ホーム>SACRED GROUND STAFF BLOG>2017年12月

2017年12月

大掃除、お昼ご飯、営業は明日まで

 本日は珍しく全員出勤でした。

 私、大槻、アルバイトの矢作と梅山です。大槻と矢作の二人には朝から晩まで大掃除を頼み、無事に終えました。お昼ご飯は全員で高柳駅の側にあるクローバーカフェで頂きました。特別な味や価格ではありませんが、料理が多めにある町の喫茶店といった様相で、雰囲気も良くたまに顔を出します。

 クッキーがレジの横にあり、猫型であったためついつい購入しました。猫グッズに弱いのです。

 年内営業は明日で終了です。急ぎの用がある方は連絡ください。

 

 20171228182624.JPG

 

 

ピストン加工、今後

 R6のフロントフォーク改造が山場を越えました。

 伸び圧の減衰とトップアウトスプリングの交換が一番の変更点ですが、サーキット走行において街乗りよりも重要度が高まる圧減衰のピストンは、悩みどころでした。

 狙いは、しなやかに動くのに減衰がしっかり効く相反する感覚です。そのために必要な要件は分かっていますが、減衰を強く効かせるとその両立が難しくなります。写真のピストンは最高の品ではありませんが、少しでも良くするためにオリフィスを左右で連結しました。私見で問題だと考えていた高速域の減衰調整を排除し、低速のみの制御に切り替えシムを動かしやすくする変更を行い、直線系のリニアな動きを求めます。

 

 201712287847.JPG

KONIをオーバーホール

 旧車乗りの方が好きなダンパーと言えば、ヨシムラKYB、MarzocchiにKONIです。

 今回はKONIの作業依頼を頂き、ロッド製作とガイドブッシュ追加工を施しました。KONIはオランダ製と銘打ってあります。ほとんどの寸法がインチなのですが、M11.8のP1.50とインチロッドにメートルネジを切る手法もあり、なぜいきなり基準を換えるのかが不思議に思います。

 ロッドは自社製のSGSA12として、ミリサイズに変更することでガイドブッシュも容易に選べるようになるうえ、長持ちするので一石二鳥です。

 作業工賃は税抜き¥67,000でした。上下の取り付けブッシュを交換したり、ベアリング仕様にすると更に価格が高くなりますが、乗り味をとことん追求したKONIを製作してみたいのも本音です。もし、車両持ち込みでKONIを造り込みたい方がいらっしゃれば、是非連絡ください。

 

 20171226192822.JPG20171226192838.JPG20171226192857.JPG

シム組を決める

 YZF-R6のフロントフォーク改造の続きです。

 伸びのピストンはFGに交換します。以前の私は伸び減衰は絶対値(ボリューム=量)と捉え、量が足りていれば良いと考えていたのですが、伸び方次第で劇的に車両の動きが変わるのを実感した経験があり、ここ最近はそこを課題にしています。圧減衰では同様の問題は10年追いかけていたために、理解は容易でした。

 シムの面粗度、ピストン側の面粗度、各材質に抵抗など、考える要素は多くあり、詰める要素が多いと考えればまだまだダンパーは良くなりそうです。

 

 20171226191746.JPG

中華街からも

 土曜日の忘年会は、アルバイトの矢作が不参加でした。

 福山雅治さんの「野郎夜」に参加するべくバイトを休み、忘年会にも顔を出さずにマチャ(堺正章?)を選んだ不届き物です。しかし、中華街でお饅頭のお土産を買ってきたので、許すことにしました。

 

 20171225192635.JPG

 

贈り物 Regalo

 クリスマスの贈り物が届きました。

 56デザイン様からのカレンダーとクリスマスカード兼年賀状です。今日は大槻が休みだったので、56に心酔している彼に開けてもらおうと考え、未開封で置いてあります。

 

 20171225192113.JPG20171225192130.JPG20171225192146.JPG

フロントフォークの改造、部品製作

 YZF-R6のフロンフォークを改造しています。

 ピストン交換、トップアウトスプリング交換、減ったシリンダーを製作して交換など作業は多岐に渡ります。詳細はまた記事にしますが、今回は減ったシリンダーを交換するために、ブランク品を用意して寸法を合わせネジ切加工を経て、完成品になりました。最近はネジ切がかなり上手になってきたため、綺麗に短時間で造れるようになりました。

 

 20171225182159.JPG20171225182218.JPG20171225182345.JPG2017122518232.JPG20171225182320.JPG

スティッカーを改める

 見た目は同じながら、スティッカーを造り直しました。

 以前はベースに文字を印刷し、その上に保護フィルムを張っていました。しかしデコボコとした見た目が納得できなかったために、製作会社へ連絡し解決を図りました。台紙を値段の高い物に換え、滑らかさを出したうえで保護フィルムを張らない事でデコボコを少なく抑えています。費用は依然と変わらないまま質感を上げることに成功しました。

 自社で提供するすべての品に質の向上を狙いたいと思います。56デザインの爺Mこと中野満さんも「細部に神が宿る」と仰っていました。そのことが少し理解できた気がします。 

 

 2017122314272.JPG20171223142718.JPG

今日は忘年会、旋盤で思う事

 本日は19時から柏駅の側にあるお寿司屋さんで忘年会のため、営業は17時までとなっています。参加希望の方はいつでも連絡ください。

 先ほど旋盤加工で思う事がありました。爪の先よりも小さいM4のイモネジに1.4mmの穴をあけるため、2.6トンもある旋盤を使うのは、なんだか滑稽な気がします。かといって、卓上旋盤では芯が出ないのでこの方法しかありません。

 3~4尺の小ぶりな旋盤が欲しいとまたまた考えますが、いやいや次はフライス盤だろ、と自分に言いきかせます。

 

 20171223133738.JPG20171223133227.JPG

ホルダ、クリスマスプレゼント

 先ほどの記事とは別に、20パイ以下の内径でもネジを切れるように、ホルダを買いました。チップはさらい刃付きのP1.00用です。小径の造り物にも対応できるため、今後が楽しみです。他にも突っ切りバイトや溝入れバイトに、内径用の様々なホルダに目移りする毎日です。このホルダは私のクリスマスプレゼントと言えます。そういえば、妻は布団乾燥機が欲しいと言っていました。昨年は洗濯機を贈ったので、今年も家事につかう電化製品を贈ろうと思います。

 

 2017122220212.JPG

ページ上部へ