ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>小改造、フロントフォーク
オーバーホール

小改造、フロントフォーク

 茨城県のK2プロジェクト様から依頼のあった、ヤマハのフロントフォークが作業を終えました。

 スタンダードラインの作業内容でしたが、スプリングはオーリンズ、シールはSKFを希望され用意しました。
 SKFは埼玉県春日部市のテクニクス様が販売されており、在庫もあり問題ありませんでした。しかし、フォークスプリングは難しい面があります。それはオーリンズに車種設定がなく、寸法と車格から合う品を考え選ぶ必要があるからです。

 インナーチューブが41mmでも、車種により内径は様々です。年式と車格、車重を考慮しばね定数を私が決定しました。初期のイニシャル量もカートリッジ有りと無しでは変えています。減衰の強さでもプリロードは変化させると乗りやすさが段違いとなります。

 今回はTRX850のオーリンズフォークスプリングを使用しました。スプリングレートが7Nm,7.5Nm,8Nm,8.5Nmと豊富に選べ、長さも純正に近似しており使い勝手がよく助かりました。

 車種設定のないフォークスプリングの選定、スプリングカラーの製作には別途料金が掛かります。ですが、最良のフロントフォークを作るには避けて通れない部分でもあります。
 興味のある方はぜひ連絡ください。楽しい車両を作る一助になれば幸いです。

 

 201997141036.JPG201997141159.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2638

ページ上部へ