ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>好きに書いております。
SACRED GROUND STAFF BLOG

好きに書いております。

 ここのところは、ちょっとした内容や商業性の高い話題はツイッター。 https://twitter.com/SGFacendo

 ツイッターよりも文章量の多い、突っ込んだ内容や長めの動画はFB。 https://www.facebook.com/Sacred-Ground-640650852697004/

 私自身の休日や猫に関してはインスタを更新しています。https://www.instagram.com/sgfacendo/?hl=ja

 そして文章では伝えずらい細かい部分を理解しやすいようにYouTubeで発信しています。https://www.youtube.com/channel/UCBGEnN9Nbcal5phO1yt54KA?view_as=subscriber

 これまで、全てをブログの文章で伝えようとしてきましたが、上記の四つの発信手段を得た事で、ブログはより自由な表現を得ることができました。そのため最近は書きたい内容を自由闊達に書き記しています。

 先日のブログで、テクノロジーの本質という話をしました。要約すれば、人間の脳内にある物をテクノロジーにより物質を介さず表現できれば、より自由を得ることができるのではないか?という事です。細かくはそのブログをご覧ください。

 上記のブログ内容を踏まえて、脳内の表現力について考えました。
 楽器を介さずに脳から直接音楽を取り出せれば、より自由に表現できる。と、ある一面では正しいと知りつつも、しかしそれは前提条件が不足していると気付きました。

 例えば赤ん坊が言語を知らないまま育ったら、勝手に言葉を話すようになるのか?答えは否です。周りが言葉を話し、それを聴き理解する能力を脳が有しているため、言語を理解できるようになります。つまりは言語環境が脳を育むわけです。
 ならば音楽についても同様の事が言えるのではないでしょうか?楽器を演奏するという技術的制約がありつつも、楽器の音色に刺激を受け音楽を作る事ができる。もし世の中に楽器がなければ、音楽と音色はとても限定的となり、そこから雅楽、オーケストラ、現代音楽などの複雑な音像を脳内だけで創造し得るかは、かなり怪しいと思います。
 楽器という物質があり制約があるからこそ、人間の創造性が芽生えるのではないかと考察しました。

 福沢諭吉さんの「不自由の際に自由がある」とは名言だと思います。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2728

ページ上部へ