ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2018年7月

2018年7月

2年の時を経て真似してもらえました。

 他社に先駆けカシメ型をオーバーホール可能にしたのですが、初めて再カシメの施工を行ってから2年たち、同様の手法でオーバーホールを行う業者を見つけました。当社も雑誌やネットで見かけた情報を基に、真似たり、それを進化・変化させここまで来ました。ですから真似してもらえるのは光栄だと思います。

 しかし簡単に真似される程度の物は技術とは呼べません。最初から難しいとも思いませんでしたし、2年分先へ進んでいる分だけ、ダンパー、サスペンションのオーバーホールを更に進化させてゆきたいと考えます。

エンジンオイル交換

 BMWのE46、318Ciのエンジンオイル交換を行いました。

 3000Km を走ったので交換です。前回はモービルのオイルでしたが、今回は本命の広島高潤・ヒロコーを取り寄せました。

 入れたオイルは4STスペシャルです。リッター3000円以上しますが、走り出してすぐに違いを体感しました。エンジンの滑らかな回りは、悦楽と呼ぶのにふさわしい快感を得られます。

 ヒロコーのオイルを選ぶ理由は数値的な性能ではなく、エンジンの回転が滑らかで快感を得られるからです。感覚性能の部類です。エンジンオイルの交換でこれだけ満足を得られて、交換毎に驚きます。

 オイル交換が待ち遠しいのが本音です。

 

 2018731195710.JPG201873119582.JPG2018731195857.JPG2018731195957.JPG201873120037.JPG20187312014.JPG

ランニングの効能、ライダーと心拍数

 昨晩は1年以上怠けていたランニングを行いました。

 4~5年前は毎日走っていたコースで、私の中ではショートコースです。約6Kmの距離があり、ゆっくり走ると40~50分程度かかります。走る距離は大切ですが、それ以上に時間を重視しています。時間が長くなれば自ずと色々な事を考えます。昨晩も仕事の方向性や課題をまとめました。帰宅後、日記にそれらをまとめられたので、とても有意義でした。目覚めも気持ちよく、久しぶりの運動がとても心地よく感じます。

 独身最後の頃は毎日10Km は走り、日によっては20Kmでした。年間の走行距離が2,000Km程で、その時は一時間で12Km、全力で走ると1Kmを4分前後でした。今はもう見る影もありませんが、特に気にせず今の調子でゆっくり楽しんで走りました。20代の頃はハーフマラソンに出場し、1時間50分弱のタイムでした。フルマラソンは大会出場経験はありませんが、6年前の8月15日の夜に「勝手にフルマラソン」と呼ぶ一人フルマラソンを慣行しました。国道16号線に立つ距離目安のポールを頼りに42Kmを走り切りました。この時は途中で牛丼を食べたり、飲み物休憩をとったりしながら5時間丁度でした。

 ランニングで思い浮かぶのは、心拍数です。56レーシングでも過去に名越哲平くんと桜井芽依さんの心拍数を測定しましたが、かなりの差がありました。具体的な数値は示しませんが、一分間で20拍程度は違っていました。

 心拍が高くなれば疲労も出やすくなり、落ち着いた運動が出来なくなります。心肺機能が高まればランニング程度の感覚でレースを走れますが、運動しない人では全力疾走の感覚となり、操作と操縦が難しくなると思います。医学的に正しいかは知りませんが、有酸素運動と無酸素運動の違いに等しいと考えています。

 

 

地図、カーナビ、北固定、サスペンションセッティング

 先日、ウエストウッド井原商会の昔なじみ、久野さんと話をする中で、私自身がカーナビ等の画面は北固定だという話になりました。

 17歳でバイク便を始めた時は21年前の話ですから、カーナビは殆ど普及していませんでしたし、持ち運びできるポータブルナビもなかったように思います。

 紙の地図から始めたせいか、カーナビ等を見る時も北固定にしています。というより私自身はカーナビ等は使いません。地図機能と経路を調べる事はあります。大体の場所がわかれば、後は近くまで行き、そこから詳細な場所を地図で調べ目的地に到達します。

