ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>ダンパー仕様変更>Z1の手直し
ダンパー仕様変更

Z1の手直し

 2年程前に造ったZ1の足回りが、手直しで入庫していました。今年は例年になく忙しいため4カ月も放っていたため、お客様にお叱りを頂いてしまいました。こういった点は会社組織としての問題点であり、改善方法を考えました。

 この個体はフロントに当社独自のカートリッジ機構を取り付け、リアはWPのツインショックを改造してロッドを当社独自のSGSA14へと太くし、スプリングを柔らかくしてあります。

 タイアはコンチネンタルのラジアルタイアで、とても乗り心地がよく、操縦性も素晴らしいものです。四輪でもコンチネンタルの評価は高いようなので、二輪、四輪問わず今後はテストを行ってみたいメーカーです。

 

 201891422227.JPG20189142247.JPG20189142258.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2116

ページ上部へ