ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>またもアンチノーズダイブの修理
メンテナンス

またもアンチノーズダイブの修理

 先週はRG500ガンマのアンチノーズダイブを修理しましたが、今回はカワサキ系のANDを修理しています。

 中で動く筒状の部品に腐食が発生し、オイルをシール出来なくなっています。半年ほど前に当社でシール交換を行いましたが、漏れてしまいました。そこで、部品を自社で造り直し対応します。 

 この後にも2セットANDの修理が控えており、形状も違う事からブログに載せ、お客様の参考になれば良いと考えています。

 ユニットのオーバーホール、部品製作で3万円程度です。部品製作が無ければ2万円以下で終りますので、ユニットからのオイル漏れにお困りの方は連絡ください。

 

 2018111174517.JPG2018111174632.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2275

ページ上部へ