ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>問題解決方法。
メンテナンス

問題解決方法。

 私の父は昔小さな会社を経営していました。そのせいか、普段はあまり耳にしない様な言葉を子供の頃から聞かされていました。

 その一つに問題解決方というのがあります。

 先週の金曜日、久しぶりに作業に従事する従業員が全員揃ったこともあり、社内勉強会を開きました。その主な議題は、減衰力を発生する「ピストンを逆さまに組んでしまった」という内容です。

 これは許されない失敗です。本来はエア抜きの時などにそれに気づくのが普通で、そうでなくとも完成後に他の人間に確認させればその違和に気づいたかも知れません。ですが残念なことにそれらの確認がなされず、そのままお客様の手元に届いてしまい、変なので確認してほしいと先方からの連絡により発覚しました。
 ピストンを逆さまに組むと起こりうる問題はいくつかありますが、今回はオイルの通路を塞げないため、減衰力がほとんど発生しないというものでした。

 同じ問題を起こさないためには、どの様な手段が有効か?それを一同で話し合いました。私は自分の中に答えを持っていましたが、一応のヒントを与えあとは皆に意見を出させて、彼らの考えを尊重し早速翌日の作業からその手法を取り入れました。

 問題がおこったらその場で周知し、可能な限り早い段階でその対応策に着手するのが、問題解決法の第一だと思います。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2687

ページ上部へ