を費やせば、素晴らしい車両に仕上げられます。フロントにカートリッジキットを追加するのであれば、総額は50万円に届きますがさらに上質な乗り味を演出できますので、興味のある方は是非、相談ください。

 

 

2020517215333.JPG202051721562.JPG2020517215630.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2878

ページ上部へ