ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ローダウン 車高を下げる>KTM790アドヴェンチャー
ローダウン 車高を下げる

KTM790アドヴェンチャー

 昨日、KTMの790アドヴェンチャーがローダウン加工を終え、本格的な試乗を本日行いました。

 詳しい説明と走行風景はこちらの動画をご覧ください。  

 公開は2/12の朝5時です。
 要点は2つで、先ずは足付きを重視し50mmはシート高を下げる。次いで硬いリアショックの動きを改善する。両者ともうまく調律できたと思います。

 ノーマル状態ではイニシャル不足のフロントでどっしり感があり、硬すぎる減衰のリアにより軽快感というよりもリアタイアの希薄さが目立ちました。
これらの組み合わせは、素材は良いのにどこか面白みにかける乗り味を作り出していました。これを改善した事で、極めて普通の楽しい車両に変貌し、減速も旋回も加速も心地よく行えます。

 BMWのGSシリーズもそうですが、車高が高いオフロードはストロークが存分にあり低くする事自体は容易です。近年のビッグオフロードは車体剛性も十分で、ストロークの少なくなったサスペンションに硬めのスプリングを取り付け、オンロードの様にすれば街乗りはとても快適になります。ある種、モタードと同様でありながらホイール径はそのままなので、バランスを崩さずに楽しめます。

 当社のローダウンはお客様に対し、個別の要望を満たすため一台一台作ってゆきます。その分だけ費用はかかりますが、判で押した様なありきたりな仕上がりではなく、施主の方が満足できる仕立てだと自負しています。
 「ローダウンしたけれど何か違う」や「自分にピッタリのローダウンを模索したい」という方は、ぜひ当社に相談くだされば、細部まで詰めた仕様を提供いたします。

 今回のKTM790アドヴェンチャーは総額で約20万円でした。

 

 

202021122507.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2785

ページ上部へ