ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>アルバイトの矢作です。>アルバイター矢作、動く。
アルバイトの矢作です。

アルバイター矢作、動く。

皆様こんばんは。アルバイトの矢作です。

私は普段リアショックのオーバーホールが主な仕事なのですが、昨日から社長の愛車であるE46型318Ciの足回り周辺のメンテナンスを進めております。

手始めとしてフロントのショックオーバーホールするために外し、ショック周辺のリフレッシュを兼ね現在装着されているロアアームを外しました。

外す前に足回りを観察していたら、驚く程シンプルな構造に驚きを隠せませんでした。以前作業させて頂いたポルシェ996も多少違いはありますが似たような構成をしていました。

車両によってアーム形状も色々な種類がありますが、ストラット型の比較的シンプルな構成で乗り味を高められるのは驚きを隠せません。

今後ダンパーのオーバーホールが終わり次第、足回り周辺の部品を車体に組み込む予定です。またクラッチや燃料フィルターの交換なども残っており、作業自体はそんなに進んでいるとは言えないのですが、大変そうだなと思う反面、大幅なリフレッシュを終えた車体がどの様な動きをするかが楽しみです。

 

2018109195239.JPG2018109195315.JPG2018109195344.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2186

ページ上部へ