ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>バイクで遊ぶ>ヤマハ・NIKENに乗りました。
バイクで遊ぶ

ヤマハ・NIKENに乗りました。

 さくじつ訪れたYSP杉並南様に試乗車のNIKENが置いてあり、乗る機会を得ました。

 細かい情報を全く知らずに、お店で初めてNIKENの存在を知りました。

 乗って直ぐに分かったのは減速時の安定性です。前が二輪のため簡単にはABSが作動しません。かなり強く握りましたが、ただ強烈に減速するだけです。低速で軽くスラロームさせると、二輪とは違ったプールを泳ぐようなしっとりとした手応えのある動きをします。軽快性は低いと思いますが、むしろこれ位が丁度良いと思わせる、滑らかでしっとりとした動きです。

 ハンドル操作に対しては多くの部品が介在してタイアを動かす仕組みですが、これがまた丁度良い値に設定されています。二輪の直接的で一対一の動きとは違いました。これも良し悪しありますが、穏やかな感触を得られます。

 反面、気になったのはリアサスの設定です。伸びの減衰が不足しているため、ギャップで落ち着きがありません。これはイニシャルと伸びの調整でまとまる程度の問題に思えます。フロントもフルアジャスタブルでいじれば面白そうです。乗り慣れないため、どの様に変更するべきかはまた判断が付きませんでした。

 そのほか、アクセルに対する反応が過敏すぎるので、私自身の好みとしては少し穏やかなレスポンスにした方が、もっとスポーティーに走れそうです。完全停止からの発進では、その過敏すぎるアクセルの反応でギクシャクした動きになってしまいます。

 発進時にクラッチをつないでゆくと自動でエンジン回転が上がり、スタートを助ける機能がある様です。これを上手に使い、ゼロ発進時にはアクセル操作をせずにクラッチを繋ぎ、完全にクラッチレバーを放した後でアクセル操作を行えば、先述のギクシャクを大幅に改善できました。クラッチレバーの基部にはこれまでのオンオフだけでなく、ストローク感知のために大型センサーが着いていました。

 外見も含め、賛否はあるでしょうが私自身は欲しいと思う車両でした。攻殻機動隊やパトレイバーの様な機械っぽさがあります。ガンダム的な印象は持ちませんでした。

 

 20181019121343.jpg20181019121428.jpg20181019121447.jpg2018101912154.jpg20181019121522.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2214

ページ上部へ