ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>BMW>E46のダンパー改造を進めていたら
BMW

E46のダンパー改造を進めていたら

 一昨日、電話で問い合わせをいただきました。

 私が自身のBMW・E46に使うビルシュタインのダンパー改造記事をご覧になった方が、ご自分の乗るNBロードスターの仕様変更と改造に関しの連絡でした。

 自分の46が目標とする乗り味は、しっとりと縮みながら伸びは適度にかかる様な、どちらかといえばBMWよりおPorscheや Marcedesの様な路面に吸い付く乗り味です。
 私自身はBMWが打ち出すスポーツ性よりもベンツ・ポルシェの様なしっとりした足回りの方がよりスポーツ性が高いと判断しています。それは路面に吸い付くとは「タイアと路面が離れない」状態であり、つまりは接地能力が高く、加速、減速、旋回を高度にバランスさせます。

 この乗り味を目指しダンパーの作り替えと、基本部分の整備を進めています。バイク用のリアショックやフロントのカートリッジを自社製で製造してゆくつもりですが、実は四輪のダンパーも自社製品のランナップに考えています。
 大量に売るための品ではなく、売れなくても自分が欲する乗り味、外観や質感を持った良い製品を考えています。それをご覧になったアッパークラスの方が、自分もそれと同じのが欲しいと感じ、依頼くださればこれ以上の喜びはありません。

 そのため細部の作りを研究し、本丸であるピストンも今年から製作に改良を重ねてゆくつもりです。

 完成したらE46は試乗車として、興味のある方に自由に乗っていただける様にします。現在の自家用車であるW211のE350ベンツは代車などに活用しますので、四輪でも改造に興味を持たれましたら、是非連絡ください。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2771

ページ上部へ