ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>フロントフォークとブレーキパッド
メンテナンス

フロントフォークとブレーキパッド

 先日納車したFZ1フェザーのブレーキは驚くほど秀逸でした。

 ブレンボのマスターシリンダーにヤマハ純正のMOSキャリパー、ブレーキディスクはサンスターのフローティングタイプにエンドレスのブレーキパッドを組み合わせています。

 これはとても私の好みで、初期の穏やかな効きから握り込めば十分な力を発揮し、綺麗に立ち上がる制動力は扱いやすい特性そのものでした。過去に使っていたプロジェクトミューとは効き方が違っています。ただ、方向性は同じようです。同じメーカーでもパッドの種類により千差万別ですから、購入されるときは注意して選択してほしと思います。当社でパッドを購入いただく場合は、お客様の好みや乗り方を考慮した上で、最良の選択になるようメーカーや種類を提案いたします。

 上記組み合わせに加え、自分好みに作り込んだフロントフォークのおかげで、フロントタイアが鳴くような効かせ方をしても、まだ余裕があります。限界域の特性で私が想起するのは「冬山の尖りに尖った稜線の上を歩く」ですが、その頂がさらに高くなったのに、稜線の幅が太くなり滑落の心配が大幅に減少している感覚を持てました。

 ブレーキの安定感にはリア周りの動きが大きく関わってきます。基本的な特性は前周りで作り込みますが、リアのセットを少し変えると、小さな角度変化が進めば進むほど大きな差になるのと同様に、リアのセットで仕上がりは大幅に変わります。最初から後ろに気を取られすぎると間違いやすいのですが、前だけではどうもしっくりこないと感じた時は、目先を変えるのも有効だと思います。

 自分にあった良い品を最良のパッケージで組み合わせると、何物にも代え難い悦びと面白みを堪能できます。皆様も是非、ご自身のバイクや車で遊んでいただきたいと思います。

 

 201952104710.JPG20195210506.JPG201952105031.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2530

ページ上部へ