ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>KZ1300のリアショック を進めています。
オーバーホール

KZ1300のリアショック を進めています。

 カワサキのKZ1300純正リアショック を作業中です。

 ツインショックですが左右をホースで連結してあります。これはなぜかと申しますと、空気を加圧してスプリングレートを変える構造なのですが、そこで左右の不均衡が生まれないための配慮からだと推察します。 

 ホンダとカワサキには俗に言う「エアサス」が使われていました。しかし分解してみればわかる通り、全てのダンパーにはスプリングが入っています。そのため私どもは社内で「エア加圧型」と呼称しています。基本はコイルスプリングが受け持ち、空気圧によりレートを変化(プリロードの意味合いが大きいのかもしれません)させ、多くの状況に対応させる狙いだったはずです。

 SHOWAのほうは分解前提の構造ですが、KYBは非分解式なために、これをオーバーホールするのは些か手間を伴います。当社はこれを再利用可能にし、ずっと使い続けられる様な、部品交換を前提とした仕様に作り直します。

 作業工賃や部品製作などを含めると、価格は総額で約20万円です。インナーチューブの再メッキ等の追加作業があると更に費用は増しますが、純正ショックにこだわりを持っていらっしゃる方は、ぜひ問い合わせください。

 

 2019599523.JPG2019599630.JPG2019599815.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2537

ページ上部へ