ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>BMW>深夜のテストドライブ
BMW

深夜のテストドライブ

 昨晩は首都高の辰巳で待ち合わせをし、仕様変更を行ったBMWのE90をダンパーメーカーに勤める友人に試乗、評価してもらいました。

 助手席でもその運転の滑らかさは賞嘆に値しますが、これくらいの運転が出来なければ正確な評価につながらないそうなので、私自身も二輪、四輪問わず運転技術の向上を常に心がけようと思いました。

 リアの車高を大きく落としたE90は、相対的に高くなったフロントがコーナー入り口でグッと入らなくなったのですが、変わりにリアのグリップが強く感じられるアンダー傾向の強い車両になっています。初めて乗った時は若干リアの高さを感じ、鼻先がスルスルとインに入るのと引き換えにして、リアのグリップが若干不安定に思えた事から、リアの車高を落とすことにしました。

 実際に落としたのは7mmなのですが、これは正直落とし過ぎです。本当の狙いは今後フロントを3~4mm落として、車高全体を落とすとともに、前後フラット(弱前上がり)の姿勢を造る為の布石でした。

 現状は良い面と悪い面がはっきり感じ取れる仕様です。ここからフロントをどれだけ落とすかの判断が、製作者のセンスを問われるポイントとなります。友人の評価は私の視野にない、新しい目線で語られる言葉なために、より均衡のとれた質の高い車両製作につながる助言となりました。短い時間でしたが、とても楽しく刺激的でした。

 

 201811161652.JPG2018111616659.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2294

ページ上部へ