ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>カートリッジキット SGCF kit 4P>NSR250、MC28用のフロントフォークを改造
カートリッジキット SGCF kit 4P

NSR250、MC28用のフロントフォークを改造

 お客様から相談を頂き、フロントフォークのインナーチューブをコーティングすることになりました。

 コーティングの種類は何が効果的か?と話を頂きました。その中で、経験的に問題を感じる施工を避け、実績がある物を推薦し了承のうえで、コーティング作業を進めました。

 コーティングと同時に圧の減衰調整を可能にするSGCFkit4Pへの改造も進めました。話をしてゆくとより良い仕様を望まれていたために、ピストンはFGのキットに交換するとともに、スプリングも私が考える良い物を受け入れてもらえました。

 スプリングは0.675Kと硬いわけではありませんが、イニシャルの使い方次第でとても気持ちの良い動きを出せる値を選んでいます。インナーチューブと擦れる事で摩擦抵抗と共に金属の削れカスが発生するのを抑制したいがために、かなり細身のバネを選んでいます。更に仮に擦れたとしても問題を最小限にするべく、スプリング表面も研磨を行ってあります。

 NSRというよりもV型2気筒のレーサーレプリカに合う動きを求め、心血を注いでシム組を考えました。ダイアルを最強にしてもダンパーが止まらないような、美味しいポイントを軸にして精緻な変更が可能な演出を行ってあります。

 到着して早々に車両へ取り付け試乗を行ったお客様から「かなり良い変化を感じられ、ここまで良くなるとは考えていなかった」とお褒めの言葉を頂きました。別で所有されているMC21のフォークも同仕様へのモディファイを依頼下さると、即決してもらえました。

 今回はインナーチューブのコーティングに約9.3万円、SGCFへの改造約12万円、スプリング、FGのピストンキット、消耗品、組み直しを4回まで行えるSGCFモディフィケーションPKGを含め40万円以上かかりましたが、満足度はとても高い仕上がりを提供できたことで、製作者の我々も高い満足を得られました。

 

 2019224235714.JPG20192250139.JPG2019225024.JPG20192250232.JPG2019225034.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2456

ページ上部へ