ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>スイフトスポーツ試乗
ダンパー仕様変更

スイフトスポーツ試乗

 ビルシュタインをお買い求め下さったお客様の、スズキ・スイフトスポーツを試乗しました。

 非常にコンパクトな車でホイールベースは2430mmです。軽自動車より若干長い程度のこの数字は、とても高い旋回性を作り出します。そのため私は、ホイールベースにより車の基本性能を読み取るようにしています。

 このスイフトスポーツで一番良かった点は、エンジンとミッションの繋がりです。高回転まで回してギアチェンジを行うと、ドッグタイプかの様にスルッと素早く入ります。減速時の入りも抜群で、時代が下るに従い機構がどんどん良くなるようです。発進でアクセルを開けずにクラツチをつないでも、サラッと前に進み、回転を上げるとバイクの様な感覚で遅れなく加速して行きます。

 サスペンションに関しては、世間で評価されるほど良いイメージを持てませんでした。圧勝ち(伸び負け)した基本設定はゴツゴツした乗り味と音を誘い、細かく連続したギャップではふわふわします。大きく動く時も抑えが効きません。総評すると軽快感を強く感じさせるハンドリングです。もう軽快性を削り、そこにシットリ感や粘りっ気を追加すれば、軽快性を損なわずに上品なハンドリングを演出できると考えています。

 今回はビルシュタインの設定のままで、一度走り込み、その後で問題点を洗い出し減衰の設定を変更しようと思います。手間はかかりますが、私がバイクから得たハンドリングの基本思想を、車に落とし込めればとても楽しい乗り物に仕上げられるはずなので、何とかまとめてみます。

 内装も今どきの車だけあり雰囲気も良く、スイフトスポーツは格好良いと思いました。

 

201812493123.JPG201812493345.JPG201812493514.JPG

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2336

ページ上部へ