 その地図感覚が細かいとか大雑把だとか言いながら、サスペンションセッティングへと話題が移り、ダイアルを10段以上も一度に回すことがありますよと。車高は0.25mm単位で調整することもあります。0.25mmを細かいと捉えるのか、ダイアル10段を大きいと捉えるのかは人それぞれですが、私自身は細かいとも大きいとも思いません。必要な部分を必要な量だけ変更します。この話を久野さんにしたら、そこが重要だと指摘を受けました。

 普通の方は動かした量に着目してしまうようです。セッティングに慣れると、求める動きのためには必要と考えるだけ動かすようになります。そうなればセッティング初心者を脱したと言えるのではないでしょうか。

 写真と本分は関係ありません。

 

 201873181552.JPG

Bimota DB1のFGを手直し

 以前製作依頼を頂いたBimotaのDB1用FGですが、、干渉する箇所を直すための部品交換を終え、昨日出荷致しました。

 

 201873018155.JPG201873018256.JPG

NSR250のリンクロッド販売終了

 当初は10セットの販売を考えていたNSR250の車高調整用リンクロッドですが、予定数を超えた受注を頂きました。

 一本は56レーシングのNSF250Rに使いましたが、全14セットで販売終了致します。補修部品は依頼を下されば用意致しますので、いつでも連絡ください。

 

 2018730174456.JPG201873017470.JPG2018730174731.JPG

ネジ切が、上手にできて、大満足

 昨日、急遽リアロッドを製作する必要に迫られ、KLXのロッドを作りました。

 以前は切った表面がボソボソと汚い仕上がりばかりで、なかなか満足仕上がりになりませんでしたが、ここ最近は数をこなしているせいか、大分ましになりました。

 

 201872910444.JPG2018729104110.JPG2018729104312.JPG

金縛り体験と考察

 金縛りは稀に体験します。 

 20代中盤辺りから金縛りにあうようになり、最近でも起こります。

 イタリアへ行った際、ローマのあるホテルの一部屋で金縛りにあいました。翌年同じホテルの同じ部屋で、また金縛りにあいました。これは何かあるのか?と疑いましたが、ローマは古い建物が多いので、過去に殺人事件でもあってその霊がいるのか?などと少し心霊現象を信じそうになりました。

 昨年も自宅で寝ていたところ、金縛りにあいました。体が動かない状態で、階段を上る音が聞こえ扉があき、足回りの布団が沈む感触がはっきりとあり「これは泥棒か強盗か?」と思ったところで意識を失いました。

 朝になり、カミさんに金縛りの話をしたのですが「そういえば珍しくう~、う~とうなっていたよ」と言われました。妻が先に起きて、私の布団の足元を通り、扉を開け階段を下って行ったのを、私は金縛りにあった状況で妻の行動を逆再生していたようです。

 これにて金縛りは心霊現象ではなく、脳が生み出す錯誤なのだと確信した次第です。しかし、一番怖い体験でした。

中性子星と原子

 子供のころに興味の対象であったのは、宇宙と時間と恐竜でした。その中で宇宙については今でも大いなる興味と感心(だけは)を持っています。

 太陽は水素の核融合によりヘリウムを作り出すが、それ以上重い原子を作れないそうです。重金属の原子を作るには、中性子星同士の衝突でなければ生み出されないと言われているそうです。

 中性子星の質量が増せばブラックホールになりますが、ブラックホールどうしがぶつかるとどうなるのでしょう。ブラックホールは外に出られる物質がないため、凄く重い重元素を作れたとしても、観測は出来ないのかも知れません。

 などと、少し時間があると宇宙について調べたり考えたりして遊んでいます。

KTM390Duke

 390DUKEのリアサスをオーバーホールしました。

 エマルジョン型で特別な作りではありません。WPの品ですがオイルシールを含む構造に変革があり、日本製のダンパーと同様の仕組みとなり作業が楽になりました。この変化には良い点と悪い点がありますので、全てを喜ぶわけにはゆきません。しかし製造会社の立場としては、作業が早くなるためこちらの方式を選ぶのが正解だと思います。

 

 2018727202054.JPG

ページ上部へ