ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>お客様が試乗感想を送ってくださいました。
ダンパー仕様変更

お客様が試乗感想を送ってくださいました。

 先日納めたNSX用のクアンタムですが、お客様が試乗の感想を送ってくださいましたので、それを転載します。

 以下お客様からの内容です。

 

 オーバーホール前のクァンタムとの比較になりますが、第一印象は乗り心地はクァンタムオリジナルと違いは、さほど感じられませんでしたが、初期のロールが減った感じを受けました。
初期ロールが減っているのに乗り心地は確保されていたって事は乗り心地は良くなっているんだと思いますが、その為か、トラクションのかかりがよく感じる事と、ステアリングの舵に対する車の反応が良く感じました。
 
 NSXは高速コーナー気持ち良いんですが、更に安定したように思いました。
クァンタムオリジナルは初期にスッ(初期のロールが早い)とロールして、その後踏ん張る感じだったんですが、オーバーホールは、初期のロールを感じさせず、ステアリングの舵角に合わせ車の向きが変わっていく感じを受けました。まだ慣らしの為、街中と鈴鹿峠を走った感想です。スピードも控えめなので今後どうなるかわかりませんが、また、長年通っている峠でいつものペースで走ってみます。
 
 以上です。
 しっかりエア抜きのできているダンパーの特徴ですが、ロールが抑えられたような印象を得られます。これは微小領域のストロークでも摩擦抵抗と減衰が綺麗に立ち上がるため、ステアリング操作の0.1mmにも反応するかの如く、スッとストロークが始まるため極めて自然にロールが発生し、いつの間にかロールしていた。というような感覚になります。
 しかも微低速から減衰が立ち上がるので、ロール量自体も少なくなります。その乗り味は硬いのかと言えば、お客様も書かれていた通り、乗り心地に悪影響はありません。
 これらドライバーの感覚からも分かる通り、エア抜きがどれほど乗り味に影響を与えるのかご理解いただけると思います。
 
 クアンタム純正が「スッとストロークしてその後踏ん張る感じ」なのは、エア抜き不十分のために微小ストローク領域では減衰を十分に発生させられず、ある種、ダンパー内でピストンがダイブしているような物です。オイルの池にダイブしたピストンが、着水(着オイル)した後から減衰を発揮するのです。
 エア抜きをしっかり行ったダンパーは内部がオイルで満たされていますので、最初から潜水モードで減衰を発生します。それをお客様が感じ取ったのだと思います。
 
 そのほかにも、製作したステンレスシリンダー内壁の仕上がりが良く、滑らかに程よい抵抗を持ってストロークするのも一因として挙げられます。
 
 楽しい車に近づけるように、日々研究して行きます。
 
 
 2019121085453.JPG2019121085528.JPG
 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2727

ページ上部へ