ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>オーバーホール後の動きは全く違っていました。
メンテナンス

オーバーホール後の動きは全く違っていました。

 先日記事にしたCB1300SF/SC54のフロントフォークが作業を終え、お客様に向けて出荷致しました。

 カートリッジも含めた完全分解オーバーホールのため、シムの一枚一枚まで丁寧に洗浄してあります。交換可能な部品は入手できるだけ、交換します。各部のOリング、例えばイニシャルアジャスター部分も調整時に滑らかに回るようにグリスアップします。これでお客様が自身で調整する際にも軽く回るうえ、その手触りから質感の高い作動性を感じてもら、それだけでも喜びを得ることが可能です。

 片側だけオーバーホールを終わらせ動きを確認しましたが、未だオーバーホールしていない反対側と比較して、反発の強さを感じました。エアボリュームが変わっているのかと考え、キャップを開けて大気解放後、もう一度動作確認を行っても結果は同様でした。

 オイルの劣化や部品の摩耗、ヘタリなどが影響しているのでしょうが、相反するように思える動きの滑らかさとフロントフォークの硬さが程よく混在している感覚です。

 これでお客様に喜んでもらえれば嬉しく思います。

 

 2018102884622.JPG2018102884718.JPG2018102884748.JPG2018102884811.JPG2018102884830.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2241

ページ上部へ