ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>オーバーホール>ネジ切加工、ウルフ125、FG
オーバーホール

ネジ切加工、ウルフ125、FG

 最近はネジ切加工をそれほど行いませんが、一時期集中して加工を行った経験が生きて、通常業務の一環として作業しています。

 今回はウルフ125のFGを製作すべく、加工を進めています。その中でロッド長を詰めるためエンドのネジ切を行いました。アルミ、ステンレス、鉄などは簡単にネジ切が可能です。ハードクロームのようなかなり硬質の材料に関しては、可能ですが時間がかかります。この辺はTACなどのNCがあるとかなり楽になりますが、当社は汎用のTALです。

 現物合わせでネジ切をすると、好みのかみ合いに出来るので、そこが自作の強みです。

 

 201828141955.JPG201828142015.JPG201828142042.JPG20182814211.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1708

ページ上部へ