ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>メンテナンス>点火プラグと振動
メンテナンス

点火プラグと振動

 自家用の車が13万KMを超えた中古車なので、妙な振動を感じました。

 そこで、エンジンオイル、オイルフィルタ、エアクリーナエレメントなどを交換し、ワコーズのフューエルワンなどを投入しました。しかしながら振動は収まらず、これはエンジンマウントかも知れないなどと考えましたが、その前にプラグを変えてみようと思い立ちました。

 その理由は、アイドリングの700回転くらいでは振動が出るのに、少し回転が上がると収まるため、極低回転で回転バランスが悪いと読んだのです。早速点火プラグを手配し交換したところ、見事に振動は収まりました。振動だけでなく、2000回転以下の回りも滑らかになり始動性も格段に良くなった次第です。

 基本的な整備の重要性を再認識しました。次はタイアを換える予定なのですが、どこのどの様な物に使用か楽しみながら思案しています。

 

 2017125141626.JPG2017125141644.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sgfacendo.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1632

ページ上部へ