ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>BMW>レジェンドの試乗で気付いたこと
BMW

レジェンドの試乗で気付いたこと

 レジェンドの試乗を終え、その動きを脳内で繰り返し再生しながら課題や問題点、その解消法などを考えていました。

 なぜレジェンドがFF(リア駆動もするとは言え)なのにあれほど良い車体の動きを感じさせるのかが、とても大きな疑問でした。そこで車体の諸元を確認したところ、気になる数字を発見できました。それは車重で、ほぼ2000kgあります。これが答えの一つだと確信しました。FF車はフロントオーバーハングにかなりの重量物を搭載しなければならい必然があり、それが高級車としての演出を行うのには致命的な欠点になります。レジェンドの重量に気付き、他の大柄なFF車を調べた結果は、この車がFF車の最大サイズと呼んで差し支えないようです。

 リアにモーターが載るとはいえ、車重が重くなればエンジンの相対的な重量が減り、FF車の悪癖を誤魔化せます。これはとても大きなポイントです。誤魔化すは言葉が悪いかも知れませんが、換言すれば「薄まる」と言った感じです。

 自己所有の初めてのMT社はEG5のシビックでした。この車はその悪癖が顕著に感じ取れる車でしたが、それは車重が1000kg前後と軽量なために、エンジンの相対重量が大きいせいだと、今なら理解できます。

 重量配分の問題については、更に考察を深めてゆきます。

 

 2018813114558.JPG2018813114623.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/2029

ページ上部へ