ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>NSR250SPなどのピストンリング加工
メンテナンス

NSR250SPなどのピストンリング加工

 NSRのリアショックは通常、ピストンリングの交換ができません。

 ピストン丸ごと交換なら問題ありませんが、そのピストン自体が販売されておらず、使い回しが常です。今回は分解時にピストンリングが傷んでしまったので、ピストンを加工して対処しました。

 旋盤加工で作業を行いますが、芯をキッチリだして加工寸法も1/100mm程度の±で仕上げます。この加工を済ませれば今後はピストンリング料金だけでメンテナンスが行えますので、お勧めの作業です。古くても新しくてもこのピストンを使うダンパーは数多くあるので、オーバーホールの際はお客様に提案させていただいております。

 NSR250に限らず、特にヤマハのランツァは代替え品もなく同加工は必ず施工するのが良いと考えております。

 

 

2020223152232.JPG2020223152247.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2791

ページ上部へ